ハウスメーカーの坪単価

三井ホームの坪単価や評判は?メリット・デメリットを徹底検証!【ハウスメーカーの選び方】

三井ホームの詳細と坪単価

元大手ハウスメーカー勤務のたぬき親父です。

三井ホームの住宅が気になってるあなたへ。

三井ホームの注文住宅はどんな特徴や建築費用が気になるポイントですよね。

 

そこで本文では、三井ホームの特徴や坪単価、メリット・デメリットを徹底的に解説してみました。

この記事では、あなたにとって三井ホームが理想的なハウスメーカーなのかがわかります。

なるべく専門用語を使わずに分かりやすく紹介してますので、ぜひ参考にしてください。

三井ホームで家を建てるか検討中のあなたへ。

 

理想の家をどこよりもお得に建てる方法は、複数社の相見積もりを取ることからスタートしましょう。

まずは三井ホームを含めた、他のハウスメーカーにも見積もりを取ることで、各社のメリットやデメリットも一目瞭然。

相見積もりを取るだけで、500万円以上もお得に建てられることもあります!

複数社の見積もりを比較して、あなたに合ったハウスメーカーと出会ってください。

詳しくはこちら>>

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

会社情報

会社名三井ホーム株式会社
本社 所在地〒163-0453
東京都新宿区西新宿二丁目1番1号 新宿三井ビル53階
設立1974年10月11日
 資本金139億70万円
従業員数2,139名(2017年4月1日現在)
対応工法ツーバイフォー・ツーバイシックス工法
推定坪単価60万~90万円
 会社ホームページhttps://www.mitsuihome.co.jp/
展示場https://www.mitsuihome.co.jp/modelhouse_search/area/

三井ホームの坪単価と実際の建築費用

三井ホームの坪単価家を建てるにあたって、建築費用がいくらになるのか気になりますよね。

ここでは、実際に建てられた方の坪単価を基に、三井ホームの建築費用がいくらになるのか一緒に考えてみましょう。

結論からいうと三井ホームの坪単価は60万円~90万円程度となってます。

坪単価をみると結構な開きがありますが、これは三井ホームには規格型・準規格型・自由設計の3つに分かれてるからですね。

まずはこの3つの中からどれを選ぶかで、坪単価はガラリと変わります。

とくに自由設計を選ぶと、こだわれば上は果てしなく坪単価100万円以上は余裕で超えてきます。

それでは、それぞれの坪単価と特徴を説明しますので一緒に考えてみましょう!

規格型住宅の坪単価と特徴

規格型住宅の坪単価は55万~65万円程度です。

予めプランが用意されていて、そこから選ぶことになりますね。

選択肢は少なく間取りの変更なども厳しいため、建売り住宅を買うみたいな感じになってしまいます、、、。

ただ、建売り住宅と決定的に違うのは、センスの良さはバツグンです。

これはさすが三井ホームと言えますね。

メリットを挙げるとするなら、規格型住宅だろうと自由設計だろうと工法や性能は一緒なので三井ホームの住宅が気に入って安く建てたいなら候補に入るでしょう。

あとで詳しく紹介しますが、三井ホームでは外部の建築士とインテリアコーディネーターと家づくりができる最大のメリットです。

規格型住宅では三井ホームの、最大のメリットがなくなってしまいます。

なので最大のメリットがなくなる以上は、ムリに三井ホームで家を建てる意味もなくなるような気もしますね、、。

準規格型住宅の坪単価と特徴

準規格型住宅の坪単価は65万~75万円程度です。

規格型住宅よりもバリエーションが増えて、かるい間取りの変更もできるのが準規格型住宅になります。

規格型住宅よりも家族で納得した家づくりができるのがメリットでしょうか。

ただ、これくらいの坪単価だと完全自由設計にも対応してるハウスメーカーは多いです。

なので他のハウスメーカーの住宅プランも比較してみて、準規格型住宅がいちばん魅力的かどうか検討してみましょう。

自由設計の坪単価と特徴

自由設計の坪単価は75万~90万円程度です。

三井ホームの最大のメリットでもある、「外部の建築士とインテリアコーディネーター」と一緒に家づくりができます。

三井ホームの完全自由設計に憧れる方が、ほとんどではないでしょうか。

ツーバイフォー工法なので間取りの自由度はあまり高くないですが、外観や内装に関してはは他社よりもレベルが高い提案力がありますね。

こだわれば坪単価100万は当たり前で、200万以上も平気で超えるので気をつけましょう。

ただ、ピカイチにお洒落でみんなが憧れる住宅になることは間違いない!

