注文住宅の相場や費用

1000万円以下で注文住宅を建てる前に知っておきたい3つのコツを解説します。

新築を1000万円以下で建てる方法

大手ハウスメーカーで設計士として働いていた、たぬき親父です。

「なるべく費用を抑えて家を建てたい!」

「1000万円以下で家は建てられないの?」

住宅会社にいたころは、このような相談をよく受けることがありました。

良い家を少しでも安く建てられるなら、それに越したことはないですよね。

私も家だけじゃなく、スーパーの特売などあればつい食いついちゃう人間で、とにかくお得なモノに目がありません(笑)

少し脱線してしまったので話をもどしましょう。

家って「安かろう悪かろう」のイメージが強くて、安く建てることに抵抗を感じませんか?

それが1000万円以下で建てるとなると、なおさら不安は大きくなりますよね。

結論から先にいうと、工夫次第で1000万円以下でも快適な暮らしができる家を建てることができます。

1000万円以下で家を建てる時に気をつけたいこと

1000万円以下で家を建てるコツ

本文を読むことでこのような情報が手に入ります。

1000万円以下にこだわらずとも、家を少しでも安く建てたいかたには必見ですので、ぜひこのまま読み進めてくださいね。

1000万円以下で家を建てるときの注意点

1000万円以下で家を建てる時の注意点ローコストで1000万円の家を建てるにあたって、いくつか注意したいことがあります。

まずは家を建てる前に注意点をしっかり確認して、失敗のリスクを潰していきましょう。

それでは、さっそく5つの注意点があるので確認してください。

ローコスト住宅を建てる時の注意点

  1. 坪単価通りに家は建てられない
  2. 土地によって建築費用は変わる
  3. 建物以外にも諸経費が必要
  4. 施工会社によって建物の品質が変わってくる
  5. 極端な値引き交渉はしないようにする

上記であげたことはローコストにかぎらず、家を建てるさいには気をつけて欲しいことです。

それでは、順番に説明しますね。

①坪単価通りに家は建てられない

家を建てる時に住宅会社が出す坪単価を参考にして、予算を決めたりすると思います。

ローコスト系のハウスメーカーなどで良く「坪単価25万円~」なんてのを見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、この坪単価通りには家を建てられることは、ほぼありません。

なぜなら、坪単価の出しかたは法律でルールが決められたものではなく、住宅会社が独自の計算方法で打ち出してるからです。

たとえ同じ坪単価40万円だとしても、各社で計算方法が違うため、最終見積もりは全く違ってきます。

正確な費用をだすには、実際に住宅会社から見積もりを依頼して、価格を検討しましょう。

②土地によって建築費用は変わる

土地を持っていない場合は、土地選びからスタートすることになりますよね。

土地代は場所にもよりますが、1000万円以上の買い物になります。

そこで土地購入代を抑えれば、家の総額は抑えることができるので少しでも安く住む土地を検討してみましょう。

そして土地は地盤によっても、建築費用は変わってくるんです。

軟弱地盤のばあいだと、杭を打たないといけないので、その分の費用は当然かかります。

杭を打つだけでも100万円単位で金額が変わるので、決してバカにできません。

なので杭を打たなくても良い地盤の土地にすることが、費用を安くするコツにもなります。

ただ、地盤調査は土地を購入してからになるので、博打みたいなものになってしまいます。

なので事前にご近所さんの家が杭を打ってるかどうか不動産に聞いてみるなどして、調べたほうが良いでしょう。

③建物以外にも諸経費が必要

家を建てるには、住宅本体や土地代以外にも諸経費が色々と必要なので予算を考えるうえで忘れないようにしましょう。

建物が1000万円だ収まっても、諸経費を含めるとそれ以上になってしまいます。

主な諸費用

仲介手数料
印紙税
登記にかかる費用
住宅ローン費用
登録免許税
不動産摂取税
引っ越し費用
家具・家電費用(エアコン・カーテン・照明器具など)
仮住まい費用(建て替えの場合必要になる費用)

