住宅を持つ為の準備

建売住宅のメリット・デメリットを比較!注文住宅のほうがおすすめ

建売住宅のメリット・デメリット!注文住宅と徹底比較

元大手ハウスメーカー勤務の建築士たぬき親父です。

住宅と建売住宅の違いとはなんだろう?

一見すると、さほど違いはないかと思うかもしれませんが、建築業のプロの目から見ると似て非なるものです。

土地と住宅がセットで売られてお得感もあって、内装が見れる建売住宅は安心感はありますよね。

そして何より注文住宅と比べると、安くてお得感があります。

しかし、住宅のプロとしてアドバイスすると、建売住宅はおすすめしません。

なぜかと言えば、建売住宅は結果的に、注文住宅より高くなることがあるからです。

そこで建売住宅と注文住宅をそれぞれ比較をしながら、建売住宅をおすすめしない理由をお話します。

建売住宅を検討してるなら、ぜひ本文を参考にしてみてください。

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

建売住宅の特徴と購入する場合

新築建売物件

新築建売住宅を建築するのに、お客様(あなた)がいないので、建設会社の意向で建設を進めて行くことになりますよね。

そこで、建設会社は以下のような事を検討します。

①:販売価格をどの位で設定をするか。
土地と建物の価格になるのでどうしても高価になってきます。

②:購入層を予想をし設定します。
実際その価格で購入出来るか、もしくはローンが組めるか。

③:家族構成の設定。
購入層の家族構成を予想して計画案(間取り等)を作成します
  

④:幾らくらいの利益を出せるか。

⑤:完成からどの位の期間で販売出来るか。
在庫期間を出来るだけ少なくする必要があります。

これらを見るとわかるように、あなたの意向、希望は全く反映されません。

しかし、これは当然といえば当然です。あなたを想定してませんから、仕方がないことですよね。

それでは、あなたが建売住宅を購入したらどんなメリット・デメリットがあるのか一緒に考えてみましょう。

建売住宅のメリット5選

たぬき親父
たぬき親父
それじゃさっそく建売住宅のメリットを紹介するね!
  1. すぐに入居できる
  2. 実際の家を見て購入できる
  3. 立地条件が良いのが多い
  4. 値段が表示されているため、資金計画がしやすい
  5. お得に購入できる

