ハウスメーカーの坪単価

スウェーデンハウスの坪単価や評判は?メリット・デメリットを徹底検証!【2019年最新版】

スウェーデンハウス詳細やまとめ

元大手ハウスメーカー勤務のたぬき親父です。

北欧スタイルのお洒落なインテリアで人気のスウェーデンハウス。

たまにスウェーデンハウスを見かけると、「やっぱりお洒落だなぁ」って関心させられますね。

そんなあなたもスウェーデンハウスに心惹かれてるのではないでしょうか?

そこで今回はスウェーデンハウスの特徴や坪単価、メリット・デメリットを詳しく説明しましょう。

なるべく専門用語を使わずに分かりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スウェーデンハウスを検討中のあなたへ。

 

住宅メーカー選びは慎重になり、スウェーデンハウスで理想の家が建てられるのか迷うものですよね。

迷ってる時は、複数のハウスメーカーに見積もりを取ることがおすすめ。

複数社の見積もりを比較することで、本当にスウェーデンハウスで納得できる家が建てられるか分かるようになります。

 

理想的なハウスメーカーを
見つける方法はこちら>>

会社情報

会社名スウェーデンハウス株式会社
本社 所在地〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー23F
設立1984年昭和59年3月1日
 資本金4億円
従業員数1034名
対応工法2×4
推定坪単価70万~100万円
 会社ホームページhttps://www.swedenhouse.co.jp/
展示場https://www.swedenhouse.co.jp/modelhouse/flow/

スウェーデンハウスの特徴

スウェーデンハウスの特徴

スウェーデンで生産の輸入住宅

「スウェーデンハウス」という名のとおり、スウェーデンに工場を持ち生産したものを輸入して住宅を建てています。

ただ、輸送コストが高くなるので、建築費用はお高くなってしまいますね。

高くても北欧スタイルで高気密高断熱な家を建てたい人には、魅力的なハウスメーカーでしょう。

高気密高断熱な住宅

スウェーデンハウスといえば、高気密高断熱な家が建てられると人気を集めています。

スウェーデンの寒冷地でも快適に暮らせる技術を、日本にいち早く取り入れたのがスウェーデンハウス。

断熱性の数値を表すQ値と気密性を表すC値は、一条工務店に抜かれましたが、それでも充分に快適に過ごせる数値です。

さらに全棟気密測定をしたり、トリプルガラスで断熱性を高めたりと取り組み方や考え方は大手ハウスメーカーの中ではナンバー1といえますね。

冬は暖かく夏は涼しく快適に過ごせる家を建てるのがスウェーデンハウス。

耐震・耐火性が高い

スウェーデンハウスは地震にも強く、万が一の火災にも強い家を建ててます。

「モノボックス構造」という強度が高い木質壁パネルをしっかり接合して、地震の揺れを面で受け止め、分散させることで強度を高めてるのです。

そして、家の延焼をおさえてくれる「不燃材料」と「火に強い木製サッシ」を使うことで耐火性にも優れて「省令準耐火構造」になり火災保険も半額以下になります。

お洒落なトリプルガラスの木製サッシ

スウェーデンハウスの最大の特徴がトリプルガラスの木製サッシ。

お洒落で、断熱性もグンっと高めてくれますよ。

ただ、メンテナンスが必要なのでちょっと手間はかかっちゃいます。

メンテナンスについてはデメリットの項目で詳しく紹介しますね。

これはスウェーデンから輸入して標準装備にしているスウェーデンハウス独自のものなので、他のハウスメーカーではなかなか真似ができません。

しかし、木製トリプルサッシを輸入販売している会社はあるので、地元の工務店では対応てくれる可能性もあります。

スウェーデンハウスの坪単価

スウェーデンハウスの坪単価スウェーデンハウスは、セミオーダーと間取りから設計できる自由設計の2種類に大きく別けることができます。

坪単価にもそれは反映されて、それぞれ以下のようになります。

  • セミオーダー⇒坪単価70万円~
  • 自由設計⇒坪単価80万~100万円程度

 

自由設計だと坪単価80万円を超えてくるのは、大手ハウスメーカーの中でも高い価格帯です。

ちょっと一般市民には敷居が高いようにかんじますよね、、。

そもそも北欧住宅に憧れが強い人が、スウェーデンハウスに決めることが多いのでライバルが少ない故の価格帯でもあると思います。

いわゆるブランド価格ってやつですね、、、(^^;

