住宅を持つ為の準備

高気密・高断熱住宅の特徴とメリット・デメリットを徹底解説!快適な生活を送るためには必須。

高気密・高断熱住宅の特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

大手ハウスメーカーに勤務していた、建築士のたぬき親父です。

家を建てるときに気密性・断熱性って気になるポイントだと思います。。

ハウスメーカーの公式サイトや広告なんかでも「高気密・高断熱の家!」って大々的にアピールしてますよね。

しかし、そもそも高気密・高断熱ってどのような家のことか分からないこともありますよね。

今回は、気密性・断熱性の特徴や仕組み、メリット・デメリットを詳しく解説します。

なるべく分かりやすく解説しますが、少し専門的なお話もでてきてしまいます。

専門的な解説はちょっとって方は、「高気密・高断熱住宅にすることで快適に暮らすことができる」ってことをイメージしてもらえれば大丈夫です(笑)

それでは、なぜ高気密・高断熱の家にすると快適に暮らせるのか紹介していきます。

高気密、高断熱住宅の特徴

高気密、高断熱の性能を高めた家を、高気密高断熱住宅と呼ばれています。

気密性能、断熱性能についてそれぞれ詳しく紹介します。

高気密住宅の特徴

高気密住宅とは、そのままの意味で家全体の気密性が高いということです。

これだけだと、なんの説明にもならないのでもうちょっと詳しく説明しますね(笑)

住宅の気密性を高めることで、家の隙間をなくし外部と内部の空気の行き来をシャットダウンさせます。

在来工法の場合はm、腕のいい大工さんが施工したとしても、どうしても床・壁・天井・窓・枠などに隙間ができるものです。

隙間風はないものの、外の空気の出入りがあると、夏はエアコンの冷気が出ていき、冬は外の冷気が室内に侵入してくることになってしまうんです。

空気の出入りを防ぎながら高気密な家を建てるためには、工場生産の建築部材を使う、気密シート等を使用して施工することで気密性能を最大限にアップします。

具体的に気密性能を数値で表す場合はC値で表すことができます。

「C値って聞いたことあるけどイマイチ分からない」

って方もいると思いますので、C値についても詳しく説明しますね。

気密性能C値とは

住宅全体の気密性能のことを数字で分かりやすくするために使われているのが、C値(相当隙間面積)のことです。

住宅の外周部分である外壁・窓・屋根・天井・床にある隙間の総面積を延床面積で割った数値で、単位を㎠/㎡で表し数値が小さいほど気密性が高い。

つまり、住宅内外の空気の出入りが少ないということになります。

この数値としては最低でもC値2.0を切るくらいが高気密住宅といえるでしょう。

参考までに住宅構造別相当隙間面積(実測による実例)は以下の通りになります。

構造平均値標準偏差
軸組4.353.21
パネル(軸組)2.021.34
2×42.171.19
RC(戸建)1.671.17
RC(集合)0.870.82
スチールハウス3.441.50

単位:㎠/㎡

出典:2007,熱物性学会 石井宏

高断熱住宅の特徴

高断熱な家も、読んで字のごとく断熱性能が高い家のことですね。

ここまでは、ほとんどの方が理解してると思いますが、詳しい特徴をみてみましょう。

高断熱住宅とは、基礎・床・外壁内部・屋根に断熱材を入れて、さらに断熱性能が高い窓にすることで家全体をガッチリ断熱する家のことです。

外の空気の温度を外壁や窓から防ぐことで、夏は涼しく冬は暖かく年間を通して快適な住空間にすることができます。

先ほど気密性能はC値で表すことを説明しましたが、断熱性能はUA値があります。

UA値についても詳しく説明しますね。

断熱性能UA値とは

住宅全体の断熱性能のを、UA値(外皮平均熱貫流率)で表します。

外皮ってなに?

