注文住宅の相場や費用

注文住宅の諸経費はいくら必要?忘れずに家づくりの計画をしよう!

住宅の諸経費は幾ら必要

元大手ハウスメーカー勤務の建築士たぬき親父です。

家を建てる時に建物本体の費用や土地代は気にしても、その他に必要なお金については疎かになりがちです。

家を建てるには、保険や税金など様々な諸経費が掛かるのはご存知でしょうか?

フクネコ
フクネコ
家以外のその他のお金ってどれくらい必要なんだ?
たぬき親父
たぬき親父
家本体以外にも100万~200万円以上は必要だからしっかり確認しておこうね!

家が完成するまでに以下の3つの大まかな費用がかかります。

  • 住宅本体工事費用
  • 別途工事費用
  • 諸費用

今回は、家を建てる時に必要なお金について紹介します。

この3つの中でも、諸経費を忘れてしまって家づくりを計画すると、想像以上にお金がかかり予算オーバーしてしまう人が多いので気をつけましょう。

さっそく本文を参考にして、思わぬところでお金が掛かったなんてことがないようにしてください。

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

住宅本体工事費用

住宅本体工事の内訳は次のとおりです。

仮設工事工事中に使う仮設電気、水道、仮設トイレ設置など
足場工事骨組み(構造体)の建て方、外壁、屋根工事等の高所作業に必要
基礎工事家全体を支える基礎工事
リフォームの場合は増築工事が無い時は必要ありません。
木工事木材の加工、現場工事、大工さんの手間代等の費用
屋根・板金工事屋根瓦や金属屋根ガルバニウム鋼板の葺きつけ、雨どいや水切りの取り付け工事
外装工事外壁のサイディングや塗り壁など、屋外の装飾工事
サッシ・ガラス工事屋外に面した窓の取り付け工事
タイル・左官工事玄関や洗面、お風呂場などのタイル、左官による装飾工事
断熱・気密工事
床、下壁、天井などに断熱材、気密シートを取り付ける工事
木製建具工事
屋内の木製ドア、障子、襖戸などの加工、取り付け工事
建材工事カウンター、手すりなどの取り付け工事
電気・水道工事
壁、床下、天井裏に電線や電話線などの配線
給湯、水道管などの給排水、給湯配管を行う
空調工事
空調ダクトや24時間換気のための換気口、機器の取り付け工事
防腐・防蟻工事構造材(土台、柱等)を腐食やシロアリから守る薬品工事
内装仕上げ工事内壁、天井に塗装やクロス、その他仕上材貼りなどの装飾工事
住宅機器設備工事お風呂場やキッチン、トイレ、洗面化粧台などの住宅設備機器工事

このように工事項目が分けられています。

ちなみにリフォームの場合は、この項目から必要な工事項目の工事が施工されることになります。

家を建てる時は、どこの工事にお金がかかってるか分かると、安心できると思いますので、見積書はしっかり確認しておきましょう。

別途工事費用

住宅本体工事の他に次のような工事が別途工事となります。

しかし、ベット工事費はあなたの住宅プラン次第で必要な時とそうでない時があります。

あなたの家づくりにおいて、必要かどうかを確認しておきましょう。

解体工事今まで住んでいた家、古い物置き小屋等を解体処分する。
地盤調査 その土地が家を建築するに必要な硬さを調査する。
(リフォーム工事の場合は必要有りません。)
地盤改良工事家を建てられる状態にするために、補強工事を行う。
地震震災などで家が沈下した場合の補修工事に必要な時あり。
引き込み工事 水道管やガス管などを土地に引き込む
リフォーム工事の場合は既存使用の為必要ありません。
屋外給水管引込工事 土地に引き込んだ水道管などを家の内部に引き入れる。
既存水道管が古く水漏れの可能性が有る場合は必要。
外構工事 駐車場や玄関までのアプローチや犬走り、塀など。
造園工事 庭の石垣や植栽など、主に造園業者が行う。
電気、給排水 屋外の照明や屋外水栓給排水の設置工事。
特殊設備工事 太陽光発電や蓄電設備を取り付ける場合の追加工事。
空調設備工事 エアコン本体や室外機、換気扇などの取り付け工事。
照明器具工事 シーリング、ペンダント、ブラケット、ダウンライトなどの照明器具工事。
通常は必ず必要な為、本体工事に入れられる事が多い。
カーテン工事 カーテンやブラインドの購入、取り付けを行う。
設計料 プランを設計事務所や建築家へ依頼した場合に必要。
リフォーム工事の場合は必要有りません。

住宅本体工事費と用別途工事費用を合わせた金額が建築工事費となります。

住宅に必要な諸費用

諸費用は基本的に新築住宅を建てる時、建て替え時にに必要になる費用です。

諸経費の大まかな金額は、建築工事費の8%~10%程度が目安になります。

それでは、諸経費の内訳を見てみましょう。

登記手数料土地や不動産の所有者を登記簿に記載し、所有権を得るため司法書士に支払う手数料
住宅ローン保証料あなたがローンを返済できない時に金融機関に保証する手数料
物件検査手数料
(フラット35のローン使用時)
住宅が、国の建築基準に違反していないか調査するための検査費用
仲介手数料土地購入などの不動産を購入した時に仲介業者へ支払う手数料
印紙税売買契約書と工事請負契約書を作成する時貼る印紙代
消費税2014年4月から8%になりました。
登録免許税不動産取得で登記をしたときにかかる税金。登記手数料とは別の国税
固定資産税固定資産の所有者に課税される地方税
都市計画税住宅の所有者が毎年支払う地方税
不動産取得税不動産を取得した際に、都道府県に支払う都道府県税
仮住まい費用工事期間中から引き渡しまでに仮住まいの家賃など
引っ越し・家具購入費引き渡しを受けた家に引越し、住むための家具などの購入費
予備費その他考えていなかった事態に備えての予備費

諸経費は基本的に、現金での支払いになりますので、事前に準備する必要があります。

正確には諸経費も含めた住宅ローンもあるにはあるのですが、金利が高くなってしまいます。

なので、なるべく諸経費はしっかり準備しておきましょう。

リフォームの場合は印紙税、消費税、仮住まい費用、引っ越し・家具購入費などが必要になります。

それと固定資産税、都市計画税は、地方公共団体の査定により税額が変わる場合があるので事前に確認しましょう。

建て替えの場合は地盤の関する項目は、特別な理由がない時は必要ないと考えても大丈夫です。

このように諸経費はたくさんの項目があるので、しっかり確認してお金を準備しておきましょう。

まとめ

住宅の諸経費は幾ら必要いかがでしょうか。

家を建てる時は建物本体以外にもさまざまな諸経費が必要なことがわかって頂けたと思います。

諸経費は建築工事費の8%~10%は必要なのでしっかり頭金を準備して、家づくりの計画をしましょう。

フクネコ
フクネコ
そんなに諸経費が必要なのは、前もって確認しとかないとな!
たぬき親父
たぬき親父
そうだね。諸経費も忘れないで計画を立てようね!

頭金をどれくらい貯めた方が良いのかは、こちらの記事で紹介してますので、参考にしてみてください。