二世帯住宅の間取り

【二世帯住宅の間取り】15坪~30坪の狭小地でも建てられる注文住宅を紹介

20坪以下で建てられる二世帯住宅の間取り

大手ハウスメーカーに勤務していた設計士のたぬき親父です。

二世帯住宅を建てたいと思っているけど、土地が狭くて諦める人ってけっこう多いんですよね。

とくに都市部に住んでると狭小地で、親世帯と子世帯が快適に暮らせる二世帯住宅なんて無理なんじゃないかと思ってしまいますよね。

しかし、小さな土地しかなくても、間取りを工夫することで快適な二世帯住宅は建てることができます。

それも無理やり建てるのではなく、あくまで快適性も追及した二世帯住宅です。

今回は、建築面積15坪~30坪以下の狭小地向けの二世帯住宅のおすすめの間取り図を紹介します。

間取り図を例に暮らし方や建て方のポイントをまとめましたので、間取りを考える際のヒントにしてください。

狭小地でも快適な二世帯住宅の間取りの作り方

限られた土地でも快適な二世帯住宅の間取りを考えるうえで、最も手っ取り早い方法を紹介しますね。

理想の間取りにするのに大切なことは、あなたの要望を反映させた間取り図を複数社に依頼して作成してもらうことです。

あらかじめ予算を決めたら希望する間取りを住宅会社に伝えることで、あなたオリジナルの間取り図ができあがります。

複数社に依頼することで、あなたが希望した間取り図が何枚もできあがるので、そこから良い所をピックアップしたりすることもできるのです。

個人ブログなどで公開されている間取りを参考にするのも良いのですが、あなたの理想通りの間取りと出会うの滅多にないのではないでしょうか。

それよりは、あなた専用の間取り図を複数社に作成してもらい、比較検討するほうが理想にかなう間取り図と出会う確率は上がりますよ。

希望の予算

希望する間取り(3LDK、4LDK)

その他設備などあなたの要望をできるだけ細かく箇条書きで書きましょう。

このような要望を複数社に伝えて間取り図を作成してもらいましょう。

複数社に間取り図作成を依頼するときはネットで申し込むのがスタンダード

理想の二世帯住宅の間取り図は、複数社に作成してもらうことはわかっても、実際に複数社に問い合わせて、一社一社と打ち合わせするのは、時間もかかるし重労働ですよね。

そこで、複数社の間取り図を無料一括オーダーできるタウンライフを利用すると、かんたんに複数社のあなたオリジナルの間取り図が手に入ります。

タウンライフ公式サイト

間取り図以外にも、見積もり・住宅プラン・土地情報などすべて無料でもらえるので、家づくりに役立つアイテムがゲットできるのもポイントです。

スマホで予算や希望の間取りなどを入力して申し込むだけです。

5分もあれば申し込み完了します。

お金は一切掛からないので、やらないで後悔するより、とりあえず行動するのが大切!

理想の間取り図を完成させるのにタウンライフを利用しない手はないです。

タウンライフ公式サイトはこちら>>

住宅会社選びも超重要!

夢のマイホームづくりを成功させるには、住宅会社選びで90%は決まると言っても大げさではありません。

1社だけを信じて契約してしまうのは特に危険です。

あなたの家づくりに真剣に取り組める営業マンと出会うことが、家づくりの成功のガキになります。

複数社に依頼することで比較検討することができるので、あなたと相性の良い住宅会社も分かるようなります。

家づくりは複数社にあなたの希望を伝えることからスタートしましょう。

 

二世帯住宅の理想の間取り図の作成方法は以上です。

次は、実際の狭小地で建てる二世帯住宅の間取り図をご紹介しますので、間取りを考えるうえでのヒントにしてください。

【建築面積22.8坪】左右分離型二世帯住宅の間取り図

出典:中鉢建設株式会社

  • 1F床面積22.80坪(75.52m²)
  • 2F床面積21.04坪(69.55m²)
  • 延床面積43.84坪(144.93m²)
  • 建築面積22.80坪(75.37m²)

北側道路に適した、左右分離型の()完全分離型二世帯住宅になります。

最大の特徴としては建物内部で両世帯間で行き来できないようになってるので、将来リフォームすることなく貸家にすることも可能な間取りになっています。

個人的には、リビング同士を挟む壁の一部に出入口の扉を付けて、外に出ることなく自由に行きできるようにしても良いのでは?とも思いました。

賃貸にするときは、その扉の部分だけリフォームしてなくすだけで済むので、費用もそんなに高くなりません。

話がちょっと脱線したので間取りについて戻りますねw

右側が2LDKの親世帯になります。対面式キッチンを備えたワンルーム式のLDKがあり、東南の角に配置してありますから一日中日光が入り、また風通しも良いため冬はあたたかく、夏は涼しい間取りになっています。

そして、左側が4LDKの子世帯住宅ですね。親世帯と同じ様にワンルーム形式のLDK

食器戸棚、冷蔵庫の置き方によっては、独立型キッチンにアレンジすることもできます。

15.5帖とかなり広いリビングなので、親世帯も含めた家族全員で食事をし、会話を楽しみながらゆっくりと過ごすこともできる間取りですね。

()完全分離型二世帯住宅とは?