外皮とは室内外を隔てる部分(外壁・窓・屋根)での外に逃げる熱量(W/k)を外皮面積(㎡)で割った値になります。

単位はw/㎡Kとなり、1㎡当たりの損失熱量のことをいいます。値が小さい程断熱性能が高いということになります。

UA値の指標は地域により異なり、全国を8地域に分けそれぞれの地域で外皮平均熱貫流率を出しています。

それぞれの地域のUA値の指標は以下のとおりです。

出典:一般財団法人 建築環境・省エネルギー機構

高気密・高断熱の家は快適に暮らせる

気密性・断熱性が高いということは、外の気温に左右されることなく家の中の温度が一定に保たれるということです。

つまり、年間を通して少ない冷暖房費で快適な生活を送ることができます。

夏の暑い時期にエアコン切れにより寝苦しいこともなく、冬の寒い時期に暖かい寝室から廊下にでても室温の変化が少ない家であれば、ヒートショックの心配もなくなりますね。

また、室内の壁温度が均一になっていれば、空気の対流が起きにくい状態になりますから静電気によるホコリが壁に付着することも少ないです。

断熱と気密の施工をすることで、冷暖房に頼り過ぎなくても年間を通して快適な室温を保った住宅を建てることができます。

高気密・高断熱住宅のメリット

高気密・高断熱住宅には以下のようなメリットがあります。

  1. 家の中全体が暖かい
  2. 健康に過ごせ病気改善に寄与する
  3. 安心して過ごせる
  4. お財布にやさしい家

このようなメリットがあげられますね。

ひとつずつ詳しく見てみましょう。

①家の中全体が暖かい

窓からの日射や暖房器具からの熱が部屋の外に逃げにくいことから部屋が早く温まり、冷めにくいことになります。

つまり、快適な室温を保てることですね。

また、高気密住宅であれば各部屋の入り口ドアを開けて置くことで家全体を温めることもできます。

②健康に過ごせ病気改善に寄与する

断熱性能の向上による疫病の改善効果

出典:日本建築学会環境系論文集

家を高気密・高断熱化することは室内の温熱環境の改善になるため、寒さが原因とする疾病を予防し健康を維持できるという間接的便益を期待することができます。

また、国土交通省からの報告で、暖かい住宅と寒い住宅において血圧、コレストロール値、心電図に異常所見がある人、過活動膀胱症状等病気の症状に明らかな差があることが認められると報告されています。

いかに室温変化の少ない家が健康に良いのかが分かりますね。

たしかに、夜中にトイレに起きなくても良いとなると、体だけでなく精神的にも楽になってきますよね。

③安心して過ごせる

②でも説明しましたが、各部屋の室温変化が少ないということはヒートショックに対しても効果があるということです。

脱衣室と浴室などの様に室温変化が激しい所でのいききがあると、血圧の急激な上昇による心筋梗塞、脳溢血等の病気の誘発にもなってしまいます。

また、消費者庁から「冬季に多発する入浴中の事故」が多数報告されています。

室内の温度に変化がないことは、安心して過ごせることにもなるので大きなメリットですね。

④お財布にやさしい家

断熱性の高い外壁、窓により暖房により得た熱を逃がすのを防ぎ、太陽の光を取り入れながら省エネルギーで生活することで、暖房費を抑えることができます。

また、建築学会が発表した論文によると、断熱性能を高めた家で生活していると医療費を軽減できると示されています。

健康に暮らすことができて、冷暖房費も軽減できるのは、経済的で家計にも健康にもやさしい住宅といえますね。

高気密・高断熱住宅のデメリット

高気密・高断熱住宅にはどのようなデメリットがあるのかも考えてみましょう。

  1. 高い施工品質を求められる
  2. 建築費が高くなる
  3. 結露リスクを逆に高めることもある

このようなデメリットが考えられます。

デメリットについてもひとつずつ詳しく見てみましょう。

①高い施工品質を求められる

高気密、高断熱住宅にするためには、それなりの材料・部材・工法を考慮する必要がでてきます。

例えば、外壁内に充填する断熱材を隙間なく施工できるか、断熱材の密度等どの様な断熱材を使うか、各ボードの繫ぎ目に気密シート、気密テープ等を使い気密処理を適切に施工しているか等が問題になってきます。

