住宅ローンについて

住宅ローンの年収負担率は20%以下に抑えて、生活に支障が出ないようにしよう

住宅ローンの借入れは、なにを基準にしてどの位まで借入れしたら良いか悩んでいませんか?

住宅ローンを金融機関から借入れする場合に、よく年収負担率という言葉を耳にします。

フクネコ
フクネコ
年収負担率?ってなに?
たぬき親父
たぬき親父
かんたんに説明すると、年収負担率とは年収に占める住宅ローン返済額の割合のことだよ。

この記事では住宅ローンの借入額を年収負担率から、どのくらいまで借り入れても支障なく生活ができるか考えてみました。

結論からさきに言うと、住宅ローンの借入れは、年収負担率20%以下に抑えれば支障をきたすことなく生活できるのではないかと思います。

それでは、なぜ20%以下に抑えたほうが良いのか、ひとつひとつ説明しましょう。

住宅ローンの借入れは年収負担率は20%以下にしよう

年収負担率が20%以上を超えてしまうと、生活に支障をきたす恐れがあります。

それは年収負担率を高く設定してしまい、住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、せっかく建てた家を手放すことになるかもしれません。

しかも家を売っても、まだ住宅ローンは残っているなんて最悪な状況も考えられるのです。

住宅ローンの借入れは、それぞれ金融機関により異なりますが、一般的に審査基準は、年収負担率30%~35%以下くらいになります。

例えば、年収が500万円で年収負担率が35%だと、「500万円×35%」=175万円が年間返済額の上限になります。

さらに175万円を12ヶ月で割ると、「175万円÷12ヶ月」=145,833円が月々の上限返済額になります。

ただ、年収負担率35%まで借りれるからといって、上限ギリギリまで借りてしまうのは危険です。

なぜ危険なのかと言えば、さきほど挙げた年収500万円という数字は所得税や住民税、健康保険料や年金など使えないお金までも含まれて計算しているからです。

年収500万円の実質の手取りは、395万円くらいになります。

ってことは年間175万円も住宅ローンに当ててしまうと、残りは220万円となり、1ヶ月の生活費が18.3万円でやり繰りしなければなりません。

フクネコ
フクネコ
う~ん家族がいる場合は18万円で生活は厳しいなぁ。生活できたとしても何かあった時に貯金が全くないのも怖いし、、、。

もし家族に小さなお子さんが居るなら、将来のことを考えると住宅ローンで生活費を圧迫させるのはリスクが高くなってしまいます。

年収負担率は物件価格と年収から計算して出そう!!

フクネコ
フクネコ
年収負担率ってどうやって出すの?
たぬき親父
たぬき親父
それじゃ計算のやり方を教えるから、参考にしてみてね!

それでは実際に年収負担率がどの位になるのか、計算してみましょう。

以下にまとめてみましたので、計算式にひとつひとつ当てはめてみてください。

年収負担率を出すために、まずは月返済額を計算しよう!

月返済額は下図の方法で計算できます。

※100万円の返済額は下表を参考にして当てはめてみてください。

◆100万円借りた場合の、月々の返済額早見表

20年25年30年35年
0.50%4379円3546円2991円2595円
1.00%4598円3768円3216円2822円
1.50%4825円3999円3451円3061円
1.75%4941円4117円3572円3185円
2.00%5058円4238円3696円3312円
2.25%5178円4361円3822円3442円
2.50%5299円4486円3951円3574円

例えば、住宅ローンの借り入れ額2000万円を返済期間30年で金利1.00%で借りたとすると以下のように月返済額が計算できます。

2000÷100×3216=64320円

月返済額はこのように計算することができますので、物件価格が決まったら計算してみてください。

たぬき親父
たぬき親父
2000万円は20,000,000で計算しないで「2000」で計算しよう!

月返済額を出したら次は年収負担率を出してみよう!

年収負担率の計算方法は、下図の方法で計算してみてください。

継続費用とは、一定額の固定資産税や修繕費用など、継続的に掛かる費用のことです。

継続費用は購入した物件の程度にもよりますが、多く見積もって20万円程度を目安に考えておきましょう。

この継続費用も返済額に加えて計算するようにしてください。

それでは先ほど計算した、月返済額が64320円で継続費用が20万円、年収500万円だと、どのように年収負担率が出るか計算してみよう。

64320円=(77.184万円+20万円)÷500万円×100=19.4368%

収負担率が約19.5%になりましたね。

これなら20%以下に収まり、無理なく返済していける額になります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

年収負担率の計算は、上記であげた計算方法で簡単に出せるので、ぜひあなたの状況に合わせて計算してみてください。

◆年収負担率は20%以下に抑えよう!まとめ◆

借入れ額が決まったら、月返済額を出す

月返済額から、年収負担率を出す

年収負担率は生活に支障が出ないように20%以下に抑える

 

フクネコ
フクネコ
よし!さっそく計算してみるぞ!
たぬき親父
たぬき親父
うん!まずは予定借入れ額が、年収負担率が20%以下になるか計算してみてね!

金融機関などの住宅ローンのプロの方は、年収負担率だけを目安にするのは危険だとも言っています。

しかし、複雑な計算に小難しい条件を、素人の私たちが全て考慮して導きだすのはかなり厳しいですよね。

正直、私は途中で嫌になる自信があります(笑)

なのでまずは、住宅ローンの借入れ額は、生活に支障が出ない20%以下を目安にして、そこからスタートしてみるのが良いと思います。

年収負担率20%以下で住宅ローンの借入れ額が分ったら、次は金利プランを決めましょう。

住宅ローンの金利は、全期間固定金利型、変動金利型、固定金利選択型の3タイプに分けることができます。

金利プランについて詳しくは、こちらを参考にしてみてください。

複数社を比較して理想の家をお得に建てよう!

対人打ち合わせに入る前に、複数社の住宅プランや見積もりを取り比較しましょう。

なぜなら、打ち合わせに入る前に色々な住宅会社の強みや価格を知ることで、あなたの理想の家の費用や形が見えてきます。

営業マンの話しを最初から聞きに行くのは、ハッキリ言ってムダな時間。

ネットからサクッと複数社の資料を一括オーダーしましょう。

タウンライフで無料一括オーダーはこちら>

スマホから無料申し込みするだけで、家づくり役立つものが沢山手に入ります。

間取りプラン

資金計画書

土地探し

一つ一つ住宅展示場に足を運んで、営業マンと話を聞いたり資料をもらったりするのは時間の無駄使い。

ネットから資料をまとめて一括オーダーして、自宅でじっくり比較検討しましょう。

これが今の時代の家づくりです。

使えるものは使って、より良い家をお得に建てましょう。

タウンライフ家づくり

家づくりを成功させるためには、理想を叶えてくれる住宅会社と出会うことで決まります。

複数社の資料を無料一括オーダーして、比較検討することで理想の家を建てましょう!

詳細ページ公式ページ