三井ホームの特徴

三井ホームの特徴

ツーバイフォー(2×4)工法の先駆者で地震に強い家づくり

ツーバイフォー工法を日本でいち早く取り入れたのが三井ホームです。

ツーバイフォー工法は厳しい規定があり安全性が高い工法なのですが、間取りは制限されてしまうのがデメリットですかね。

しかし、外観はたやすく変化できるので、お洒落な外観の家を建てる三井ホームにとっては良かったのかもしれません。

そしてツーバイフォー工法をさらに進化させたツーバイシックス工法のプレミアム・モノコック構法をあらたに開発。

プレミアム・モノコック構法では、より耐震性・断熱性・耐久性が高く地震や災害にも強い家になります。

また外壁の枠組みに2×6材を使用して、従来より1.6倍もの厚い140mmの断熱材を採用して断熱性も密度もグンッとアップしました。

プレミアム・モノコック構法により、いちだんと高気密で高断熱な家を建てられるようになったのです。

健康空調システム(全空間空調システム)のスマートブリーズ

全空間空調システムは電気代はかかりますが、年中快適な空間で暮らすことができます。

プレミアム・モノコック構法により高気密高断熱な家ですが、これに全空間空調システムを取り入れることで快適な温度と湿度を保ち、ヒートショックからも守ってくれます。

とくに廊下やお風呂場などのどこにいても快適な温度で過ごせるのは魅力的です。

エアコンだと部屋は快適でも、廊下やお風呂場は冬はさむく、夏は暑いですからね。

またホコリをふくめ花粉やPM2.5、カビの胞子なども取り除いてキレイな空気を循環させます。

ただ、全空間空調システムにはメリットもありますが、デメリットもあるので取り入れるかは良く考えてからにしましょう。

ここでは、メリット・デメリットを箇条書きにしましたので参考にしてください。

  • 各部屋にエアコンや空気洗浄機などを置かなくて済むので部屋がスッキリお洒落になる。
  • エアコン、換気システム、空気洗浄機、加湿器、除湿器など全空間空調システムの1台でまかなえるのでイニシャルコストは安くなる。
  • 掃除やメンテナンスが1台で済むので楽ちん。
  • エアコンなどに比べると電気代がかかる。
  • 空調フィルターと換気フィルターを定期的に変える必要があり面倒でお金も掛かる。
  • 年間1万円のメンテナンス契約を結ぶことになる。
  • 耐久年数が30年となってるので30年に1回は大きな出費が想定される。
  • 年月が経ち最新の空調システムが出ても交換は難しいので古いのを使い続けるしかない。
  • フィルター交換やメンテナンスは地味に面倒くさい。

メリット・デメリットをザッと並べるとこんな感じなります。

判断としては、お金とフィルターの交換などの面倒をたしょう犠牲にしても、年中快適な家にしたいなら検討の価値はあります。

また、三菱地所ホームの全空間空調システムも同じような性能なのでどちらが良いか比較検討してみると良いですよ。

三井ホームのメリット

三井ホームのメリット

設計の提案力と企画力が高くハイセンスな住宅を建てる

三井ホームはなんといってもデザイン力が高い住宅を建てられることです。

住宅街を歩いていて三井ホームの家だと、すぐに分かるくらいお洒落な家です。

坪単価でもかるく触れましたが、三井ホームでは社外の建築士とインテリアコーディネーターと一緒に家づくりができるのでハイセンスな住宅を手に入れられます。

やはり独立してやっている建築士の企画力や設計力はレベルが違うんですよね。

私はハウスメーカーに雇われ建築士だったので、嫉妬すら覚えるけど、設計や企画力に関しては認めざる負えないのが正直なところです、、、(苦笑)

逆に三井ホームはとにかくデザイン勝負って感じもします。

住宅性能やサポート内容に関しては他社と同レベルな感じがして、かすんでしまうからです。

決して性能が悪いとかではなく、むしろ性能もしっかりした良い家を建ててます

とにかくハイセンスでお洒落な家を建てたいなら三井ホームで決まり!

