家のリフォーム

家のリフォームの費用や価格は?【予算の決め方と施工会社の選び方】

フクネコ
フクネコ
家のリフォームを考えてるんだけど、どこを直したら良いのか、費用はいくら位なんだ?
たぬき親父
たぬき親父
それじゃ今からり家のリフォームについて説明するね!

家のリフォームは、築年数延べ床面積などによって、直すヶ所や費用は大きく変わってきます。

つまり、家1件それぞれに条件が変わり、それらを考えてリフォーム計画が始まるのが、家のリフォーム。

新築を建てる時とは違い、「この位の家で予算はいくら位です!」と答えられないのが、リフォーム工事金額の難しいところですね。

しかし、私が現役時代、リフォーム部門で多数の家をリフォームしてきた経験から、家のリフォームをした方が良いヶ所や費用が、ある程度はわかることがあります。

以下の2点から、家のどこをリフォームしたら良いか判断できます。

自分の年代(30代・40代・50代)からリフォームした方が良いヶ所を判断

家の築年数からリフォームするべきヶ所をピックアップ

そこで、今回はあなたの年代別家の築年別で、家のリフォームするべきヶ所や費用がいくら位かかるのか紹介します。

そして、リフォームを少しでも安くする方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

年代別リフォームの成功のしかた!【30代・40代・50代】

リフォームは年代別で考えると、ある程度リフォームした方が良いヶ所が分かります。

これはあくまで建築業界40年の私の経験則からなので、必ず当てはまることではないと思います。

ただ、今までほとんどの方が年代別で考えた結果、リフォームをして満足しているのも事実ですので、参考にしてみてください。

30代のリフォーム計画

あなたが30代の場合だと、ご両親が建てた家をリフォームしようと検討しているのではないでしょうか。

ご両親が建てた家となると、築30年~40年くらいだと思います。

築30年以上の場合は、全面まるごとリフォームがおすすめ。

なぜなら、一部リフォームだけしてしまうと、築年数が古い家の場合は、またどこかリフォーム工事をする必要が出てくるからです。

たぬき親父
たぬき親父
全面まるごとリフォーム工事は、主に以下のヶ所を工事するよ!
◆全面まるごとリフォーム工事ヶ所◆

外部まわり(外壁、屋根全て)、間取りを直す

各部屋床、壁、天井の仕上げ、出入り口ドア交換など

給排水や給油配管などの、水まわり全ての新規交換

 

全面まるごとリフォームの予算は、家の総床面積で変わります。

参考までに、床面積35坪~40坪の場合で1500万~2000万円くらいになりますね。

全面まるごとリフォームをすれば、今後30年は住み続けることができるので、ぜひ検討してみてください!

さらに、ご両親の家をリフォームを検討しているのは、同居も検討していることが多いです。

その場合、候補にあがるのが二世帯住宅ではないでしょうか。

二世帯住宅も全面まるごとリフォームなら可能ですので、建て替える前にリフォームも、検討する価値はありますよ。

 

二世帯住宅の計画をしている場合は、こちらで詳しく紹介してますので、参考にしてみてください。

40代のリフォーム計画

40代が考えるリフォームは、あなたが若い時に建てた家と、親の家をリフォームする場合の2つのことが考えられます。

たぬき親父
たぬき親父
親の家をリフォームする場合は、30代の場合と同じになりますので、30代のリフォーム計画を参考にしてね!

ここでは、あなた自身が若い時に建てた、家のリフォームを考えてみたいと思います。

あなた自身が建てた家の場合は、築年数15年~20年未満くらいではないでしょうか?

その場合だと、住宅ローンが残ってることもあり、リフォームする費用と合わせて考えていかなければなりませんね。

残っている住宅ローンも考慮して、リフォームのためにいくら借入れできるのか、自己資金はいくら用意できるのかで、リフォーム工事金額も決まります。

正確には、決まったリフォーム工事金額で、どこまでリフォームできるかが決まと言えるでしょう。

しかし、家の築年数は20年未満だと思うので、建物としてはまだまだしっかりしてます!

なので、そこまで大きなリフォーム工事はしなくて大丈夫!