ずっと憧れていて資金に余裕があり、北欧スタイルで高気密高断熱な家を建てたい人はスウェーデンハウスに決めて後悔しないでしょう。

ってより憧れてたなら、スウェーデンハウスにするべきかもしれません。

逆にまだ決め手がないのなら、スウェーデンハウスだけに絞らないで、他のハウスメーカーも比較してみましょう。

「理想の家を建て、家族幸せに快適な暮らしをしたい!」

「少しでも安く無駄のない理想の家を建てたい!」

この夢を叶えるための家づくりの方法はこちらで紹介してます。

夢のマイホームを成功させる方法はこちら>>

スウェーデンハウスのメリット

スウェーデンハウスのメリット

長く快適に暮らせる設計

スウェーデンハウスは「高気密高断熱で100年住み継げる家」をコンセプトに掲げています。

廊下やお風呂場など家中が快適な温度に保たれ、温度差を感じることなく快適な暮らしを実現。

北欧スタイルな外観も流行りが廃れることもなく、いつまでもお洒落な家で快適に過ごせるのがスウェーデンハウスのメリットですね。

しつこい営業をされない

モデルハウスなどに見学に行くと、あとからDMがきたりしつこい営業をされることがあります。

ですがスウェーデンハウスでは、そういったしつこい営業をされることがありません。

そもそも初めからスウェーデンハウスに心決めてる人が多いので、しつこい営業をする必要がなく好評にもつながっているようですね。

アフターサポートが充実している

出典:https://www.swedenhouse.co.jp/support/husdoktor50/

スウェーデンハウスでは、50年間の無料定期検診をおこない、長く快適に暮らせるようにアドバイスが受けられます。

3ヶ月・6ヶ月・1年・2年・4年・7年・10年目とアフターメンテナンススタッフがそれぞれ細かく点検をしてくれるので安心して暮らすことができるのです。

10年目以降も建主の要望に応じて5年ごとの定期診断もおこなってます。

ハウスメーカーは、建てた後も長く付き合っていく大切なパートナー。

アフターサポートも充実しているスウェーデンハウスは、その点も踏まえると安心できるハウスメーカーですね。

スウェーデンハウスのデメリット

スウェーデンハウスのデメリットどんなハウスメーカーにも、メリットもあればデメリットもあります。

スウェーデンハウスにもデメリットは当然あります。

ここでは、スウェーデンハウスのデメリットも考慮して、夢のマイホームを建てられるか検討してみましょう。

制約が多く間取りの自由度が低い

ハウスメーカーでは、工務店と違い間取りに制約がでてきてしまうものです。

スウェーデンハウスも例外ではなく、間取りに制約が多いですね。

とくに使用している木質パネルのサイズの関係で60cm単位でしか調整できません。

なので部屋を「○○cm広くしたい」などの調整はできなくなってしまいます。

完全に自由な設計を反映した家づくりがしたいなら、工務店に相談してみましょう。

木製サッシの定期的なメンテナンスが必要

断熱性を高めてお洒落な木製トリプルガラスサッシ。

ただ、性能を維持するには、定期的なメンテナンスが必要になります。

メンテナンスは年に一回、キシラデコールを塗るのですが、これがまた近所迷惑レベルの激臭、、、。

そしてメンテナンスには費用もかかるので、地味に痛い出費になります。

家が完成したあとにメンテナンスキットが渡され、自分でやることもありますが、やはり定期的にスウェーデンハウスのスタッフに相談する必要もでてくるでしょう。

まぁよく言えば、手間暇とお金をかけるからこそ、お洒落で快適な家が維持できるとも言えなくもないですね、、。

網戸がない

お洒落で性能が高い木製サッシですが、網戸がつけれないのがデメリットにもなるのではないでしょうか。

スウェーデンハウスでは、基本的に空調に頼った生活を強いられてしまいます。

確かに高気密高断熱で外気による温度調整の必要はありません。

私の意見としては、窓を開けて自然の風や光を感じられない生活に少なからずストレスを感じてしまいますね。

あと網戸がない状態で窓を開けて、虫が入ってくるのも嫌ではないでしょうか、、、。

これらを踏まえて、網戸がないことへのストレスを感じるかどうかイメージして検討してみてください。

スウェーデンハウスの口コミや評判

スウェーデンハウスの口コミや評判

良い評判

営業との打合せ時の評価、-300点。
施工にも不安で録画記録も始めたが、驚く事に施工を一部の隙もない位丁寧にやってくれる、基礎も本体も。
打合せ時と本当に同じ会社かと驚いた。

時に聞く、階段や床のゆるさも全く無く、とても頑丈で、全体の仕上がり具合も綺麗で、竣工直前の現在、本当にここに決めて良かったと思える状態。凄い! +1万点。

残り僅か、営業の苦情を会社へ入れたら、会社全体で施主をサポートしれくれて、どこまでも詳細に納得いくまで付き合ってくれる。管理体制もばっちり。又、現場の人達、管理者、設計、会社全体に人格者多し(あまり良くない噂もネット上で見てたのでちょっとびっくりした)。

※今後新築を考えている方の為に一言
営業(担当)さんとの関係が一番のポイントになると思うので、幾つかの展示場へ何度も行って、相性の会う人に会うまで、名前を渡さない事。そしてその時まで「初めてです」と言い続ける事。そうするとハウスメーカーは初めて対応する人が担当になるようなので、一か八かの担当者にはならなくて良いかと思います。
価格的には頑張りましたが、私達サラリーマンにも木の香りとセンスの良い、頑丈な家を手に入れる事が出来ました!