三井ホームのデメリット

三井ホームのデメリット

どんなハウスメーカーにも、メリットもあればデメリットもあります。

ミサワホームにも当然デメリットもあるのは確かです。

ここでは、三井ホームのデメリットも考慮して、理想の家が建てられるか検討してみましょう。

とにかく建築費用が高くなる

まぁこれはもう坪単価でもさんざん言ってきたので今さら説明はいらないですよね。

三井ホームも資金に余裕がある人をターゲットにしてることからも分かるように、とにかく建築費用は覚悟しなければいけません。

オプションもひとつひとつが高くなるので、ついつい理想を追いかけたらとんでもない金額になったなんてよく聞く話です。

テレビ台や棚なんかは自分で用意する人もけっこう多いみたいですね。

予算オーバーにならないためにも、まずは希望予算から見積書だけでも出してもらうと良いですよ。

タウンライフ  という有名なサイトでは、三井ホームを含めた複数社の住宅プランを希望予算から無料で作成してもらえます。

ネットでかんたんに依頼ができて、あとからしつこい営業もされないので気楽に申し込めて便利ですよ。

家づくりに役立つアイテムが手に入るので、参考にしてください。

複数社の相見積もりをネットで簡単にできるようになりました。

家づくりに役立つ間取り図・資金計画・設計図が無料で手に入ります。

 

ハウスメーカーの相見積もりを一括オーダーする  

タウンライフの評判申し込み方法は、こちらに画像付きでわかりやすく紹介しています。メリットや疑問点なども紹介してるので参考にどうぞ。

契約前では詳細な見積書が出されない

三井ホームでは、契約まえに詳細な見積書がでないと不満の声がおおいです。

詳細な見積もりが出ないと、どこにお金がどの位かかってるのか分からず、費用を調整するためになにを削ったら良いのか分からなくなってしまいます。

それと値引きに応じて契約したとしても、あとから仕様変更や追加工事やらしなくてはいけない状況で、最初の予算より大きく上回ってしまうこともあるようです。

けっきょくは詳細な見積もりがないので、三井ホームのしたいように金額を調整できてしまう危険性があるんですよね、、。

三井ホームの営業マンは紳士的なので、ついつい油断してしまいます。

「まさかこの営業マンがそんなことするわけない!」

こう思いたくなりますが、相手は住宅を売るプロです。

ハウスメーカーの営業マンと言うのは、会社に利益を出すことが求められてるので、笑顔で腹の裏はなにを考えてるかわかりません。

あとで不透明な追加金をぼったくられないためにも、三井ホームと契約するまえに、必ず詳細な見積もりを出してもらいましょう。

三井ホームの口コミや評判

三井ホームの評判や口コミ

良い口コミ

築3年で熊本地震を経験しました。
近辺の家ではブロック塀が崩れたり、瓦が落ちたりする被害があり、どの家も家具が倒れ、モノが破損散乱し、相当な後片付けが必要となってしまった中で、この家、最初の震度6弱で一切壊れ物がありませんでした。10cmに満たないニッチに置いた割れ物さえそこにとどまっており後片付け一切不要でした。
さすがに本震の震度6強では棚の上部に置いた花瓶2つとお皿一枚が割れてしまったのですが、被害はそれのみです。造り付けではないタンスの上のテレビ32型も落ちませんでした。造り付けの食器棚は安全ロックがかかり、しっかり食器を守ってくれました。
聞くところによると震源地の全壊半壊の家々が並ぶ中でもぽつんと三井ホームの家は建っているそうです。
前震の翌日には営業の方が安否の確認に来てくださいました。しかも本震後にも再び見に来ていただき、この家がいかに安全か、この熊本営業所の方がいかに信頼できるか実感しているところです。ここまでとは思っていなかったのでついつい口コミさせていただきました。