上記のような諸経費が必要ですので、事前に確認しておきましょう。

諸経費はだいたい土地、建物に対して8%~10%程度を目安にすると良いですよ。

そして諸経費は基本的には住宅ローンの対象外になります。

諸経費も住宅ローンがあるにはあるのですが、通常の住宅ローンより金利は高くなってしまうんです。

なので、諸経費分は事前に準備することがおすすめですね。

土地、建物の総額が2500万円だとしたら、200万~250万円の諸経費は用意しておきましょう。

④施工会社によって建物の品質が変わってくる

ハウスメーカーや工務店によって同じ1000万円の家でも、品質は違ってきます。

なぜなら、1000万円の費用のうち、建物本体にかける金額がそれぞれの住宅会社によって変わってくるからです。

例えば大手ハウスメーカー8社が公表している、費用に対しての内訳がありましたのでご覧ください。

建築工事費の内訳割り合い(%)建築費用2000万円の場合
実質工事価格57%1140万円
下請けマージン21%420万円
営業経費5%100万円
研究開発費5%100万円
モデルハウス3%60万円
広告宣伝費2%40万円
その他会社運営費7%140万円

※大手ハウスメーカー決算資料

大手ハウスメーカーに依頼した場合は、広告費や下請けマージンなど様々な経費が必要になり、費用もその分高くなります。

つまり、1000万円の家なら570万円が実質の建築費用に使われることになるんですね。

地元密着型の工務店だとこれらの費用はかからないので、その分、品質の高い部材や設備にお金をかけることが可能になります。

「じゃ工務店の方が断然良いな!」と思うかもしれませんが、そこはそれぞれメリット・デメリットがあるんで、なんとも言えないですね。

例えば大手ハウスメーカーは一括大量仕入れをすることで、仕入れ代を抑えて安く家を建てることに成功してる会社もあります。

ハウスメーカー、工務店の特徴をそれぞれ比較してみて、どちらが良いか検討しましょう。

⑤極端な値引き交渉はしないようにする

どうにか1000万円以下に抑えたくて、強引に値引きを迫ると欠陥住宅が建ってしまう危険性があるのでやめましょう。

ローコストを売りにしている住宅会社では、金額面ではギリギリの価格で売りにしているので値引きをできる隙間がありません。

それを無理に値引きしてしまうと、材木の品質を落としたり、工事期間を短くして人件費をカットするしか手がなくなってしまいます。

結果、品質の悪い材木で工事期間も短いと大工さんも急いでやる事になるので、雑になってしまうのはイメージできますよね。

無理に値引きを交渉をするのではなく、オプションを付けてもらうなどのサービスにシフトチェンジすると良いですよ。

1000万円台で注文住宅を建てる3つのコツ

1000万円以下で家を建てる3つのコツ1000万円以下で家を建てる時の注意点を確認したら、いよいよコツを紹介しましょう。

注意点はめちゃ大切なので、コツを読む前に先にチェックしてくださいね。

せっかく新築で建てるんだから、後悔しない良い家を建てたいですよね。

間違っても、欠陥住宅だけは建てたくないと思います。

なのでここでは、1000万円以下でも快適な家を建てることを前提に紹介しますね。

これから紹介するコツを当てはめていけば、スムーズに家づくり計画が進みますよ。

本当に必要な設備にだけお金をかける

まず最初に本当にあなたのご家族が必要な設備を考えてください。

住んでから一度も使わない設備にお金をかけるより、奥さんが毎日使うキッチンなどにお金を使うようにしましょう。

とくに外観にこだわってお金を掛けても、快適性はあがりません。

快適に暮らせるためには、どこにお金を使うか考えて計画すると、無駄がない理想の家を建てることができますよ。

外観はシンプルにする

外観をシンプルにすることで、費用を安く抑えることができます。

こだわった造りで複雑な形状にするよりもシンプルにする方が材料費が安くなり、手間もかからないので人件費も抑えることができるからです。

出典:太田建設

例えばうえの家のように屋根の形状をシンプルにしたり、総2階建てのシンプルな四角い箱の形にすると安く抑えることができますよ。

こだわりがあまりないければ、シンプルな外観にすることで費用をグッと抑えましょう。

