ハウスメーカーの坪単価

住宅情報館の坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!売却から土地探しまで住まいをトータル的にサポートします。

住宅情報館の坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説

飯田グループホールディングスの住宅部門を担う住宅情報館。

家の売却や売買、土地探しなど住宅に関することを総合的にプロデュース。

もちろん、注文住宅も建てることができて、国産檜材で自由設計の家を建てることができると注目されてますね。

そこで今回は、住宅情報館の特徴や実際の坪単価、メリット・デメリットを徹底解説します。

自由設計で希望が反映された家を建てたい!

なるべく費用をおさえて建てたい!

檜の温もりを感じられる家がほしい!

こんな希望があれば、住宅情報館は必見ですよ。

できる限り専門用語を使わずに分かりやすく紹介してます。住宅情報館が気になってる方は、ぜひ参考にしてください。

\家づくり成功のために/
失敗しないハウスメーカーの選び方>

家づくりを失敗したくない方は必見!!

住宅情報館の特徴

さっそく住宅情報館の特徴をみてみましょう。

住宅情報館の特徴
  1. 住まいの総合プロデュース企業
  2. こだわりの国産檜材で建てる家
  3. 環境にやさしいエコロジー住宅
  4. 7年連続「特別優秀企業賞」「優秀賞」を獲得

上記のような特徴があげられますね。ひとつずつ詳しく説明します。

①住まいの総合プロデュース企業

住宅情報館は家探し、売却、注文住宅、リフォームなど住まいに関する事業を総合的に展開している会社です。

どちらかと言うと、家探しや売却の方がイメージは強いかもしれませんね。

住宅情報館は神奈川県に本社があり、関東中心に展開するハウスメーカーです。

②こだわりの国産檜材で建てる家

日本では昔から檜を建材として使用してきました。

なぜなら、檜は伐採後に強度を増す材木なので古くから長く使用され続けてきたのです。

建材としての強さもありながら美しくもある国産檜材で家づくりをするのが住宅情報館です。

1階の土台から2階の軒までに、他の柱よりも太くて丈夫な檜柱を通すことで、地震や台風に強い家になります。

地震、台風、災害に強い家が建てられるので、長く安心して暮らすことができますよ。

③環境にやさしいエコロジー住宅

住宅情報館は、環境と調和するエコロジーな家づくりに取り組むことを使命としています。

エコで省エネ住宅を建てるためには断熱性能を高めることが重要です。

住宅情報館では、断熱材とLow-Eペアガラスを使用することで、冷暖房の消費を抑え、少ない電力で一年を通して快適な温度が保てるようにしてます。

さらに太陽光発電やオール電化を取り入れたり、消費電力を見える化するHEMSを採用することで次世代省エネ住宅づくりに取り組んでます。

④7年連続「特別優秀企業賞」「優秀賞」を獲得

一般財団法人日本地域開発センターが主催する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・エナジー2019」で7年連続の優秀賞と3年連続で特別優秀企業を受賞してます。

第三者機関から、このような賞をいただいてることから、高い評価を得ているのがわかりますね。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・エナジーとは?

