ハウスメーカーについて

建築家がミサワホームの二世帯住宅の坪単価や特徴、おすすめ間取りプランを分かりやすく解説!

ミサワホーム二世帯住宅の坪単価や特徴、間取りを紹介

大手ハウスメーカーに勤務していた、建築士のたぬき親父です。

蔵収納で人気のミサワホームでは、大家族が住む二世帯住宅でも収納力がバツグンなプランを提案してくれます。

今回は、そんなミサワホームの二世帯住宅について坪単価や特徴、おすすめ間取りプランなどを紹介します。

大家族でも蔵収納でスッキリ収納できる

家族が集まれる大空間のリビング

将来のこともしっかり考えられた二世帯住宅

ミサワホームでは、上記のような二世帯住宅が建てられますよ。

ミサワホームの二世帯住宅について、さっそくチェックしてみましょう!

\家づくり成功のために/
失敗しないハウスメーカーの選び方>>

家づくりを失敗したくない方は必見!!

ミサワホームの二世帯住宅の坪単価と3タイプ別の価格

ミサワホーム二世帯住宅の実際の坪単価

ミサワホームの二世帯住宅の坪単価は60万~90万円程度です。

価格帯が広めですが、二世帯住宅は完全分離型・一部共有型・同居型の3タイプがあり、それぞれ坪単価も変わってきます。

二世帯住宅の3タイプ

  • 完全分離型
    親世帯と子世帯の住まいをそれぞれ完全に分けた住まい。上下階や左右分離型などがある。
  • 一部共有型
    お風呂や玄関など一部を両世帯が共有する二世帯住宅。どこを共有するかで金額は変わる。
  • 同居型
    ふつうの一戸建て住宅に親世帯と子世帯が同居するスタイル。価格は一番安く済む。
それぞれ二世帯住宅タイプ別の特徴などは、こちらの記事で詳しく解説してます。

二世帯住宅を建てるなら完全分離・部分共有・完全同居型から選ぼう!

このように二世帯住宅は3タイプに別けることで、暮らし方も変化し金額も変わってきます。

ミサワホームで建てる二世帯住宅のタイプ別の平均的な坪単価は以下のようになります。

二世帯住宅のタイプ坪単価
完全分離型70万~90万円程度
一部共有型65万~85万円程度
同居型60万~70万円程度

完全分離型が一番高額になり、同居型が安くなりますね。

二世帯住宅を建てる時は、両世帯の距離感やライフスタイルを考えつつ、金額がどのように変わるのかもチェックしていく必要があります。

ミサワホームの二世帯住宅の特徴

ミサワホームの二世帯住宅の特徴は以下のようなことが挙げられます。

  1. 4世代分の荷物もスッキリ大収納空間「蔵」
  2. 丁度いい距離感で過ごせる「スキップフロア」
  3. 「ビッグダイニング」で大家族が集まれる空間
  4. 「ミニラボ」を設置して一人の時間も確保
  5. 「セカンドコモンズ」で将来を見据えた家づくり