悪い口コミ

三井ホームの口コミを調べて見ると、住宅に関しては豪華で誰かに自慢したくなるような家が建つという声が多かったです。

住宅の性能にも満足していて、大地震にも耐えたとの声も多々見受けました。

それとやはり建築費用もお高いとの声が多かったですね。

悪い意見としては営業マンに対しての不満の声が多かったです。

契約前は親切丁寧だったのが、契約後にはコロッと態度をかえて冷たくなるなんてことがあるようですね。

まぁこれは三井ホームに限らず、残念ながらハウスメーカーではよくある話です。

営業マンは契約のノルマがあるので、契約後はお金にならないことはあまり積極的にならない人もいるのが実情なんですよね。

これは住宅業界全体として改善して欲しいと願うことですが、建主にとっては願ってるだけで泣き寝入りはできませんよね。

対策はなかなかむずかしいですが、クレームを入れることで改善することに期待するしかありません。

まずはサポートの対応が悪いと感じた時は、三井ホームの本部に連絡をしてクレームを入れましょう。

「クレームはちょっとなぁ」と思うかもしれませんが、家を建てたら「自分の家は自分が守る」という心構えは必要です。

ちょっと厳しいことを言ってしまいましたが、あなたがご家族を守るように家もあなたが一番大切にして守っていきましょう。

三井ホームの注文住宅がおすすめな人

三井ホームの注文住宅がおすすめな人
◆三井ホームがおすすめな人◆

ハイセンスでお洒落な家を建てたい人

全空間空調システムで年中快適に暮らしたい人

資金に余裕がある人

 

とにかくお洒落な家で1年を通して快適な暮らしたい人に三井ホームはピッタリですね。

あとは資金に余裕があれば三井ホームをおすすめします。

資金が厳しいけどハイセンスな住宅を建てたいなら、住友不動産ヤマダエスバイエルホームなんかも検討してみてください。

お洒落で三井ホームよりは安く建てられる可能性があります。

また、似たような全空間空調システムには三菱地所ホームもあるので比較してみてください。

家づくりのスタートは視野を広くして、色んなハウスメーカーを調べてみましょう。

あなたの理想の家づくりに、ピッタリなハウスメーカーと出会えることができますよ。

こちらの記事では各ハウスメーカーの特徴と坪単価を詳しく紹介してますので、参考にしてください。

まとめ

三井ホームの詳細と坪単価
◆三井ホームのメリット・デメリット・評判まとめ◆

ツーバイフォー工法で地震に強く高気密・高断熱な家が建つ

健康空調システムで年中快適な温度で暮らせる

設計の提案力と企画力が高くハイセンスな住宅

建設費用は超高い

契約前は詳細な見積書が出ない

坪単価は60万~90万円程度(自由設計は75万~)

 

いかがだったでしょうか。

三井ホームのデザイン力はどのハウスメーカーよりもピカイチです。

全館空調システムが気に入ってお洒落な家を建てたいなら三井ホームは理想のハウスメーカーでしょう。

あとは資金に余裕があるかどうかですね。

資金が厳しめで無理に三井ホームで夢のマイホームを建てたものの、けっきょくローンが払えず手放すハメにだってあり得る話です。

家づくりが成功するかどうかは、ハウスメーカー選びで90%は決まると言っても大袈裟ではありません。

まずはタウンライフ  で複数社の住宅プランを比較検討することからスタートしましょう。

無料で5分もあれば申し込みは完了します。

今からたった5分の行動で家づくりを成功するか失敗するかが決まってしまうと思うと、恐ろしくないですか?

ここまで読んでくれたあなたは家づくりに関心が高い人だと思います。

快適な家を建てるために、やらないで後悔するより、まずは行動しましょう。

「後からでいいや」と思って、忘れてしまい後悔する家を建ててしまうのは避けてくださいね。

無料で複数社の住宅プランを一括オーダー>>

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