①外皮・設備の省エネルギー性能値

②健康、快適性その他の取り組み

③省エネ住宅の普及への取り組み

上記の3点の視点で評価を行い、省エネルギー性と普及性に優れた住宅を表彰する制度です。

環境や人に優しい家づくりをしていることが住宅情報館です。

住宅情報館の坪単価や実際の建築費用

住宅情報館の実際の坪単価は40万~60万円程度です。

この価格帯は大手ハウスメーカーよりは安く、ミドルクラスのハウスメーカーですね。

仮に坪単価50万円で建てると以下のような建築費用になります。

坪数価格
30坪1500万円
40坪2000万円
50坪2500万円
60坪3000万円

このような建築費用になりますが注意してほしいのが、この価格はあくまで建物本体にかかる金額です。

なので土地も同時に探している人は、土地代も必要です。さらに諸経費や住宅ローンも考慮しなければいけません。

諸経費や住宅ローンを考慮すると、上記の表の価格にプラス200万~300万円程度は考えておきましょう。

住宅情報館の実際の建築費用を知る方法

上記の建築費用はあくまで例なので、土地条件やあなたが考える理想の家がどのような形かで金額はまったく変わってきます。

あなたの理想の家の建築費用を具体的に知るには、実際に見積もりを取ることです。

住宅会社に家の大きさやあなたの希望を伝えて、間取り図や費用を出してもらいましょう。

間取り図や建築費用はネットで申し込むことができるので簡単に手に入りますよ。

タウンライフというサイトで住宅情報館を含めた複数社の見積もりを一括で申し込めるサービスがあります。

完全無料で各社の間取りプラン・建築費用・住宅情報などが一度に手に入るので便利ですよ。

毎月5000人以上が利用していて、家づくりのスタートに活用することがスタンダードになってます。

今まで個人情報漏えいなどの問題も一切報告がないので、安心して利用できるのもポイント。

複数社を比較することでより良い家づくりができるようになりますので、家づくりのスタートに役立ててください。

スマホで5分もあれば申し込みも完了できます。

逆に利用しないで、家づくりに失敗するようなことは絶対ないようにしてくださいね。

 

無料で住宅情報館の見積もりを取る>>

住宅情報館のメリット

次は住宅情報館のメリットを紹介します。

  1. 直営システムで安心
  2. 自由設計でオリジナルのマイホームが建てられる
  3. 高耐久構造で地震に強い住宅
  4. トータルサポートで引き渡し後も長くサポート

メリットについても、ひとつずつ見てみましょう!

①直営システムで安心

大抵のハウスメーカーは、代理店やフランチャイズ展開などで実質は別会社なことが多いため、管理がしにくく、品質や施工技術にバラつきがみられるんですよね。

住宅情報館では、直営システムを採用しているので管理がしやすいので、品質や施工にもしっかりチェックすることができます。

直営システムだと、お客さまの要望も伝わりやすいのもメリットですね。

②自由設計でオリジナルのマイホームが建てられる

せっかく注文住宅を建てるなら、理想やこだわりが反映された家を建てたいですよね。

生活情報館では設計の自由度が高いことで評判を集めてます。

「地震や災害に強くて安心安全な家を建てたい!」

「快適で健康的に暮らしたい!」

「家事が楽になるような生活動線を考えた家にしたい!」

「趣味を楽しめる部屋をつくりたい!」

あなたのこだわりや希望を担当者に伝えて、設計士が納得するまでプランニングしてくれるのが生活情報館のメリットのひとつ。

自由度が高いゆえに、内装や外観デザインなど迷ってしまう場合でも、インテリアコーディネーターがあなたに合ったデザインを提案してくれます。

営業マン、設計士、インテリアコーディネーターの各プロがあなたにピッタリな理想の家を設計してくれるので安心してお任せすることができますよ。

③高耐久構造で地震に強い住宅

住宅情報館は地震が多い日本で安心して暮らせる家を建てるために様々な工夫がみられます。

どのような地震対策をおこなっているかみてみましょう。

ちょっと専門的なお話になるので、時間がない方は「とにかく地震に強い家で安全!」って思ってくれれば大丈夫です(笑)

高倍率耐力壁「スーパーパネル」

スーパーパネルは壁倍率が5倍で、一般的な筋かいの2.5倍の強度を誇ることで、大きな地震がおきても建物をしっかりと守ります。

また、スーパーパネルを採用することで、壁を少なくして設計できるので大きな窓を設置したり間仕切り壁が不要で広い空間づくりも可能にしました。

耐力壁ってなに?