築20年未満の家は、部分リフォームで済むことが多いので、工事金額もそんな大きくことはりません。

50代のリフォーム計画

50代が考えるリフォーム計画は、家の築年数も25年以上の場合が多く、大幅なリフォームが必要だと思われます。

築25年以上の場合は、数年後にまたリフォームするようなことがないように、全面まるごとリフォームがおすすめ。

つまり、あなたにとって最後の家づくりになると思います。

まるごと全面リフォームとなると、30代のリフォーム計画と同じになります。

リフォーム費用は、総床面積35坪~40坪で1500万~2000万円くらいですね。

しかし、50代の場合だと、家族構成なども変わっているのではないでしょうか?

お子さんと同居を考えた2世帯住宅も視野に入り、そうなると増築を検討する必要があり、そのぶん費用も高くなります。

どこをリフォームするかの最終決定はプロに相談しよう

たぬき親父
たぬき親父
ここまで年代別で家のリフォームを検討してみましたが、必ずこれに当てはまる訳ではないよ!

家のリフォームはあなたの家の状態により、リフォーム工事の規模は変わるのは当然ですよね。

なので、まずはプロに相談するのがベストになります。

リフォームする施工会社に相談するのが一番ですが、実際にリフォームするのはまだちょっと先で相談しにくいこともありますよね。

ちょっと相談しにくいなと思ったら、私も建築士として数々のリフォームに携わってきましたので、メールしていただければお答えします。

お問合せからお待ちしてますので、ご気楽にご相談ください。

お問い合わせ 当サイトへアクセスいただきありがとうございます。 当サイトへのご質問やご要望など、住宅に関することなら何でもご相談をお受け...

築年数別でリフォーム予算がどれくらいか考えてみよう!

次は家の築年数で、どこまでリフォームする必要があるのか、そして費用がある程わかってきます。

築年数別で、リフォームが必要なヶ所と、それに掛かる費用を表にしましたので、あなたの家の築年数と照らし合わせながら、参考にしてください。

築年数別リフォーム費用の内訳

ここでの費用に関しては、30坪一戸建ての住宅で想定しています。

築5・10・15・20・25年にそれぞれ別けて、リフォームするべきヶ所を表にまとめましたので、あなたの家の築年数と照らしあわせてみてください。

もちろん、費用は各施工会社によって変わってきますので、目安として参考程度にご覧ください。

築年数別表のみかた

青文字必要なことが多い内容(必要工事)

緑文字希望が多くある内容(推奨工事)

赤文字必要工事+推奨工事合計金額

【築5年の場合】

工事名称金額
クリーニング代(必要工事)70,000円
畳表替え(推奨工事)42,000円
総合計金額112,000円

 

【築10年の場合】

工事名称金額
クリーニング代(必要工事)70,000円
畳表替え(必要工事)42,000円
ビニールクロス張り替え(推奨工事)550,000円
外壁補修(推奨工事)810,000円
屋根補修(推奨工事)50,000円
必要工事合計金額112,000円
総合計金額1,410,000円

 

【築15年の場合】

工事名称金額
クリーニング代(必要工事)70,000円
畳表替え(必要工事)42,000円
ビニールクロス張り替え(必要工事)550,000円
外壁補修(必要工事)810,000円
屋根補修(必要工事)50,000円
温水洗浄便座交換(必要工事)60,000円
ユニットバス交換(推奨工事)900,000円
給湯機交換(推奨工事)230,000円
洗面化粧台交換(推奨工事)150,000円
必要工事合計金額1,782,000円
総合計金額3,062,000円

 

【築20年の場合】

工事名称金額
クリーニング代(必要工事)70,000円
畳表替え(必要工事)42,000円
ビニールクロス張り替え(必要工事)550,000円
外壁補修(必要工事)810,000円
屋根補修(必要工事)50,000円
温水洗浄便座交換(必要工事)60,000円
ユニットバス交換(必要工事)900,000円
給湯機交換(必要工事)230,000円
洗面化粧台交換(必要工事)150,000円
キッチン交換(推奨工事)650,000円
トイレ本体交換(推奨工事)120,000円
フローリング工事(推奨工事)450,000円
必要工事合計金額3,062,000円
総合計金額4,282,000円

