ハウスメーカーの坪単価

ユニバーサルホームの坪単価や評判は?メリット・デメリットを徹底検証!【2019年最新版】

ユニバーサルホームの坪単価や評判

元大手ハウスメーカー勤務のたぬき親父です。

家を建てるにあたって気になったハウスメーカーの特徴や予算はいくらになるのか気になるものですよね。

 

本文では、ユニバーサルホームの特徴や坪単価、メリット・デメリットを徹底解説しますね。

なるべく専門用語を使わずに誰にでも分かりやすく説明します。

そしてあなたにとって理想の家づくりを成功させるコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ユニバーサルホームを検討中のあなたへ。

 

住宅メーカー選びは慎重になり、ユニバーサルホームで理想の家が建てられるのか迷うものですよね。

迷ってる時は、複数のハウスメーカーに相見積もりを取ることからはじめましょう。

複数社の見積もりを比較することで、本当にユニバーサルホームで納得できるのかどうかが分かるようになります。

 

理想的なハウスメーカーを
見つける方法はこちら>>

会社情報

会社名株式会社ユニバーサルホーム
本社 所在地〒104-0032 東京都中央区八丁堀二丁目7番1号
八丁堀サンケイビル5階
設立1995年5月
 資本金4億9,180万円
従業員数154名(2017年12月31日現在)
対応工法木造軸組工法
推定坪単価40万~55万円
 会社ホームページhttps://www.universalhome.co.jp/
展示場https://www.universalhome.co.jp/modelhouse/

ユニバーサルホームの特徴

ユニバーサルホームの特徴

グレードの高いローコスト住宅

ユニバーサルホームは低予算でも、グレードの高い設備の住宅を建てられるハウスメーカー。

フランチャイズ展開をして、全国に120店舗ある中堅ハウスメーカーです。

価格が安いからと言って、悪い材料を使用したりすることはないので安心ですよ。

と言うのも、ローコストで有名なアイフルホームの元社長が新たに立ち上げた会社なので似ているとこも多々あります。

あまり予算をかけずにマイホームを手に入れたいなら、ユニバーサルホームはぜひ候補に挙げたいハウスメーカーですね。

より良い家を建てるためにも、まずはローコスト系のハウスメーカーを比較検討しましょう。

ローコスト系は以下のハウスメーカーがありますので、参考にしてみてください。

地熱床暖房で快適な温度で暮らせる

ユニバーサルホームの特徴を挙げるのに欠かせないのが、「地熱床暖房システム」。

「地熱床暖房システム」とは?

地中の熱を利用した床暖房のことです。

床下の温度は15℃~25℃に常に保つことができるので、これを床暖房に利用することで夏は涼しく冬は暖かく過ごすことできます。

この床暖房システムはリビングだけでなく、1階全てに対応しているのでお風呂場も廊下なども温度差がなく快適に過ごせます。

そしてこれが標準装備なので、オプション追加することなく初期費用もグッと抑えることができますよ。

高性能ALC外壁で強い住宅をつくる

 

まずはこの動画をごらんください。

断熱性、耐久性、耐火性、遮音性に優れた「高性能ALC外壁」をユニバーサルホームでは標準装備。

高性能ALC外壁にすることで快適な温度で騒音も軽減してくれて快適に暮らすことができます。

そして万が一に火災が起きても耐火性にも優れているので、燃え広がることはなく逃げる時間を充分確保できます。

まとめると、高性能ALC外壁のおかげで、快適で安全な家が建てられる!

ユニバーサルホームの坪単価と実際の建築費用

ユニバーサルホームの坪単価と建設費用家を建てる時になんといっても、建築費用が一番気になるポイントではないでしょうか。

結論から先にいうと、ユニバーサルホームの坪単価は40万~55万円程度です。

まずは、実際に建てた人の建築費用を参考にしてみてください。

商品名kiduki(きづき)
坪数38坪
建築費用1900万円
坪単価50万円/坪
商品名Rコンセプト
坪数36坪
建築費用1630万円
坪単価45.2万円/坪
商品名ソラ・イロZEH
坪数38坪
建築費用2250万円
坪単価59.2万円/坪
商品名1000のひらめき
坪数35坪
建築費用1500万円
坪単価42.8万円/坪

ソラ・イロZEHは、太陽光パネルやHEMS(※)が標準装備のZEH住宅に対応しているので、坪単価が若干たかくなりますね。

あとはだいたい坪単価50万円前後で建てられる感じです。

1000のひらめきに関しては坪単価30万円台でも可能なようなので、予算を伝えて見積書を出してもらいましょう。

(※)HEMSとは?

