ハウスメーカーの坪単価

アルネットホームの坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説!高性能住宅がお手頃価格で建てられます。

アルネットホームの坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説‼

アルネットホームはお客さまの想いや希望を形にするため「コミュニケーション」を大切にして、世界に1棟しかないマイホームを実現する住宅会社です。

高性能なことはもちろん、デザインにもこだわり各分野のプロと一緒に家づくりができます。

今回は、そんなアルネットホームの坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説します。

高性能住宅を手の届く価格で建てたい!

末永く快適に住める家を建てたい!

こんな方はアルネットホームの注文住宅で夢が叶うかもしれませんよ!

なるべく専門用語を使わずに分かりやすく解説しますので、アルネットホームが気になったら参考にしてください。

\家づくり成功のために/
失敗しないハウスメーカーの選び方>

家づくりを失敗したくない方は必見!!

アルネットホームの坪単価や実際の建築費用

アルネットホームの坪単価や実際の建築費用

アルネットホームの坪単価は45万~70万円程度です。

商品によって坪単価はそれぞれ変わってくるので、幅広い価格帯になってます。

商品別のほかにもアルネットホームでは自由設計で家が建てられるため、希望やこだわりを反映させると坪単価もそれだけアップしますね。

坪単価50万円程度で建てられたら比較的ローコストですけど、坪単価70万円程度になると大手ハウスメーカーとあまり変わらない金額になってしまいます。

なかには坪単価70万円以上になった人もいるので、予算内でおさまるように本当に必要なものは何かよく考えながらプランをたてましょう。

【アルネットホーム】商品別の坪単価と特徴を紹介

アルネットホームの商品別のそれぞれの坪単価を紹介しますので、参考にしてください。

商品名坪単価概要
極暖の家55万~70万円北海道を基準とした高断熱の家。1年を通して快適に過ごせて省エネ性も高い。
LOTUS(ロータス)50万~60万円予算や条件の範囲内で最適な住まいが建てられる。フルオーダーであなたオリジナルのマイホームが実現可能。
CREA STYLE
(クレアスタイル)
45万~55万円150以上の間取りプランから選んで建てる規格住宅と、決まったルールで自由設計ができるセミオーダーの住宅がある。
極暖の家 LIMITED50万~60万円極暖の家のセミオーダー型住宅。高性能住宅を安く建てることができる。
FLAPフラップ(平屋住宅)50万~60万円生活動線がフラットで快適に過ごせる平屋住宅。
ZEROの家55万~60万円太陽光発電などの省エネ設備と高断熱性で光熱費を抑えることができる住宅。

 

商品別の坪単価はこのようになりますが、これはあくまで目安です。

あなたの理想を反映された坪単価を知るには、実際に見積もりを取ってみるまでわかりません。

アルネットホームが気になったら、ネットでサクッと見積もり依頼ができるタウンライフというサイトが便利ですよ。

完全無料でアルネットホームを含めた複数社の見積り・間取りプラン・住宅プランがもらえます。

スマホで3分で申し込みも完了するので、利用してみてください。

アルネットホームを含めた複数社の見積もりをオーダーしてみる>>

アルネットホームの実際の建築費用

ここでは、アルネットホームで注文住宅を建てた場合、実際の建築費用がいくらになるのか、見てみましょう。

アルネットホームの人気商品「極暖の家」でシミュレーションしてみます。

「極暖の家」の坪単価は55万~70万円程度なので、それぞれの大きさでは以下のような建築費用になります。

坪数建築費用
30坪1650万~2100万円
35坪1925万~2450万円
40坪2200万~2800万円
45坪2475万~3150万円
50坪2750万~3500万円

それぞれの坪数では上記のような金額になりましたが、これはあくまで建物本体価格のみの価格なので注意してください。

家を建てる時は建物本体価格にくわえて、住宅ローンや諸費用なども考慮しなければなりません。

なので住宅ローンの金利や諸費用なども考慮して、建物本体価格にプラス200万~300万円程度は見積もっておきましょう。

アルネットホームの値引き事情

結論から先にいうと、アルネットホームでは値引きは比較的に難しいですが、決して不可能ではありません。

結論だけ見ると中途半端な回答になってしまいました(^^;