玄関からリビング、お風呂、トイレなどが全て別々にある二世帯住宅のこと。

同じ屋根の下だけど、アパートのように別々に家があるようなイメージです。

内部で一か所だけ親世帯と子世帯をつなげておくと、緊急時のときにすぐに駆けつけて対処することができます。

完全分離型二世帯住宅を建てれば、それぞれの生活リズムで暮らすことができて、プライバシーもしっかり確保できます。

ただ、全てを2ヵ所つくることになるので、どうしても建築面積は広くなってしまうんですよね、、、。

しかし、間取りの工夫次第で、小さ目の土地でも完全分離型二世帯住宅は建てられるので諦めてはいけません。

実際にここで紹介している間取りも完全分離型二世帯住宅なので、間取りを考える際のヒントに役立ててみてください。

完全分離型二世帯住宅の間取りやメリット・デメリットはこちらで詳しくまとめてますので、参考にしてください。

18.4坪3階建ての二世帯住宅の間取り図

出典:中鉢建設株式会社

  • 1F床面積16.65坪(55.15m²)
  • 2F床面積16.78坪(55.47m²)
  • 3F床面積15.78坪(52.17m²)
  • 延床面積49.21坪(162.68m²)
  • 建築面積18.41坪(60.86m²)

敷地面積が40坪程の3階建て完全分離型二世帯住宅であり、駐車スペースも2台分も確保されて、かなり充実した建物と言えるでしょう。

1階が1LDK+WICの親世帯、2階3階が4LDK+WICの子世帯住宅になります。

1階親世帯は非常にコンパクトにまとめられており、ウォークインクローゼットも十分な広さがあるので収納にも困らず、親世帯にとって快適に暮らせるでしょうね。

2階、3階は子世帯になりますが、階段を上がるとまず目に飛び込むのが、アイランド形式のキッチン。

LDKは18.5畳もあるので、お子さんと共に料理作りを楽しみながら、家族団欒のひと時を過ごしてる様子が目に浮かびますね。

リビングに続く6帖の和室があり、個室として使うのも良し、リビングの延長として家族団欒の部屋として使うのもよしと使い方はあなた次第で色々できそうです。

3階は子世帯それぞれの個室になってます。廊下、夫婦寝室にもつながっている4帖にも及ぶウォークインクローゼットがあるので、収納に困りません。

また、書斎も完備しておりますので、家族に邪魔されることなくパソコンや読書など一人でのんびり過ごすこともできますね。

いずれにせよ、家族それぞれのプライバシーに配慮された間取りプランです。

【建築面積15.52坪】水回りを分離した二世帯住宅の間取り図

出典:SENBOKU HOME

  • 土地26.02坪
  • 1階床面積48.03m2(14.53坪)
  • 2階床面積49.69m2(15.03坪)
  • 3階床面積46.37m2(14.03坪)
  • 延床面積144.09m2(43.59坪)
  • 施工面積11.52m2(3.48坪)
  • 建築面積51.32m2(15.52坪)

建築面積が15坪という小さ目ですが、狭さを感じさせないよう、工夫がみられる間取りです。

玄関のみを共有している部分共有型二世帯住宅となりますが、水廻り等は完全に分離してるので、親世帯、子世帯とも気兼ねすることなく生活できる間取りプランですね。

両親が就寝時に帰宅することになっても、玄関と親世帯寝室の間に収納があるため、音が気になることもないでしょう。

つまり、生活時間帯が違っていても、快適に生活できるよう間取りが工夫されてますね。

2階3階が子世帯の生活スペースになるのですが、2階部分はほとんどLDKなので広い空間ですね。親世帯と一緒に食事をしたりくつろぐこともできます。

そして3階部分は子世帯の各個室になっていて、収納スペースもたっぷりと確保されてるので物があふれるようなことはないでしょう。

建築面積が15坪でも、このように間取りを工夫すれば両世帯が快適に暮らせる空間はつくることができます。

建築面積15坪以下の二世帯住宅の間取り図:東玄関位置 2LDK+3LDK


出典:ミサワホーム

東玄関位置 / 間口: 7,280 x 奥行き: 7,280

建築面積: 48.85m²(14.77坪)

1F:48.85m²(14.77坪)

2F:48.85m²(14.77坪) /

延べ床面積:97.70m²(29.55坪)

東玄関の部分共有型二世帯住宅になります。延べ床面積が30坪以下の非常にコンパクトに設計された住宅ですね。

1階に親世帯用のダイニングキッチンと、それに続く6帖の和室。

これは、引き分け襖戸により個室として使用するのも良し、ダイニングと続く茶の間として使うのも良しと使い方はあなたの自由にすることができる間取りになっています。

家の中央にある階段を上ると2階子世帯の空間になります。ダイニングキッチンを中心に各部屋が配置されていて非常に使いやすい間取りになっています。

各個室には物入れも十分あるので、収納に困ることはありません。

コンパクトな間取りながらも、無駄なスペースをなくし、両世帯が窮屈に感じさせない間取りになってますね。

まとめ

20坪以下で建てられる二世帯住宅の間取りいかがでしょうか。

二世帯住宅でも間取りを工夫すれば、あまり土地が広くない狭小地でも建てることが充分可能です。

そして、両世帯が快適に暮らせる二世帯住宅を建てられます。

また、予算の都合上、土地代にあまりお金がかけられないと言うなら、建築費用を安くおさえる方法も検討してみてはいかがでしょうか。

二世帯住宅は建築費用が高くなるイメージがありますが、工夫次第で1000万円台でも可能です。

 

\間取りプランがもらえる!/
無料で間取り図を作成してもらう>>

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