このように建売住宅には5つのメリットがあります。

それでは、ひとつずつ詳しく見てみましょう。

①すぐに入居できる

建売住宅の最大のメリットが、気に入ればすぐに購入ができることです。

賃貸に引っ越すような手軽さで、土地や周辺環境が気に入れば、すぐに入居することもできます。

②実際の家を見て購入できる

建物が完成してる状態で売っているので、購入前に実際に見ることができます。

実際に確認ができれば、間取りの使い勝手や陽当たり、周辺環境など確認できるので、イメージがしやすいので、安心できるポイントですね。

③立地条件が良いのが多い

小規模開発に伴い、周辺環境や立地に恵まれてることが多いのが建売住宅。

通勤や通学、お買い物、病院などのアクセスが便利な環境で建売住宅が売りに出されてたら魅力的ですよね。

④値段が表示されているため、資金計画がしやすい

土地・建物がセットで売られていて、値段もハッキリしているので、どれくらいのお金を準備すればいいか分かりやすいです。

ローン相談も複雑ではないので、スムーズに融資されやすいので資金計画が立てやすくなります。

お気に入りの建売住宅と出会って、早く家に住みたい方には大きなメリットになりますね。

⑤お得に購入できる

建売住宅は、注文住宅に比べると安く購入できます。

なぜ安く購入できるかは以下のような理由があるからです。

建売がお得な理由

●手間賃が掛からない
すでに家が完成されてるから、打ち合わせ回数が少なくすむので、人件費などが掛からない。

●1社との契約で仲介手数料がかからない
注文住宅の場合だと、土地探しから始めることも多いと思います。

そのため、土地を買う時は、地主さんの土地を不動産会社が紹介しているので、仲介手数料が発生します。

いっぽうで建売住宅はひとつの販売会社が土地・建物をセットで直接売っているので仲介手数料が発生しません。

●土地代が安い
大きな土地を買って、それを小分けにして土地を販売するため、ひとつひとつの利益は少なく抑えてたくさん売ることで利益を出す考えです。

そのため、好立地の割に土地代が安くすみます。

●規格化されてる
すでに出来上がったプランで建てる規格住宅のため、計画や申請手続きや省けるため、価格を安く抑えることができます。

●建材が安く手に入る
さきほどの規格化することで、部材をまとめて購入することができます。

一度にまとめて購入して運べば、輸送代などが浮くので建材を安く買うことができます。

なんでもまとめ買いするとお得ですよね。それと一緒です。

これはデメリットの面も出てきますが、そもそも安い建材を使ってることもあります。

ただ、誤解して欲しくないのは、”安い建材=悪いもの”ではないということ。

よほど悪い会社でなければ、悪いものは使ってません。

なので、安い建材でも、一応の最低基準のレベルは満たしてるは確かです。

フクネコ
フクネコ
建売住宅はお得でメリットもいっぱいあるんだな!
たぬき親父
たぬき親父
メリットもあるけど、デメリットもちゃんと見ておく必要があるよ。

建売住宅のデメリット6選

たぬき親父
たぬき親父
デメリットを事前に知っておくことも大切だから、しっかり確認しておこう。
  1. 間取りや仕様などは自由に決められない
  2. 欠陥住宅の恐れもあり得る
  3. 建設会社が選べない
  4. 増改築は難しい
  5. どこまで保証されるか疑問が残る
  6. 資産価値が低い

さっそく、デメリットも詳しく見てみましょう。

①間取りや仕様などは自由に決められない

建売住宅はすでに完成されている家を販売してます。

完成した家を改装するには、大掛かりな工事になるので、それはあまり現実的ではないですよね。

それに改装するなら注文住宅を建てた方が、結果的に安くなってしまうので、建売住宅を買うメリットがなくなります。

なので、建売住宅は「間取りはこうしたい」、「外観はレンガタイルが良い」などどこかしらに不満が出てくるものです。

あなたにとって完璧な物件はないので、どこかしらの妥協点は出てきてしまいます。

②欠陥住宅の恐れもあり得る

すでに家が完成されてるってことは、工事途中を見ることができないので、手抜き工事がかんたんにできてしまいます。

もちろん、ちゃんと建築基準法をクリアして、違法建築になることはないですが、それでも完成した家のチェックは甘くなる傾向があり欠陥住宅にもつながります。

表面上は綺麗に仕上がっていても、壁の中など見えないところで手抜きをされていることがあり、購入してからあなた自身が確認するのは無理がありますよね。

業者を呼んで確認するにも、けっこうな費用がかかるので、それもナンセンスです。

結局のところ住み始めてから、床が軋んだり、気密性があまく隙間風が入ったりと分かってくるものです。

ほとんどの建売住宅は大丈夫だとは思いますが、なかには欠陥住宅もあるというリスクは知っておきましょう。

③建設会社が選べない

すでに完成しているので、施工会社は選べません。

たとえ大手ハウスメーカーで購入したとしても、実際に工事をするのは下請けの工務店とかになるので、安心はできないですね。

なので、実際に建てた施工会社もチェックするようにしたほうが良いです。

あまり評判が良くない施工会社であれば、やめておいた方がリスクを回避できます。

④増改築は難しい

間取りが自由に決められないように、あなたの要望で設備の追加や変更も厳しいです。

「お風呂をもっと大きくしたい」、「2階にもトイレを追加したい」などの希望があっても、その工事をするには莫大な費用が追加されます。

また、「キッチンはL字型に変更したい」などは元々あるキッチンを撤去や水道管をつなぐ工事も必要なので、それこそ工事費用が高くなります。

基本的には、完成された家にそのまま住むことが大前提ですね。

⑤どこまで保証されるか疑問が残る

実際完成されている住宅を見て購入することになるので、購入後に損傷などを発見しても、リペア(傷補修)を求めても対応してもらえるのか疑問が残ります。

これらの様に購入前に発見できなかった、瑕疵に対する対応を確認するようにしてくださいね。

せっかくお気に入りで買った住宅に幻滅してしまわないようにしましょう。

⑥資産価値が低い

さきほども言ったように、建売住宅は安い部材が使われてることが多く、そのため資産価値が下がりやすいです。

住み始めたら、どんどん資産価値が下がることは大半ですね。

注文住宅に比べると、同じ時期に建てた家でも建売住宅の方が価値はなくなっていきます。

将来売却を考えてるなら、建売住宅はあまりおすすめできません。

フクネコ
フクネコ
うーんこれは済んだ後のこともちゃんと考えないといけないなぁ。
たぬき親父
たぬき親父
そうだね。住宅は住み始めた後もメンテナンス代とか維持費がかかるから、購入前に建てた後のこともしっかり考えておくと良いよ。