中途半端な回答になった理由は、アルネットホームでは値引きは積極的には行ってないようですが値引きに成功した人はいるようです。

闇雲に「値引きしてください」と営業マンに交渉しても、断られるのがオチみたいです。

値引きに成功した人は、値引きのコツを使って交渉することで成功させています。

ここではアルネットホームの値引きのコツも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

アルネットホームの値引きのコツ

  1. キャンペーン期間を狙う
  2. オプションサービスを狙う
  3. 決算期を狙う
  4. 複数社の見積もりを取る

上記の4つの値引きのコツがありますので、ひとつずつ詳しく紹介します。

特に4つ目の「複数社の見積もり」は値引き交渉するうえで、ほぼ必須条件なので必ず行いましょう。

①キャンペーン期間を狙う

アルネットホームではキャンペーンを開催することがありますので、タイミングが合えばお得に建てることができますよ。

キャンペーン内容は「追加オプションが無料」になったり、ストレートに「値引きキャンペーン」など開催さることがあります。

値引き交渉が難しくても、キャンペーン期間を利用すればお得に建てることができますよ。

②オプションサービスを狙う

値引き交渉が無理そうなら、オプションサービスを狙うのも非常に有効です。

無料でオプション追加してもらえれれば、実質的に値引きに成功したことと変わりませんよね。

契約前に「このオプションをサービスしてください」と交渉すると「それで契約してくれるなら」と案外OKをもらえることがあります。

③決算期を狙う

アルネットホームの決算月は9月です。

決算期近くは営業マンもノルマがあるはずなので、少しでも売上を伸ばしたい時期です。

決算月に「○○万円値引きしてくれたら契約します」と交渉することで、ノルマに迫られる営業マンの心情的にも「多少値引きに応じてでも契約したい」という心理が働き値引きに応じやすくなります。

決算期のタイミングを上手く計って交渉してみてください。

④複数社の見積もりを取る

値引き交渉するうえで、他のハウスメーカーの見積もりがあると交渉が有利に働きます。

むしろ他社の見積もり書がないと値引きを成功させるのは非常に困難を極めるので、必ず他社の見積もり書は用意しましょう。

なぜならアルネットホーム1社に初めから絞っていたら、営業マンにとって値引きに応じるメリットがないからです。

ちょっといやらしいかもしれませんが、「他社とアルネットホームで迷ってます」と見積書を見せながら値引き交渉すれば営業マンも値引きできないか真剣になります。

営業マンの心情的には「他社と契約されるくらいなら多少値引きしてでも契約したい」と思うからです。

アルネットホームと同価格帯や高断熱性を売りにしているようなハウスメーカーの見積書をがあると効果は抜群ですよ。

アルネットホームを含めた複数社の見積もりを集めるには、タウンライフというサイトで無料で一括申し込みできるので便利です。

タウンライフは毎月5000人以上が利用していて、家づくりの最初の一歩として利用することが当たり前になってます。

完全無料で複数社の見積もり書・間取りプラン・資金計画などを手に入れることができますよ。

スマホから3分で申し込みも完了するのでとても簡単でおすすめです。

無料で複数社の見積もり書を一括オーダーしてみる>>

アルネットホームの特徴

アルネットホームの価格が分かったら特徴もチェックしましょう。

アルネットホームの特徴
  1. 各分野のスペシャリストと家づくり
  2. 標準仕様で長期優良住宅に対応
  3. 北海道基準の高気密・高断熱住宅が建てられる
  4. 自然素材にこだわった温かみのある空間
  5. 土地探しも相談できる

アルネットホームは上記のような特徴があげられます。

ひとつずつ詳しくみてみましょう。

①各分野のスペシャリストと家づくり

アルネットホームでは「営業マン」「設計士」「インテリアコーディネーター」が全店舗に常駐していて、専門的なことや分からないことなどを相談することができます。

お客さまの希望や要望を各分野のプロが聞き取り理想の住宅を形にしてくれます。

打ち合わせでは営業マンだけでなく、設計士とインテリアコーディネーターも同席してくれるので伝え漏れもなくスムーズに計画を進めることができますよ。

②標準仕様で長期優良住宅に対応

アルネットホームの特徴として標準仕様で長期優良認定住宅が建てられることです。

長期優良住宅とは?