電気機器をスマホなどで管理し、リアルタイムで利用状況を把握できるようになります。

HEMSを使うことで電気を効率よく使うことができます。

ユニバーサルホームの実際の建築費用

それでは、ユニバーサルホームの坪単価をもとにして、建築費用がいくらになるのか一緒に考えてみましょう。

ここで仮に坪単価50万円とすると、平均的な家の大きさ43坪の家を建てるのに2150万円の建築費用になります。

しかし、2150万円は家本体の金額のみですので、これに諸経費や、住宅ローンを借入れすることも考慮すると、2300万円以上は見ておいた方が良いですね。

ただ、この金額はあくまで例えですので、あなたの理想の家の坪単価を知るには、実際にユニバーサルホームに見積もりを取りましょう。

見積書を取ることであなたの夢のマイホームの建築費用がすぐにわかります。

ネットで気楽にユニバーサルホームの見積書を取れるタウンライフ  という有名なサイトがあります。

一括で複数社の住宅プランを集めることができるので、家づくりに役立つアイテムがすぐ手に入りますよ。

しかも完全無料なので、ノーリスクで申し込み可能です。

スマホで5分もあれば申し込み完了するので、今すぐにでも見積書が取れるのでぜひ活用してください。

複数社の間取りプラン・資金プラン・設計図をネットで手に入ります

各社の相見積もりを取ることで、夢のマイホームを一番安く建てる住宅会社もすぐにわかりますよ!

詳しくはこちら

また、タウンライフの申し込み方法や詳しく知りたい方は、こちらに画像付きでわかりやすくまとめましたので参考にしてください。

ユニバーサルホームのメリット

ユニバーサルホームのメリット

低価格でも品質の高い住宅が建つ

特徴でもお伝えしましたが、ユニバーサルホームの最大のメリットは低予算で品質の高い住宅が建つことですね。

地熱床暖房やALC外壁が標準装備ながらも、快適で安心できる夢のマイホームが建てられます。

繰り返しになりますが、予算をおさえて品質の高い住宅を建てたいなら、ユニバーサルホームはピッタリなハウスメーカーですね。

個性豊かなオリジナルの住宅になる

お客さんひとりひとりの要望に応えた注文住宅を建てるために、1000パターンも用意しています。

10の「外観デザイン」と100の「間取りプラン」から自由に組み合わせることで、自分の好みの住宅が建てられることで好評を得てます。

公式サイトであなたオリジナルの間取りシミュレーションも話題になってますので、ぜひ試してみてください。

【公式サイト】間取りシミュレーションのページはこちら
https://www.universalhome.co.jp/lineup/1000inspirations/

地震や災害に強い住宅づくり

ユニバーサルホームは地熱床システムハイパーフレーム構法を採用することで、しっかり地震や災害の対策をしています。

この2つの仕組みで耐震性をアップさせて、台風などの災害から大切な家を守ってくれるんです。

では、それぞれの特徴をかんたんに説明しますね。

地熱床システムとは?

出典:https://www.universalhome.co.jp/technology/geothermal_floor/

たぬき親父
たぬき親父
地熱床システムは家の強度や制度を高めてくれて快適性もアップするよ!

地熱床システムは、地面と床下に砂利を敷き詰め密閉し、その上をコンクリートで仕上げることで外部からの衝撃を分散や吸収してくれます。

また、外のうるさい音も分散してくれてシャットアウトしてくれるので快適な生活ができますよ。

ハイパーフレーム構法とは?

たぬき親父
たぬき親父
ハイパーフレーム構法を採用することで地震や災害に強い家が建てられるよ

木造軸組工法をさらに進化させたのがハイパーフレーム構法です。

従来の工法よりも約2倍も接合強度をして家の強度がアップ。

さらにMGEO-Nという制震装置を採用することにより、耐震性も高めて地震から家を守ってくれます。

地震や災害が多い日本では、もはや対策は必須ですよね。

低予算で災害対策がバッチリな家を建てたいなら、ユニバーサルホームは理想的なハウスメーカーですよ。

ユニバーサルホームのデメリット

ユニバーサルホームのデメリット

どんなハウスメーカーにも、メリットもあればデメリットもあります。

ユニバーサルホームにもデメリットはあります。

ここでは、ユニバーサルホームのデメリットも考慮して、理想の家が建てられるか検討してみましょう。

フランチャイズ展開で対応にバラつきがある

フランチャイズ展開するハウスメーカーは珍しくないのですが、どうしてもサービスや対応に差が出てきます。

ユニバーサルホームでも対応の良い営業マンもいれば、悪い営業マンもいるようですね。

夢のマイホームづくりを成功させるためには、いかに相性のいい営業マンと出会えるかで決まるといっても過言ではありません。

なのでまずは営業マンの対応や仕事ぶりをよく観察するようにしましょう。

そして営業マンを見極めるためには、他のハウスメーカーの営業マンと比較してみてください。

もし営業マンが信頼できないと思ったら、無理にユニバーサルホームにするのではなく、他のハウスメーカーも検討したほうが良いかもしれません。

夢のマイホームの成功は、まずは複数社の住宅プランを集めることから始まります。

まずは各社の住宅プランをじっくり比較することで、あなたにピッタリなハウスメーカーと出会えることができますよ。

>>各ハウスメーカーの住宅プランを集める方法はこちら

高性能ALC外壁はメンテナンスに手間がかかる

ALCパネルは高級ハウスメーカーで知られる、ヘーベルハウスでも外壁として採用しています。

ただ、ヘーベルハウスとはALCパネルを守る塗料の違いが見られます。

ヘーベルハウスではALCパネルを雨や汚れから守るために、品質の高い塗料を使うことでメンテナンスフリーを実現。

いっぽうユニバーサルホームでは、リシン吹き付け(※)のため10年~15年程度に1回はメンテナンスが必要です。

メンテナンスにもそれなりにお金がかかってしまうので、これはデメリットになってしまいます。

なのでユニバーサルホームでは、将来のメンテナンス代も頭に入れて検討するようにしましょう。

リシン吹き付けとは?