注文住宅は何度も打ち合わせができる!購入の流れを解説

新築注文住宅

新築注文住宅とは、まずあなたが建築できる土地を持っていることが前提となります。

注文住宅の購入から完成するまでのプロセスは、以下のような流れで進みます。

購入から完成までの流れ

事前調査(建設予定地、法的規制等)

希望聞き取り(家族構成、どの様な部屋がほしいか、どの位の予算で、外観は和風か洋風か、等)

基本設計(間取り、外観図の作成、概算工程表の作成、承認)

見積書の作成、承認

新築工事請負契約

実施設計の作成(詳細図面の作成)、実施工程表の作成←この時点で公的補助金を使う場合は申請します。

あなたの承認後着工

各検査等を受け施工していきます。

完工、完工検査合格を受け。

完成、引き渡し

このような工程プロセスを経てようやく、あなたの住宅となるのです。

もちろん途中で、あなたと請負会社担当者との間で打ち合わせを何度も繰り返します。

そのうえで、あなたの希望、予算を聞き入れ、計画案を作成提案します。

もちろん大抵ここまでの作業は無料でやってくれます。

なぜなら、この工程プロセスは営業活動の一環ですから、住宅会社としては当然のことです。

ですから無料だけど、何度も変更して申し訳ない等と思う必要はありません。

もし、繰り返すのを嫌がるようでしたら、相手を変更すれば良いのです。

このように、あなたの希望を盛り込んで建築できのが注文住宅ってことですね。

注文住宅の建て方や相場や費用は、【注文住宅の相場】土地ありなしの価格と費用を解説!正しい予算の決め方に詳しく解説してます。

【注文住宅の価格と相場】土地ありなしの価格と費用を解説!正しい予算の決め方いざ!注文住宅で家を建てようと思ったとき、あなたは最初にどんなことを考えますか? フクネコ君がおっしゃるように、「希望の家...

建売住宅は欠陥住宅の可能性があるからおすすめしない

建売住宅は施工期間が短く、欠陥住宅のリスクが高まります。

そもそも大工さんには施工期間が決められていて、建売住宅1棟で報酬50万円など決められてるのが現状です。

なので、住宅の品質よりも、とにかく施工の早さだけを求めてしまうんですよね。

早く施工してしまえば、それだけ多くの棟数を建てることができるからお金も貰えるので大工さんとしてはこのほうが合理的になってしまうんです。

早く施工したいがために、家が完成して表面上は分からないように建てられてるが、壁の中はスカスカだったりと、手抜き工事に繋がります。

住む人にとってはマイナスでしかありません。

それに建材などの等級が低いものが使われてることも多く、品質が低い住宅が完成してしまいます。

品質が低いと、メンテナンスの頻度が高くなり、その度にメンテナンス費用がかかってしまいます。

購入するときに安いのは建売住宅ですが、長い目で見ると結果、注文住宅のほうがお得になることがほとんどです。

私のこれまでの経験上ですが、建売住宅と注文住宅では外壁などのメンテナンスは、以下のような期間でリフォーム工事をすることが多かったです。

外壁等の定期メンテナンス期間
注文住宅15年~20年
建売住宅10年~15年

このよう注文住宅よりも、建売住宅のほうが5年早くメンテナンスをする必要があることがほとんどです。

フクネコ
フクネコ
メンテナンスする回数が多いとそれだけ費用も必要になるよなぁ。
たぬき親父
たぬき親父
そうだね。購入時は注文住宅の方が高いけど、長い目で見れば注文住宅の方が安かったって可能性は十分にある話しだよ。

建売住宅は表向き安く家が購入できて、良いように感じますが、住み始めるとジワジワと欠陥が見つかってきます。

家を維持するためのメンテナンス費用も、購入前にじっくり検討しましょう。

自由な設計・外観・仕様が選べて、メンテナンス費用も考えるとトータル的には注文住宅の方がおすすめです。

たぬき親父
たぬき親父
住み始めた後のことも考えて、建売住宅にするか注文住宅にするか考えよう!

まとめ

建売住宅のメリット・デメリット!注文住宅と徹底比較建売住宅に一目ぼれして周辺環境も良いなら、検討する余地はありそうです。

ただ、どうしても建売住宅の工事途中は見れないので、表には分からない欠陥のリスクがあることは覚えておきましょう。

もし欠陥住宅だった場合は、補修工事が必要になるので余計な費用がかさんでしまいます。

家本体の価格だけに惑わされないで、住み始めた後の長い期間に必要なメンテナンス・リフォーム費用を考慮して考えてみてくださいね。

購入してから後悔しては後の祭りです。

後悔しないためにもマイホーム購入前に、知識をつけて納得できる家を手に入れてくださいね。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