丈夫で次世代に住み継ぐことができ、省エネ性能も確保された、一定以上の性能を満たした高品質住宅と国が認定する制度のこと。

長期優良住宅に認定されると以下のようなメリットが受けられます。

長期優良住宅のメリット

  • 登録免許税引き下げ
  • 不動産所得税の控除額拡大
  • 固定資産税の減税期間延長

ただし、長期優良住宅に認定されるには別途費用がかかるので注意が必要です。

別途費用が必要ですが、長期優良住宅を建てたいと考えてるなら、標準仕様でも対応しているアルネットホームは候補にあがるハウスメーカーになりますよ。

③北海道基準の高気密・高断熱住宅が建てられる

アルネットホームでは「高気密・高断熱」を売りにした商品を展開してます。

商品のなかでも「極暖の家」は、厳しい冬の寒さの北海道でも快適に過ごせることを基準に建てることができる高気密・高断熱住宅です。

家全体を断熱材でしっかり包み込む「魔法びん断熱」で、厳しい冬でも家のなかは快適な温度で過ごすことができます。

「極暖の家」魔法びん断熱とは?

  • 屋根断熱:ウレタン材225㎜
  • 壁断熱:ウレタン材105㎜
  • 床断熱:高性能グラスウール105㎜
  • 基礎玄関部:カネライトフォーム100㎜

これらの断熱材で建物全体をしっかり包み込んだ高気密・高断熱住宅。

また「極暖の家」では、窓にはアルミサッシと比べると約4倍もの断熱性能がある、トリプルガラス樹脂サッシを標準で採用してます。

トリプルガラス樹脂サッシにすることで、夏は外気の熱をカットし、冬は窓から室内の熱を逃がさずに1年をとおして快適に過ごせる環境を実現。

アルネットホームでは、これらの断熱対策をすることで断熱性能を示すUA値は0.44相当の数値を出しました。

UA値0.44という数値は、北海道の極寒エリアの水準UA値0.46を上回っているので、どれだけ高断熱住宅が建てられるのかわかります。

商品別の断熱性能(UA値)を比較

それぞれの商品別の断熱性能(UA値)を表にしましたのでご覧ください。

商品名UA値
極暖の家0.44相当(極寒の北海道レベル)
LOTUS0.56相当(東北地方レベル)
CREA STYLE0.6相当(ZEH住宅レベル)

上の表を見ると、関東地方では「極暖の家」はオーバースペックに感じるかもしれません。

LOTUSでも東北でも快適に過ごせる断熱性能なので、施工エリアの環境にあった商品を選ぶことで、適正なスペックの家が建てられますよ。

④自然素材にこだわった温かみのある空間

アルネットホームでは、時間の経過とともに味わいが増していく「無垢材」を使用することで、ぬくもりや心地よさを感じることができる住まいで暮らせるのも魅力的ですね。

他にも床には「天然石」、壁材には調湿効果もある珪藻土や漆喰、美しいウェーブ形状の陶器瓦屋根など自然素材を贅沢に使用した家を建てることができます。

自然のぬくもりを感じられる家を建てたい人には、アルネットホームは必見ですよ。

⑤土地探しも相談できる

アルネットホームでは、家を建てるだけではなくお客さまの要望に合った土地探しもしてくれます。

土地は不動産屋で探すのがポピュラーですが、不動産屋では家づくりの知識はないのであなたの理想の家が建てられるかどうかの判断はむずかしくなります。

一方でアルネットホームで土地を探すことは、住宅会社ならではの家づくり計画から客観的にみて、優良な土地を紹介してもらえるので安心して任せることができますよ。

アルネットホームのメリット

次はウィザースホームにはどのようなメリットがあるか紹介します。

  1. 住宅性能表示制度8部門で最高等級の高性能住宅
  2. コストパフォーマンスが高い家が建てられる
  3. 自由設計でこだわりが反映できる

メリットについてもひとつずつ詳しくみてみましょう。

①住宅性能表示制度8部門で最高等級の高性能住宅

住宅性能が優れているってことは安心・安全で快適な家に住めるってことです。

アルネットホームでは地震に強く高断熱で基本性能の高い住宅を追求してます。

その結果、倒壊防止の耐震・損傷防止の耐震・耐風対策・劣化対策・維持管理・空気環境・断熱性能の温熱環境・1次エネルギー消費量の温熱環境の8部門で最高等級を獲得。

住宅の性能が高い家が建てられるのは、安心・安全そして快適に暮らすうえで最大のメリットといえますね。

②コストパフォーマンスが高い家が建てられる

住宅性能が高い家を建てることができるアルネットホームですが、価格は決してそこまで高いわけではありません。

大手ハウスメーカーと比べても見劣りしない住宅性能なのに価格は大手ハウスメーカーより安く建てることができます。

高性能住宅をコスパ良く建てたい方には、大きなメリットのひとつになりますね。

③自由設計でこだわりが反映できる

注文住宅を建てるなら、こだわりが反映できる自由設計にしたいですよね。

アルネットホームは、お客さまの要望を聞き取り、間取りやデザインなどあなたの希望が反映された設計が可能です。

世界にひとつだけのマイホームを建てたられるのは、注文住宅を建てるうえで大きなメリットですね。

アルネットホームのデメリット

気になるハウスメーカーのデメリットを知ることは、家づくりにおいて非常に大切。

なぜなら、予めデメリットを知ることで解決方法が見つかるかもしれないらです。

もしかしたら、あなたにとってはデメリットに感じないかもしれません。

デメリットにもしっかり目を向けて、後悔しないようにしましょう。

  1. 対応エリアが限られてる
  2. 営業マンのレベルに差がある
  3. 職人さんにも差がある

アルネットホームでは上記のようなデメリットがあげられます。

デメリットについてもひとつずつチェックしましょう。

①対応エリアが限られてる

アルネットホームは埼玉県・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県に営業エリアを展開しています。

上記の5県以外の地域では、いくらアルネットホームが気に入っても対応していないので検討すらできません。

非対応地域の人にとってはデメリットといえます。

②営業マンのレベルに差がある

営業マンの質や対応力に差があるのは、どこのハウスメーカーでも言えることです。

アルネットホームでも例外ではなく、知識が乏しかったり失礼な対応の営業マンがいるようですね。

家づくりを成功させるためには、相性の良い営業マンと出会うことも非常に大切です。

営業マンを見極める方法は、複数社の営業マンを比較してみると分かるようになってきます。

家づくりのスタートは土屋ホーム1社に絞らずに、まずは色んな住宅会社を比較検討してみてくださいね。

複数社を比較することで、あなたにピッタリなハウスメーカーと出会えるようになりますよ。

③職人さんにも差がある

アルネットホームの評判を調べると職人さんも技術や意識などに差があるようです。

いくら高性能住宅が建てられると言っても、施工現場の職人さんの腕次第で決まります。

けっきょくは家を建てるのは下請けの工務店になるので、その工務店を良く調べたほうがいいでしょう。

職人さんをこちらで選ぶことはなかなかできないので難しい問題ではありますが、いくつか対策があるのでご紹介します。

  1. 契約前に建設途中の施工現場を見学する
    契約前に施工中の現場が見学してチェックしましょう。
  2. 建設が始まったら現場にこまめに足を運ぶ
    こまめに足を運ぶことで自分自身の目でもチェックして、おかしな所があれば現場監督などに確認しましょう。

【まとめ】アルネットホームがおすすめな人

アルネットホームの坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説‼
アルネットホームがおすすめな人
  • 高断熱住宅を建てたい人
  • コスパ良く高性能住宅を建てたい人
  • 家づくりに積極的に参加できる人

北海道基準の高断熱で地震にも強い高性能住宅を無理のない価格帯で建てたい人におすすめです。

しかし、営業マンや職人さんのレベルには差があるので、しっかりと他社を比較するなど積極的に家づくりに取り組める人が向いてます。

まずは、複数社の住宅プランを比較検討することからはじめてください。

理想の家を建てるためにも、後悔しないよう行動しましょう!

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