モルタン外壁で用いられる表面化粧材の一種のこと。

セメントやアクリル、顔料、破石配合物(骨材)を混ぜ合わせた材料を、リシンガンと呼ばれる専用のスプレーで外壁の表面に吹き付けて表面を仕上げる。

ユニバーサルホームの口コミや評判

ユニバーサルホームの口コミや評判

最初はいい事ばかり言って!契約したらかなり雑な扱い 家の構造の説明もなく標準ってうったてる床暖も基礎もオプションだって後から分かり!色々進めて行く中ユニバーサルホームは分かってても私達には分からないまま話はどんどん進んで何回ももめて話し合い私達はもう信頼関係もない状態になり!けど解約はできないし!土地と建物はセットって言われ!仕方なくユニバーサルホームで建てるしかない状態にいます。そしてプラン決め最後の契約の時に載せてあるだろう金額を載せるのを忘れたって言ってまたもめて話し合い!ユニバーサルホームは謝罪のみでこちらが忘れた金額をまた負担するはめになりかなりの予算オーバー 本当にお客のお金の管理も全くできない会社だと思います。本当に辞めたいです。けどやめるにはかなりの資金もかかるし私達の当たる場所は口コミくらいしかないです!
絶対にユニバーサルホームで建てるのは辞めた方いいと私達は思いました。

新居で暮らし始めて3カ月、毎日快適な生活しています。何カ所も内覧させていただいたり、どの担当の方もていねいな対応でした。住宅ローンのサポートや土地探し、設計、建築全て満足で、特に営業の方の対応が素晴らしいと思います。ハウスメーカーで建てる家ってどうなのかなと言っていた家族も仕上がりに満足しているようです。

最初は地元の優良工務店でした。見積もりがあまりにも適当でしたのでエアコン5台を別に見積もり出させました。
取り付け工事費用が1台4万円との事、私の兄が街の電気屋さんを営んでおり、見積もりを確認してもらいましたが、パナソニックの自動お掃除モデルで見積もりしてもこんな価格にはならないとの事、型式も入っておらず確認すると全てが日立の最下位モデルでた。
それを自信満々でうちは全てが低価格高品質と言うのです。
それに対してユニバーサルホームは照明、エアコンに関しては電気屋さんが圧倒的に安いのでそちらから購入されたらどうですか?プランニングは無料でさせて頂きますとの事。
結局、担当者なり営業なりの当たりハズレが大きいのかなと感じました。

ユニバーサルホームの口コミを見ていると、やはり営業マンの対応に対しての声が多かったです。

良い営業マンにあたると、本当にお客さま目線で家づくりを考えてくれるようですね。

対して対応が悪い営業マンにあたると、ホント後悔している人も、、、。

ユニバーサルホームでは、住宅知識を取り入れて加盟店である工務店と一緒に家づくりをしていく意識が大切になります。

住宅知識を取り入れるのに一番効果的なのは、やはりいろんな住宅会社に相談してみることがベストです。

まずは複数社の相見積もりを取り、各ハウスメーカーの考えかたや知識を取り入れていきましょう。

理想の家を建てるためには、相見積もりは必須といえます。

こちらで理想の家を建てる方法をくわしく紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

ユニバーサルホームの注文住宅がおすすめな人

ユニバーサルホームの注文住宅がおすすめな人
◆ユニバーサルホームがおすすめな人◆

低予算で高性能な家を建てたい人

地熱床暖房で快適な暮らしたがしたい人

家づくりに積極的に参加できる人

 

ユニバーサルホームは、お値段以上の高性能な家が建てられるのが魅力ですね。

とくに地熱床暖房で一年とおして快適に暮らしたい人にはおすすめです。

ただ、営業マンの対応にバラつきがあるので、自分自身も家づくりに積極的に参加できる人が向いています。

家づくりを楽しめる人には、ほんとおすすめできるのがユニバーサルホームですね。

まとめ

ユニバーサルホームの坪単価や評判
◆ユニバーサルホームのメリット・デメリット・評判まとめ◆

低予算で価格以上の家が建つ

地熱床暖房で快適な暮らしができる

地震や災害に強い家が建つ

営業マンの対応にバラつきがある

ALC外壁はメンテナンスの手間がかかる

坪単価は40万~55万円程度

 

いかがだったでしょうか。

ユニバーサルホームでは、お値段以上の価値のある家を建てることができます。

ただ、営業マンの対応が悪いと、後悔する家を建ててしまうこともあるので注意してください。

夢のマイホームを成功させるためには、ハウスメーカー選びで90%は決まるといっても過言ではありません。

まずは視野を広くもち、複数社の住宅プランを集めて比較検討しましょう。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