5つの特徴をあげましたが、ひとつずつ詳しく説明します。

①4世代分の荷物もスッキリ大収納空間「蔵」

二世帯住宅でご両親から子どもまで大家族で住むとなると、荷物も比例して多くなりますよね。

ミサワホームでは、0.5階刻みのスキップフロアにすることで収納空間ができます。

1階と2階の間に「蔵」スペースを確保することによって、大家族の荷物もスッキリ収納することができますよ。

また、「蔵」があることによって上下階の音も遮れるメリットも生まれます。

2階の生活音が「蔵」によって遮られるので、1階に住むご両親は静かに快適な暮らしが送れそうですね。

②丁度いい距離感で過ごせる「スキップフロア」

「蔵」を創ることで0.5階刻みのスキップフロアになり、親世帯と子世帯がつかず離れずの丁度いい距離感が生まれます。

親と二世帯住宅に同居する時に多い悩みが、お互いのプライバシーをどのように確保するかです。

スキップフロアがあることにより、1階と2階でそれぞれの世帯ごとに過ごせるスペースが生まれ程よい距離感で生活できます。

また、親世帯と子世帯の中心に集まれる空間を設計することで、コミュニケーションもとりながら家族が楽しく過ごせるような提案もしてくれますよ。

③「ビッグダイニング」で大家族が集まれる空間

ミサワホームでは「ビッグダイニング」を創ることで親世帯から子世帯、または親戚や友人が気軽に集まってコミュニケーションが取れる空間を提案。

居心地がよくてゆっくり交流ができる「ビッグダイニング」をデザインしてくれますよ。

④「ミニラボ」を設置して一人の時間も確保

二世帯住宅にご両親と同居すると、つねに誰かしら家族がいて1人の時間がなかなか確保できない悩みがあります。

ミサワホームでは「ミニラボ」を創ることで、一人で過ごせる空間を提案してます。

「ミニラボ」では、家事のちょっとした合間に読書をしたり、テレワークにもピッタリですね。

また、親世帯の介護が必要になった場合などに備えて、リビングに隣接して「ミニラボ」を設置することで、仕事中でもなにかあった時もすぐに対応できて安心です。

なにかと忙しい現代人にとって、一人で過ごせる空間は大切ですよね。

ミサワホームでは二世帯住宅でも、一人の時間を確保できる空間を提案してくれますよ。

⑤「セカンドコモンズ」で将来を見据えた家づくり

「セカンドコモンズ」とは、かんたんに言えばリビングや寝室に隣接した「畳コーナー」のことです。

畳コーナーを設けることで家族の団らんや客間として利用するだけでなく、将来、介護が必要になった時の部屋としても利用できます。

特に親世帯とも一緒に住む二世帯住宅では、「セカンドコモンズ」があることで将来の家族の変化にも柔軟に対応できるので安心ですね。

【ミサワホーム】二世帯住宅のおすすめ間取りプラン

ここでは、ミサワホーム公式ページに掲載されてる中から、私が考える二世帯住宅のおすすめ間取りプランを紹介します。

また、二世帯住宅の間取りはミサワホーム公式ページに他にも沢山あるので、参考にしてみてください。

ミサワホーム公式サイト二世帯住宅の間取りプランはこちら>>

蔵収納でコンパクトながらもゆとりのある二世帯住宅

引用:ミサワホーム公式サイトより

【間取りデータ】

坪数33坪
延床面積108.46㎡(1階:52.99㎡ 2階:55.47㎡)
建築面積55.47㎡
間取り4LDDKK
玄関位置北玄関位置

玄関・浴室を共有した二世帯住宅です。

1階に親世帯の寝室がありますが、お風呂から一番遠くにあるので、夜遅くに帰ってきてシャワー音など気にすることなく使うことができますね。

また、2階の子世帯のリビングも親世帯の寝室から離れた位置にあるので、足音や生活音もそこまで気にすることなく過ごせそうです。

蔵収納やロフト収納もあるので、家族が多くても収納スペースに困ることはありません。

二世帯住宅にしてはコンパクトながらも、動線を省くことでスペースに余裕が生まれ、ゆとりのある生活が送れそうな間取りです。

1階に親世帯・2階に子世帯の上下完全分離型二世帯住宅

引用:ミサワホーム公式サイトより

【間取りデータ】

坪数56坪
延床面積186.31㎡(1階:105.16㎡ 2階:81.15㎡)
建築面積107.65㎡
間取り1階:2LDK+WIC/2階:3LDK+WIC
玄関位置南玄関位置

1階が親世帯・2階に子世帯がそれぞれ住む、完全分離型二世帯住宅になります。

1階の親世帯のリビングには和室もあり、家族が集まって食事をしたり団らんしたりとコミュニケーションが取れるような間取りです。

親世帯の寝室の隣に洗面所・浴室があることで、お風呂にあがったらすぐに部屋で休めるようにもなってますね。

2階の子世帯の間取りは、リビングに隣接して子供部屋にすることでコンパクトながらもゆとりを感じられます。

子世帯の浴室と親世帯の寝室も離れているので、仕事で夜遅くなってもゆっくりと気をつかうことなくお風呂に入れるのもポイントです。

1階・2階の寝室には共にウォークインクローゼットもあるので収納スペースも確保された二世帯住宅ですね。

【都市型向け】3階建て二世帯住宅

引用:ミサワホーム公式サイトより

【間取りデータ】

坪数66坪
延床面積219.01㎡(1階:79.07㎡ 2階:69.97㎡ 3階:69.97㎡)
建築面積80.73㎡
間取り親世帯:1LDK+WIC 子世帯:3LDK+2S+WIC
玄関位置東玄関位置

3階建ての都市型向け二世帯住宅になります。

エレベーターがあることで、シニアの親世帯でも3階に住むことができる間取りですね。

子世帯の2階のリビングは和室もあるので、家族が集まってもゆとりあるスペースが確保されてます。

サービスルーム(納戸)も2ヵ所にあるので、テレワークや読書などひとりの時間も楽しめそうですね。

エレベーターがあるので、メンテナンスなど費用もある程度かかるので、予算に余裕がある都会に住んでる人におすすめできる二世帯住宅です。

【まとめ】ミサワホームの二世帯住宅がおすすめな人

ミサワホーム二世帯住宅の坪単価や特徴、間取りを紹介
ミサワホームの二世帯住宅がおすすめな人
  • デザイン性の高い二世帯住宅を建てたい人
  • 資金面に余裕がある人

ミサワホームの住宅はデザイン性に優れていて、高品質で地震にも強い家を建ててます。

スキップフロアにすることで蔵収納が売りのミサワホームですが、ハウスメーカーのなかでも価格はそれなりに高めです。

スキップフロアの蔵収納はミサワホームに限らず、対応してる住宅会社も多くあります。

資金面が厳しいと思ったら他のハウスメーカーも比較検討してみましょう。

いろんなハウスメーカーの住宅プランを比較することで、理想の家の形がみえてきます。

住宅会社選びは、複数社の住宅プランや見積もりを比較することからスタートすることで、失敗もなくなりますよ。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