住宅ローンについて

住宅ローンの返済期間は何年がベスト?65歳までには完済を目指そう!

住宅ローンの返済期間の決め方
住宅ローンの返済期間ってどれくらいにしたら良いんだろ?35年ローンでも良いのかな?

 

住宅ローンを借りる時に返済期間をどうするか悩みのひとつですよね。

返済期間を長くすれば、毎月の返済額は当然ラクになります。

しかし、借りる額にもよりますが、返済期間が10年違うだけでも300万円以上の差額があるのも決して珍しいことではありません。

 

本文では、あなたに合った住宅ローンの返済期間の決め方を紹介します。

本文の内容

  • 住宅ローンの返済期間の決め方
  • 35年ローンで失敗するケース
  • 返済期間べつの総支払額の紹介

結論から言えば、返済期間は短いことに越したことはないです!

どんなに遅くとも65歳までには完済できるようにしましょう。

あなたに最適な住宅ローンの返済期間とは?65歳には完済を標準に考えよう。

「老後の安心」は住宅ローンの返済期間で、どうなるかが決まると言っても過言ではありません。

老後に少しでもお金の負担を減らすためにも、65歳までには完済するのが望ましいですね。

なぜなら、65歳を過ぎて年金だけの暮らしになると収入はグンッと下がるからです。

60歳定年以降は2回の収入ダウンがある!

 

●60~65歳→年収が1/3に減少

定年後に再雇用で働いても、50代の現役で働いてた時よりも収入は1/3程度まで下がります。

推定年収:240万~300万円程度

 

●65歳以降→200万~240万円程度

65歳で年金暮らしになれば、さらに収入ダウンが考えられます。

 

収入がダウンした状態で住宅ローンを返済し続ける生活を送りたくありませんよね、、、。

 

できれば、定年時の60歳で完済するのが理想です。

35年ローンの危険性について

住宅会社の営業マンから提案されるのは基本的に35年ローンですが、35歳で借りたとしたら完済が70歳になってしまいますよね。

70歳で完済プランではアウトです。

 

前の章でも説明したように、ほとんどの人が定年を迎えたら収入ガクッとダウンしますよね。

なので、ローンを組むときは65歳までの返済期間で組み、60歳で完済できるようにプランをたてましょう。

返済期間の求め方は、以下の計算方法で求めます。

  • 65歳-現在の年齢=返済期間
    《例》65歳-35歳(現在の年齢)=30年(返済期間)

35年ローンにすれば毎月の返済額は少なくなりますが、65歳を超えるようであれば老後の安心も考えてもう一度プランを考えてみましょう。

繰り返しになりますが、まずは65歳までの返済期間にします。

仮に35歳だとしたら、返済期間はMAXで30年です。

もし、30年ローンで毎月の返済額が厳しいと感じたら、それは身の丈に合っていない証拠。

 

物件の見直しや、頭金を貯めたりとプランを見直すようにしてください。

ほとんどの人が「毎月の返済額」だけで、判断してしまいがちですが、将来訪れる定年後のことも考えてプランを作成しましょう。

 

住宅の費用を少しでも安くする方法は、「【注文住宅】理想の家を安く建てる方法は相見積もりを取ることから始まるよ!」で詳しく解説してますので参考にどうぞ。

【注文住宅】理想の家を安く建てる方法は相見積もりを取ることから始まるよ! 元大手ハウスメーカー勤務の、建築士たぬき親父です。 生涯で一番高い買い物になるであろう注文住宅。 住宅は20...

返済期間が短ければ利息も少なくなる

住宅ローンを少しでも早く返せば、それだけ利息も少なくすみます。

返済期間を短くするだけで、100万円の差額はザラです。

 

では、返済期間でどれくらいの利息が違ってくるのか表にしましたのでご覧ください。

ここでは、3000万円の住宅ローンを金利0.5%で借りた場合のそれぞれ年数を比較してみました。

ローン期間20年25年30年35年
毎月の返済額137,500円112,500円95,833円83,928円
総返済額31,506,140円31,881,150円32,256,080円32,691,061円
20年との差額0円375,010円749,940円1,184,921円

表から見てもわかるように20年と35年ローンのトータル支払額は118万円以上も差額があります。

 

しかし、闇雲に返済期間を早くするのはおすすめしません。

なぜなら、早く返済すれば総返済額は少なくなりますが、生活に支障をきたしてまで返済を早くするのもまた考え物だからです。

老後の生活のことを考えるのも大切ですが、今の生活にゆとりも必要ですよね。

無理をした暮らしを続けて、身体を壊したり病気になってしまったら住宅ローンも返せなくなり、家を手放すことになり兼ねません。

決して無理はせずに、生活費とローン支払いのバランスをよく考えましょう。

住宅ローンは無理をしない返済プランを計画しよう

返済期間は老後の生活も考えて、65歳までには完済できるようにしましょう。

最後に、返済期間の決め方の4つのポイントをご覧ください。

返済期間の決め方
  • 住宅ローンは65歳までに完済できるようにする。
  • 返済期間を長くするとそれだけ利息も高くなる。
  • 生活に支障が出ないくらいの返済額にする。
  • 返済額が厳しいと感じたら物件価格の見直しや頭金を貯める。

上記のポイントを踏まえて、無理のない計画を立ててくださいね。

 

住宅ローンの毎月の返済額の決め方は「住宅ローンの毎月返済額は3つの要素で決まる!あなたに合った住宅ローンを見つけよう!」で詳しく解説してますので、こちらも参考にしてください。

住宅のローンの毎月返済額の決め方
住宅ローンの毎月返済額は3つの要素で決まる!あなたに合った住宅ローンを見つけよう!住宅ローンで気になるのが毎月の返済額ですよね。 毎月の返済額は「金利」「借入額」「返済期間」の3つの要素で決まります。 返済...

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