主に筋かいを取り付けた住宅強度を上げるための壁です。

通常は筋かいを1本または、たすき掛けにして2本入れたりします。

住宅情報館の耐力壁は筋かいではなく、パネル型にすることで更なる強度を誇る。

高い耐震性能「フレーミングモノコック工法」

伝統的な木造軸組工法にくわえ、補強金物を取り入れることにより、耐震性・耐久性を高めることに成功。

さらに、木造軸組工法に耐力面材を張りつけて、剛床により水平構面の剛性を高めたフレーミングモノコック工法にすることで、耐震性能を高めてます。

地震の揺れを吸収する「FRダンパー」

FRダンパーを採用することで地震の揺れを吸収し、建物の損壊を防ぐことができ安全です。

制振装置FRダンパーがあることで、地震の揺れを最大70%カットしてくれます。

住宅情報館の住宅は、耐震+制震構造で繰り返される大きな地震でも住宅をしっかり守り抜くことができますよ。

強靭な基礎

住宅を支える基礎部分も地震対策には重要な部分です。

住宅情報館では、一般的に使用されている鉄筋よりも太いのを使い、厚いコンクリートによって優れた強度を発揮。

さらに従来のベタ基礎よりも細かい間隔で組むことでより強固な基礎になってます。

震度7クラスの繰り返し実験で耐震性能も証明

住宅情報館の家は、震度7クラスの揺れの耐震実験をおこない耐えられる住宅ということを証明しました。

一般的な耐震性能の住宅と比べても、建物の変位も少なく大地震が起きても倒壊などの恐れもなく安心安全な住宅というのがわかりました。

④トータルサポートで引き渡し後も長くサポート

住宅情報館では、引き渡し後も安心して長く暮らせるように、さまざまなアフターサポートを用意しています。

  • 建物最長60年保証システム
    定期的な点検を行うことで、「構造躯体および防水」について10年間、「シロアリ」について5年間保証が延長され最長60年間保証が続く。
  • 20年間の地盤保証
    不同沈下による施工建物本体または基礎などに損害がみられた場合に住宅情報館が補修工事を保証。
  • 24時間365日サポート「JUJO倶楽部」
    住宅に関することでトラブルがあった時でもコールセンターにいつでも相談できます。また、JUJO倶楽部は宿泊施設割引、飲食店割引やロードサービスなどもあり、生活をトータル的にサポートしてくれるJUJO倶楽部は無料で入会することができるので大変お得なサービスです。

住宅情報館のデメリット

住宅情報館のデメリットを知ることも、家づくりを成功させるためには必要な情報です。

なぜなら、事前にデメリットを知ることで解決する方法が見つかるかもしれないからです。

もしかしたら、あなたにとってはデメリットにならないこともあります。

デメリットの解決方法や気にならない程度なら、住宅情報館で納得できる家づくりができる可能性は上がりますよ。

住宅情報館のデメリットは以下の2つがあげられます。

  1. 西日本は対応していない
  2. 営業マンの質にバラつきがある

デメリットについては解決方法も解説しますので、詳しく見てみましょう。

①西日本は対応していない

住宅情報館は関東を中心に、東北エリアの宮城県、福島県と東海エリアの愛知県、岐阜県、静岡県に対応しています。

関東エリアだとあらゆる所に店舗がありCMもバンバン流れてくるので、全国展開してないのが意外なんですよね。

最近でこそ大阪府の堺店がオープンしましたが、西日本はほとんど対応してません。

住宅情報館の家が気になっても、西日本エリアに住む人は最初から対象外になってしまうのでデメリットになるでしょう。

②営業マンの質にバラつきがある

営業マンの質にバラつきがあるのは、他のハウスメーカーでも良くあることですが、住宅情報館でも担当者によって当たりハズレがあるようです。

なかには強引に契約をせまろうとする営業マンもいるとの声も多くありましたので、慎重な判断が求められます。

家づくりを成功させるためには、あなたと相性の良い営業マンを見つけることも非常に大切です。

営業マンの良し悪しを判断するためには、他の住宅会社の営業マンと比較してみると良いですよ。

複数社を比較することで、どこがあなたにとって一番相性が良いのか分かるようになります。

まずは、複数社の住宅プランや間取り図、見積りなどを集めて比較することからスタートすると理想の家を適正価格で建てることができますよ。

無料で複数社の住宅プランや間取り図、見積書を一括オーダーする>>

【まとめ】住宅情報館がおすすめな人を紹介

住宅情報館の坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説
住宅情報館がおすすめな人
  • ローコストで自由設計で家を建てたい人
  • 地震や災害に強い家を建てたい人
  • 檜の家を建てたい人
  • 積極的に家づくりに参加できる人

家づくりにこだわりがあって、理想や希望を反映させた住宅を建てたい人に住宅情報館はおすすめです。

比較的ローコストで建てられるので、プランに納得できればお得に建てられるのもいいですね。

ひとつだけ注意したいのが、自由設計がゆえに担当者に任せきりにするのではなく、あなた自身も家づくりの知識や情報を積極的に取り入れましょう。

担当者に任せてしまうと無難なプランを提案されることがあるので、せっかくの自由設計が台無しになってしまいます。

営業マンの質にもバラつきがあるので、他のハウスメーカーの営業マンとも比較して相性をチェックしてください。

複数社を比較してみて住宅情報館が一番魅力的なら、あなたにとって検討する価値があるハウスメーカーといえます。

せっかくの住宅づくりなので、妥協せずがんばって取り組んで成功させましょう!

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