ハウスメーカーの坪単価

アイダ設計の実際の坪単価や特徴・メリット・デメリットを徹底解説!ローコストでシンプルな家が建てられます。

アイダ設計の坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説

大手ハウスメーカーに勤務していた建築士のたぬき親父です。

かつて「555万円の家」で衝撃的な価格で家を提供していたアイダ設計。

今では、価格をハッキリ提示することはありませんが、それでも低価格で注文住宅が建てられると注目を集めています。

そこで今回は、アイダ設計の特徴や坪単価、メリット・デメリットを徹底解説します。

ローコストで家を建てたい!

シンプルで品質の良い家を建てたい!

こんな方には、アイダ設計がピッタリのハウスメーカーかもしれませんよ。

なるべく専門用語などはあまり使わず、誰でもわかりやすくしょうかいしますので、ぜひ参考にしてください。

\家づくり成功のために/
失敗しないハウスメーカーの選び方>>

家づくりを失敗したくない方は必見!!

アイダ設計の特徴

さっそくアイダ設計の特徴を見てみましょう。

アイダ設計の特徴
  1. 低価格で家を建てることができる
  2. シンプル設計で快適な住み心地を提供
  3. 震度7クラスの地震にも耐えられる家
  4. 省エネ・エコ住宅に力を入れている

上記のようなことがアイダ設計の特徴として挙げられますね。

それぞれ詳しく解説します。

①低価格で家を建てることができる

アイダ設計といえば「555万円の家」や「888万円の家」を前面にして、ローコストハウスメーカーとして多くの人が認知していたと思います。

今では、「555万円の家」は発売中止になり、「888万円の家」も存在はしてるものの、あまり前面には出さなくなりました。

今はハッキリした金額を前面にすることなくなりました。

しかし、アイダ設計では一括仕入れや自社プレカット工場を保有することでコストダウンに成功しています。

今でも低価格で注文住宅が建てられると人気のハウスメーカーです。

②シンプル設計で快適な住み心地を提供

出典:https://www.aidagroup.co.jp/

アイダ設計では無駄なものを極力省くことでコスト面もカットされたシンプル設計になります。

品質に関しては、めちゃめちゃ良いとはいえませんが、柱や断熱材などはそれなりに品質の良いのを採用してます。

正直にいうと、家の間取りにこだわりが強い人にはあまりおすすめできません。

しかし、シンプルというのは飽きがくることなく、無駄なものもないので逆に快適性は高まるので決して悪いことではないと個人的に思います。

それほど家にこだわりがなく快適な家を安く建てたい方にはアイダ設計は検討する価値があるハウスメーカーです。

③震度7クラスの地震にも耐えられる家

出典:https://www.aidagroup.co.jp/

アイダ設計は以前から、耐震性能にもこだわりを持って取り組んでいます。

その証拠に、実際に建てたい家で耐震実験を行っていおり、震度7クラスの耐震実験もクリアしていて、確かな耐震性能を確保してますよ。

日本に住んでる限り、「いつ・どこで」大地震が起きるか分かりません。

耐震性能が高い家は、日本で安心して長く暮らすうえで欠かせないですよね。

④省エネ・エコ住宅に力を入れている

出典:https://www.aidagroup.co.jp/

自然エネルギーを取り入れた環境にやさしい家づくりに早くから取り組んでいたのがアイダ設計です。

ZEH住宅にもいち早く対応していて、今に時代に合わせた住宅づくりをしています。

太陽光発電エネルギー蓄電器に貯めて電気を有効活用することで、エコで経済的にも優しい暮らしができますよ。

アイダ設計でZEH住宅が建てられる「ブラボー・ゼネクト」という商品は、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジーににも3年連続で受賞すなど確かな実績もあります。