 

イマイチな評判

坪単価が高いので、予算の心配がある人は、少ないかと思いますが、スウェーデンハウスはメンテナンスにも何かとお金がかかるので、その後の予算に余裕が無ければ、建てるのは
止めた方がいいです。

基本的にスカンジナビアの気候に合わせてあり、日本の高温多湿、厳しい日光に適応して無いので、特に窓関係は痛みます。10年以上住んでいる家で、窓枠の補修をしていない家は、ほぼ無いと思います。しかも、窓のフレームの歪みやく、建物側の木枠の変形で、機密性が悪くなります。窓を付け替えるとなれば、最低でも20万はします。機密性の回復のため、窓枠から手を入れると30万~。
また、元々網戸が無いので、付けるのも大変。
私場合、諦めてアルミサッシに変えたところが、3ヶ所あります。それでも1ヶ所15万はしました。

営業マンの説明では、日本は遅れているような事を言っていましたが、結局日本の気候や、地震が多く、木造住宅が歪みやすい条件下では、アルミサッシの方がマッチしていると言って良いのだと思います。

また、窓だけでなく、外部の装飾や露出している木枠も痛んでくるので、メンテナンスの塗装がかかせません。
自分で、壁に塗料が掛からないようにするためのマスキングからきちんとやったりすれば、かなり大変なのですが、業者に頼むと、これまた大変な費用がかかるため、わたしは、自分ではしごを購入し、毎年塗っています。塗るのはキシラデコールという塗料で、18リットル缶約2万~。臭いがきつく、塗ってから3・4日は臭いに悩まされます。住宅密集地だと、近所から苦情が来るかも知れないので、考え物です。しかし、これを塗らないと、数年で、木の肌が、ボロボロになってきます。はしごでも塗れない高い位置にあるところは、表面がボロボロになって、むけてきてるので、今年はさすがに業者に頼もうかと思っています。

それらの費用が出せるか、自分でやることを厭わない人でないと、薦められないです。

 

良い口コミでは、住宅の性能の高さを褒めるのと営業マンの対応の良さが目立ちましたね。

とはいえ、少ないですが営業マンに不満の声があったのも事実です。

ですが、ハウスメーカーの営業マンに不満の声が多くなることが当たり前で、良いことが書かれるようなことは滅多にありません。

そのなかでもスウェーデンハウスには良い口コミが多いのは、それだけ質の良い営業マンがそろってる証拠ですね。

イマイチな口コミには、メンテナンスが面倒だと不満の声が多かったです。

木製サッシのメンテナンスが面倒で費用もけっこう高くなってしまいます。

スウェーデンハウスは建築費用もメンテナンス代も高く、とにかくお金がかかる住宅という印象を受けます。

メンテナンスについては、契約前にしっかり確認しましょう。

スウェーデンハウスの注文住宅がおすすめな人

スウェーデンハウスの注文住宅がおすすめな人
◆スウェーデンハウスがおすすめな人◆

北欧スタイルの住宅が好きな人

高気密高断熱で快適に暮らしたい人

定期的なメンテナンスをしっかりできる人

資金に余裕がある人

 

北欧スタイルで快適な暮らしがしたい人は、スウェーデンハウスはピッタリですね。

ただ、とにかく費用が高い!

そして定期的なメンテナンスの手間とお金も必要、、、。

でもスウェーデンハウスがめちゃめちゃ好きって人が多いので、多少のお金や労力がかかっても苦にならずむしろ満足してる人が多いようです。

なので、スウェーデンハウスにずっと憧れがある人におすすめしたいハウスメーカーです。

ただ、なんとなく興味があるとかなら、セルコホーム東急ホームズなんかも輸入住宅を扱うハウスメーカーなので比較してみてください。

スウェーデンハウスよりは費用を抑えることができますよ。

 

各ハウスメーカーの特徴や坪単価はこちらでまとめてますので、参考にどうぞ!

まとめ

スウェーデンハウス詳細やまとめ
◆スウェーデンハウスのメリット・デメリット・評判まとめ◆

北欧スタイルのお洒落な家

快適で災害にも強い住宅

アフターサポートが充実

間取りの自由度が低い

定期的なメンテナンスが必要

●坪単価は70万~100万円程度

 

いかがでしょうか。

スウェーデンハウスの住宅は、北欧スタイルの外観で快適な暮らしができますよ。

そして地震や災害にも強いので、長く安心して暮らせますね。

費用が高くて定期的なメンテナンスが必要とされますが、モデルハウスを見学した人は美しさと快適な暮らしに惚れて決める人も多いようです。

まずは他のハウスメーカーも比較してみて、あなたにとってスウェーデンハウスが一番魅力的だったら迷う必要はありません。

資金が許されるなら、スウェーデンハウスで決まりですね!

最後に夢のマイホームを建てる方法はこちらで紹介してますので、参考になります。

後悔しない夢のマイホームを建てる方法はこちら>>

 

▼注文住宅で理想の家を建てたい人は、こちらも参考に!▼

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