大手ハウスメーカーは避けよう

ローコストで家を建てるなら、大手ハウスメーカーを避けましょう。

注意点でもお話したように、大手ハウスメーカーに依頼すると、家には関係ない様々な経費が発生するからです。

ローコストで建てるなら、大手ハウスメーカーよりも地元工務店に依頼したほうが、余計な経費が発生しないので、家本体にお金を掛けることができます。

それかタマホームなどのローコスト系ハウスメーカーに相談してみるのも手ですね。

坪単価50万円以下で建てられそうなハウスメーカーにまずは見積もりを作成してもらいましょう。

【超重要】1000万円以下で家を建てるなら住宅会社選びも大切

1000円以下で建てる3つのコツと同じかそれ以上に住宅会社選びが超重要になってきます。

なぜなら、住宅会社選びに失敗する=家づくり失敗と同等だからです。

家を実際に建てるのは住宅会社であなたではないので、住宅会社の人間の能力やあなたとの相性の良し悪しでも、家づくりに影響します。

そこで、住宅会社選びに失敗しない方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

【住宅会社選びに失敗しない方法】複数社を比較検討することで理想の住宅会社と出会える

家づくりのスタートは1社だけに絞るのではなく、まずは複数社にあなたの希望を伝えて住宅プランをだしてもらいましょう。

見積もりや間取り図などを作成してもらうことで、どこがあなたにとって一番良いのか比較検討することができるようになるんですよね。

さらに同じ条件にも関わらず住宅会社によって金額も全然変わってくるので、どこが一番安く建てられるのかも一目瞭然。

A社1200万円
B社1000万円
C社900万円

上記はあくまで例えですが、このようにA社よりもC社の方が300万円も安く建てられるようなことは実際にも結構あることです。

逆に1社だけに絞ってしまうと、それが本当に理想の家なのか比較する材料がないので判断するのが難しくなってしまいます。

難しいってよりは、もはや己の感に頼ってギャンブルで家を建てるようなものです、、、。

少しでも安く納得できる家を建てたいなら、まずは複数社の住宅プランを集めることから始めましょう。。

【おすすめ】複数社の住宅プランはネットで無料一括オーダーするのが便利

実際に複数社に住宅プランを作成してもらうとなると、1社1社に問い合わせしたり足を運んだりするのはかなりの時間を費やすことになります。

最初は意気込んで複数社に足を運ぼうと思っても、いざやってみると途中で面倒くさくてやめてしまう人がおおいんですよね。

そして結局、1社だけにしてしまい家づくりに失敗した人が後を絶たないのが現実です。

そこでおすすめの方法は、ネットで複数社の住宅プランを一括申し込みできるタウンライフというサイトを利用することです。

複数社の間取り図、見積もり・住宅プラン・土地情報などが全てもらえるので、家づくりに役立つアイテムがゲットできるのも利用する価値があります。

しかもこれらが全て無料でもらえるんだから利用しない手はないですよ。

スマホで予算や希望の間取りなどを入力して申し込むだけなのでかんたんです。

早い人では、3分もあれば本当に申し込み完了するのであっという間に完了します。

毎月5000人以上が利用していて、家づくりのスタートでタウンライフを使うことは今やスタンダードですよ。

お金は一切掛からないので、やらないで後悔するより、まずは行動しましょう!

 

タウンライフ公式サイトはこちら>>

まとめ

新築を1000万円以下で建てる方法

1000万円以下に費用をおさえるなら、シンプルな外観にして本当に必要な設備がなにかを家族で話し合って決めましょう。

お金を掛ける部分と使わない部分のメリハリをつけると、ローコストでも納得のできる良い家が建てられます。

そして無理な値引き交渉はしないでください。

材木の品質を下げられたり、手抜き工事をされて欠陥住宅を建ててしまってはせっかくの家が台無しですよね。

そしてまずは、1000万円以下の家を実現させるために、住宅会社や住宅プランをじっくり比較検討してみてください。

あなたの理想の家を建ててくれる、ピッタリな住宅会社と出会えるようになりますよ。