実際現場で見ていると「ほんのちょっとした隙間」だけでも気密性は大幅にダウン。

また、窓サッシをどのような物を採用するかが非常に重要な項目にもなってきます。

これらの高気密・高断熱工事は、一般の建て主の方々には工事の良し悪しくを見抜くのはむずかしいです。

なので、業者選びが非常に大切なポイントになってきます。

②建築費が高くなる

高い施工品質を追い求めるとどうしても施工単価が高くなってしまいます。

窓サッシ一つ取ってみても、アルミサッシ・アルミ樹脂複合サッシ・樹脂サッシ・木製サッシなどがあり断熱性もそれぞれ変わってきます。

断熱性能に関していえば、

アルミサッシ<アルミ樹脂複合サッシ<樹脂サッシ<木製サッシ

と、上記のような順番で断熱性能が高くなりますが、性能がアップするのと比例して費用も同じように高くなっていきます。

断熱材にしても、同じグラスウール断熱材でも繊維の密度によって10K・32Kとあり値段も変わってきます。

このように高気密高断熱仕様にするために、材料費工事費が高くなるので予算にあったものをセレクトするようにしましょう。

③結露リスクを逆に高めることもある

冬の時期に室温を一定に保たれていることは、室内空気中に湿気を十分持っていることにもなります。

その空気が壁体内部に入り、気密シートにより外壁外側に空気が逃げないため、壁内の断熱材と柱の温度差で結露が起こることがあります。

これが壁内結露といわれ、住宅の劣化やカビの原因になるのです。

また、窓やサッシに発生する結露も家にとっては大敵。

結露を防ぐには適切な換気が必要です。つまり暖かい空気に含まれている余分な湿気を、換気によって排出することが重要になってくるのです。

平成15年の建築基準法改正に伴い、住宅にはシックハウス対策による24時間換気設備の設置が義務付けられるようになりました。

しかし、気密性が高くなければ換気もうまくいかないことがあり、窓の断熱性が低いと結露してしまいます。

そのため、気密・断熱・換気のバランスが非常に重要になってくるのです。

また、暖房器具に石油ストーブ(反射式、対流式)や石油ファンヒーターを使うことはおすすめできません。

石油ストーブや石油ファンヒーターは、室内空気を燃焼させることにより暖房するのですが、燃焼する際水蒸気と二酸化炭素を発生させるためこまめな換気が必要になってきます。

せっかく高気密、高断熱住宅にしているのに窓を開け、外の冷たい空気を取り入れることになってしまっては元もこうもありませんよね。

しかし、FF式ファンヒーターであれば外の空気により燃焼し排気も外に排出するので、室内の二酸化炭素濃度が上がる心配はないので問題はありません。

【まとめ】快適な家を建てるためには高気密・高断熱住宅にするのは必須!

高気密・高断熱住宅の特徴やメリット・デメリットを徹底解説!断熱性能に関しての快適性の目安としては、省エネルギー対策等級4をクリアしていることが一つの目安になります。

等級4を上回る施工をしている会社を選ぶか、高気密・高断熱住宅を目指している会社を選ぶと良いでしょう。

また、換気計画の良さや施工の精度によって性能が左右される高気密・高断熱住宅。

そのバランスが取れていれば快適な住環境になり、結露やカビの心配も少ない住宅になりますので家の耐久性も高くなります。

健康的で省エネな暮らしをしたいのであれば、高気密・高断熱住宅にすることは必須ですね。

しかし、高気密・高断熱性能は施工技術や品質に左右されるものです。

つまり、施工会社選びが非常に重要になってきます。

施工会社選びに失敗しないためにも、まずは含めた複数社の住宅プランを比較して、どこが高気密・高断熱住宅に力を入れて取り組んでいるのか見極めるようにしましょう。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