アイダ設計の実際の坪単価や建築費用

アイダ設計の実際の坪単価は35万~60万円程度です。

高級向け商品やオプション追加によって坪単価65万円を超えるこもあります。

価格帯に幅がありますが、大体が坪単価50万円前後で建ててる人が多いですね。

ここで仮に坪単価50万円で建てた場合のそれぞれの坪数の建築費用は以下のとおりになります。

坪数建築費用
30坪1500万円
40坪2000万円
50坪2500万円
60坪3000万円

このような建築費用になりますが、これは建物本体の価格になります。

実際には住宅ローンや諸費用を含めるとプラス200万~300万円程度は考慮しておきましょう。

しかし、アイダ設計では正直価格をモットーにしてるので、親切にしっかり金額を提示してくれます。

正直に価格を提示してくれるのは、信頼できて安心して家づくり計画が立てられますね。

アイダ設計の商品別の坪単価

商品別のそれぞれの実際の坪単価を調べましたので、見てみましょう。

商品名坪単価概要
ブラーボスタンダード35万~50万円程度コスパ良くシンプル設計の主力商品。
ブラーボコンフォート40万~55万円程度ワンランク上の性能にこだわった住宅。
アイベスト55万~70万円程度アイダ設計の最高ランクの商品。贅沢を感じられる住宅。
ブラーボゼネクト45万~55万円程度ZEH住宅に対応したエコで省エネ住宅。
ブラーボファミリー35万~50万円程度家族が笑顔になれるファミリー向け住宅。
ブラーボスタイル35万~50万円程度外観・キッチン・バスルームなど自分好みにセレクトできる。
楽らくご長寿さん40万~50万円程度高齢者向けの安心安全な平屋住宅。
エコハウス40万円前後太陽光発電付きのオール電化住宅。
セーフティハウス35万~45万円程度耐震性・制震性・耐火性をアップさせた「安心・安全」住宅。

アイダ設計はどれも自由設計で家を建てることができます。

好みの商品を選んだ鰓、理想の間取りを作成してもらうことができるのは嬉しいですよね。

アイダ設計の値引き事情

アイダ設計の値引き事情

家を建てるのは何千万円も支払うことになるので、少しでも値引きできないか考えますよね。

結論から先にいうと、アイダ設計で値引きは厳しいです。

アイダ設計はローコストで正直価格をコンセプトにしてるだけあって、利益ギリギリの価格で家を建ててるため、そもそも値引きできる余地がないと言った方が適切ですね。

しかし、中には値引きに成功した人もいるようなので、どのように値引きに成功したのか紹介します。

アイダ設計で値引きをするコツ

決算期を狙う

競合するハウスメーカーを比較してることを伝える

それでは、詳しく説明します。

決算期を狙う

どこのハウスメーカーでも同様に営業マンにはノルマがあるので、決算期になると値引きに応じることもあるようです。

アイダ設計の決算月は3月と半期決算月は9月なので、この1か月前に値引き交渉すると成功する可能性が高くなりますよ。

競合するハウスメーカーを比較してることを伝える

家を購入するときは基本的に他のハウスメーカーを比較することは必須です。

アイダ設計と競合するローコストハウスメーカーと比較していることを営業マンに伝えることで値引き交渉が有利になることがあります。

なぜなら他社と契約されるよりは、少し値引きしても契約を取りたい営業マンの心理が働くからです。

競合するハウスメーカー

たとえ値引きはできなくても、他社と競合させることでオプションがサービスされたりも結構あるので複数社を比較しない手はないですよ。

少しでも安く建てたいなら、複数社の見積もりを取り比較検討しましょう。

アイダ設計のメリット

アイダ設計は以下の4つのメリットがありますので、ご紹介します。

アイダ設計のメリット

  1. ローコストで自由設計の注文住宅が建てられる
  2. 狭小地でも建てられる
  3. 第三者機関による施工品質をチェックしている
  4. 正直価格で分かりやすい

このようなメリットが挙げられますので、それぞれ詳しく見てみましょう。

①ローコストで自由設計の注文住宅が建てられる

ローコスト系ハウスメーカーだと規格住宅が多く、自由に設計することは叶わないのがほとんどです。

対してアイダ設計では社内に設計部署を設けて、お客さまの要望を聞きとり、間取りを設計することを可能にしてます。

お客さまの理想の間取りに対してプロが提案もしてくれるので、理想の快適な家づくりをしてくれるのはメリットではないでしょうか。

しかし、アイダ設計が提案してくる間取りは無難なので斬新なアイディアを期待することは難しいですね。

でも無難というのは、今のニーズに合った快適な家づくりをしているとも言えるので、決して悪いわけではありません。

むしろ斬新すぎるアイディアが詰まった家というのは、カッコ良くて憧れるかもしれませんが、快適性には欠ける家が多いです。

「お洒落は我慢」と同じでカッコイイ家もどこか我慢を強いられることが多いんですよね。

シンプルで快適なマイホームを低価格で建てたい人は、アイダ設計で理想の家が建てられる可能性は高いですよ。

②狭小地でも建てられる

都市部の限られたスペースしかない土地だと断る住宅会社も多いですが、アイダ設計では狭小地でも設計可能です。

昔から狭小地でもアイダ設計では、建設してきた実績がありますので、知識と経験値が豊富にあります。

狭小地だからといって、料金が高くなるようなこともないので安心してお任せすることができますよ。

狭小地がゆえに、他の住宅会社で断られたとしても、アイダ設計で夢のマイホームが建てることができます。

③第三者機関による施工品質をチェックしている

アイダ設計では自社チェックだけではなく、第三者機関に施工品質チェックを実施してクリアした後に引き渡しをします。

全6回の100項目の品質チェックを行ってから、引き渡されるので欠陥住宅のリスクを回避でできるのは安心て任せられますよね。

第三者機関のチェックがないと、どこかで誤魔化す可能性があるため、自ら頻繁に建設現場に足を運んで様子をうかがう必要性がでてきます。

社外の人間の検査が入ることがわかっていれば、大工さんも自然と丁寧に仕上げようと意識が働くのでメリットは大きいですね。

しかし、いくら第三者機関の検査があるからって任せきりにするのもよくありません。

たまに建設現場に足を運んで、自分の目で確かめたり大工さんとコミュニケーションを取りながら状況を把握するようにしましょう。

理想のマイホームを失敗しないためにも、施工現場を自分の目で確かめることは大切ですよ。

④正直価格で分かりやすい

住宅業界は不透明な見積もりを出されることが良くあります。

素人が見積書を見ても、どこにどれだけのお金が使われてるのかよく分からないようにしてる一部の住宅会社もあるのが残念ながら事実です。

しかし、アイダ設計では「正直価格」をモットーにわかりやすい価格で提示してくれます。

分かりにくい価格設定もなく、疑問に思ったことを営業マンに聞けばしっかり説明もしてくれので費用面で心配になることはありません。

建築費用を正直に提示してくれるのは、お客さまに対して誠実に向き合っていると言えますね。

誠実に向き合えるハウスメーカーと出会うことが、家づくりの成功の秘訣でもあります。

1社だけの話をうのみにするのではなく、複数社に相談や見積もりを取り比較してください。

複数社を比較検討することで、あなたに誠実な住宅会社が分かるようになります。

アイダ設計のデメリット

メリットを知ったらアイダ設計のデメリットにも目を向けてみましょう。

なぜなら、アイダ設計のデメリットはあなたにとっては、そこまでマイナスではないこともあるからです。

デメリットがあまり気にならない程度なら、アイダ設計で納得できる家づくりができる可能性は上がりますよ。

アイダ設計のデメリットは以下の3つが挙げられます。

アイダ設計のデメリット

  1. オプションの価格が高い
  2. 個性的な家にできない
  3. アフターサポートはあまり期待できない

それでは、デメリットについてもそれぞれ詳しく説明します。

①オプションの価格が高い

標準仕様の設備を大量仕入れすることによりコストダウンに成功しているアイダ設計では、設備のグレードアップや他社の設備に変更すると価格は跳ね上がります。

設備にこだわりたい方には、オプション料金が高いのはデメリットになるので、アイダ設計はあまりおすすめできません。

設備にあまりこだわりがなく、アイダ設計の標準設備で満足できる方なら特にデメリットでもないですね。

②個性的な家にできない

アイダ設計が提案してくる間取りプランは、建売住宅のようなオーソドックスなどこかで見たことあるようなプランが目立ちます。

設備や部材も大量仕入れのため、外観なども含め個性を出したい人にはアイダ設計は向いてないです。

しかし、そこそこ充実した商品ラインナップがありますので、気に入った商品があれば検討する価値はあると思います。

シンプルで飽きのこない家が建てられますよ。

③アフターサポートはあまり期待できない

アイダ設計では最長35年の長期保証や定期点検をおこなってはいますが、他のハウスメーカーと比べてしまうと、頻度は少なめです。

実際にアイダ設計で建てた人の声を見ると、完成引き渡し後にアイダ設計からまったく連絡がこないようなこともあるようです。

アフターサポートに関しては支店によって対応が変わってくるようなのであなた自身で判断する必要があります。

お近くのアイダ設計のお店に足を運び、コミュニケーションを取りながら判断するしかないですね。

営業マンの良し悪しを判断するには、他の住宅会社と比較するようにしましょう。

複数社を比較することで、どこの住宅会社が一番誠実な対応か分かるようになります。

対応が誠実な住宅会社なら、アフターサポートもしっかり取り組んでることが多いので、しっかり見極めたいポイントですね。

【まとめ】アイダ設計の注文住宅がおすすめな人

アイダ設計の坪単価や特徴、メリット・デメリットを徹底解説

ここまでアイダ設計の特徴や価格、メリット・デメリットを解説させていただきました。

最後にアイダ設計がおすすめな人を紹介します。

アイダ設計がおすすめな人
  • 低予算で注文住宅を建てたい人
  • それなりに品質の良い家を建てたい人
  • シンプルで飽きのこない家を建てたい人

とにかく低予算で注文住宅を建てたい方にアイダ設計はおすすめですね。

それほどこだわりがなく、それなりに良い品質でシンプルな家を建てたいならアイダ設計がピッタリかもしれませんよ。

アイダ設計と競合するハウスメーカーの間取りプランや価格帯を比較してみて、あなたの理想の住宅会社を見つけましょう。

競合するハウスメーカー

ハウスメーカー複数社を比較することで、一番安く理想のマイホームを建ててくれるか分かるようになりますよ。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

無料で複数社の住宅プランを申し込みはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