 

【築25年の場合】

工事名称金額
クリーニング代(必要工事)70,000円
畳表替え(必要工事)42,000円
ビニールクロス張り替え(必要工事)550,000円
外壁補修(必要工事)810,000円
屋根補修(必要工事)50,000円
温水洗浄便座交換(必要工事)60,000円
ユニットバス交換(必要工事)900,000円
給湯機交換(必要工事)230,000円
洗面化粧台交換(必要工事)150,000円
キッチン交換(必要工事)650,000円
トイレ本体交換(必要工事)120,000円
フローリング工事(必要工事)450,000円
間取り変更工事(推奨工事)※11,000,000円
必要工事合計金額4,282,000円
総合計金額5,282,000円

 ※1:2部屋を1部屋に間取り変更した場合の金額

フクネコ
フクネコ
築年数が古いほど、リフォームするヶ所も多くなり費用も高くなるんだなぁ。
たぬき親父
たぬき親父
これはあくまで一例だけど、基本的にはフクネコ君の言うとおりだね。

この表の外壁、屋根のリフォーム工事は塗装を想定した金額ですが、築25年以上になると、外壁材のモルタンが浮いていたり、屋根材の鉄板がサビているなどダメになってきます。

その場合は、外壁を新規ではり直し、屋根の葺き直しが必要。

値段としては、30坪の家で外壁が外壁サイディング変更で140万円、屋根で金属屋根の重ね葺き工事で55万円くらいの費用になります。

このように、あなたの家の状態によって、修繕費は大きく変わってきます。

たぬき親父
たぬき親父
リフォームは施工会社とよく相談して計画的に進めていこう!

リフォーム費用は建築代金以外にも諸費用も考えよう!

家のリフォームの費用は建築代金ばかりに注目されがちですが、つい忘れがちになるのが諸費用なんです。

たとえば、全面まるごとリフォームの場合だと仮住まいに住むことになり、それにかかる家賃や引っ越し費用が必要になります。

他にも家を新しくしたことにより、家具も取り替えたりしますよね。

なので、家のリフォームをする時は、諸費用もしっかり考慮して、計画づくりをしましょう。

家のリフォーム費用は、建築代金+諸費用=リフォーム工事代金

このことを忘れずにしましょう。

建築費以外の諸費用があるかは、こちらにくわしく紹介してますので、参考にどうぞ。

まとめ

年代別と築年数別で家のリフォームを考えてみましたが、もちろんこれが誰にでも当てはまることではありません。

あなたの家のリフォーム計画は、リフォームする施工会社に相談するのがベストです。

よりハッキリと、どのようにリフォームするべきか分かるようになります。

あなたの家の状況を伝えて、プロの意見を聞くことから家のリフォームはスタートします。

ただ、相談する施工会社をどこにしようか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、まずは複数社のリフォームプランを集めることです。

沢山のプランを集めて比較してみることで、あなたにとって理想のリフォームの仕方が見つかるようになります。

そして見積書も出してもらうことで、どこが一番安くリフォームしてくれるかも簡単に分かりますよ。

複数社を比較することは、損することなく納得できるリフォームができるのです。

ただ、工務店やハウスメーカーに、一社一社に地道に問い合せして、リフォームプランを集めるのは一苦労だと思います。

そもそもリフォームをしてくれる施工会社が、どこなのか探すのも大変ではないでしょうか?

しかし、わざわざ施工会社を調べる必要もないし、一社一社に問い合わせる必要はないんです。

それは、タウンライフというリフォームプランを、一括オーダーできる便利なサイトがあるからです。

無料で5分もあれば、まとめて複数社のリフォームプランが貰えちゃいます。

リフォーム計画のスタートに利用することがおすすめですよ。

\リフォーム会社に一括資料請求/

詳しくはこちら>>

たぬき親父
たぬき親父
まずはリフォーム会社のプランを集めて、比較してみよう!
フクネコ
フクネコ
無料だったらやってみるか!

 

▼家のリフォームには、こちらも参考にどうぞ!▼