二世帯住宅の間取り

完全分離型二世帯住宅のおすすめ間取り図!上下分離や左右分離型の暮らし方のポイント

完全分離型二世帯住宅の間取り図を紹介

大手ハウスメーカーに勤務していた、建築士のたぬき親父です。

二世帯住宅を建てようとなった時に、完全分離型二世帯住宅が候補にあがるのではないでしょうか。

完全分離型にすればプライバシーもしっかり守れて、両世帯それぞれの生活ができるのが魅力ですよね。

でも、完全分離型二世帯住宅を建てようと思ったときに、「間取りをどうするか?」って悩む人が多いです。

そこで完全分離型二世帯住宅の間取り図を例にして、使い方や間取りのポイントなどをまとめてみました。

間取りでお悩みなら、本文を参考にして、快適で過ごしやすい完全分離型二世帯住宅を建てるヒントにしてみてください。

 

\間取り無料作成/
無料で間取り図を作成してもらう>

完全分離型二世帯住宅ってなに?

完全分離型二世帯住宅をかんたんに言うと、キッチン・お風呂・玄関などが全て2ヵ所に別れた間取りのことです。

全てが二か所にあるので、同じ屋根の下で暮らしていても、お互いのプライバシーはしっかり守られます。

キッチンやお風呂などはやっぱり別々に使いたいものですよね。特に家事を主にこなす奥さんは別々のほうが気兼ねなく使えてストレスが溜まることもなくなりますよね。

ようは完全分離型二世帯住宅とは、同じ家でも親世帯・子世帯が気兼ねなくお互いの生活リズムで暮らせるってことです。

 

ちなみに二世帯住宅には、完全分離型以外にも完全同居型、部分共有型という間取りタイプもあります。

まだどれにするか迷ってるなら、こちらの記事ではタイプ別で特徴を紹介してるので、参考にしてみてください。

完全分離型二世帯住宅の間取りメリット

完全分離型二世帯住宅にすることで、どんなメリットが生まれるのか気になりますよね。

ここでは、特に感じるメリットをまとめましたので参考にしてみてください。

  • お互いの世帯が、気兼ねなく生活できる
  • 親世帯に子供の世話を頼みやすい
  • 嫁姑問題が発生しにくい
  • 将来貸家にする事ができる。

完全に分離させることで、両世帯のプライバシーが守ることができます。

それにより、仕事などで両親が寝静まった時間に帰っても気を使わないでリビングなどでゆっくりお酒を楽しんだりすることもできますよ。

また、お子さんの面倒を昼間の時間だけでも両親に頼めれば、お母さんもパートなどで働くこともできるので、住宅ローンの返済も楽にすることができますね。

将来は元々あった親世帯のほうに移って、子世帯のほうを少しリフォームすることで賃貸で貸し出したり、お子さんが家庭を持った時にまた二世帯住宅として暮らすこともできます。

完全分離型二世帯住宅の間取りデメリット

さまざまなメリットを紹介させていただきましたが、今度は逆にデメリットも気になりますよね。

それでは、完全分離型二世帯住宅のデメリットもまとめてみましたのでご覧ください。

  • 建築費用が割高になる
  • 親世帯、子世帯の関係が希薄になる場合がある
  • 親世帯に子世帯の生活を干渉されることもある

やはり二世帯住宅の中でも、完全分離型となるとキッチン・バス・トイレなど含めたすべてが2ヵ所になるので建築費用は高くなってしまいます。

そしてお互いのプライバシーが確保できる分、コミュニケーション不足にもなりかねません。

コミュニケーションを取るためにも、内部の1か所くらいは行き来できるようにして、夕食は一緒に取るなど、適度な距離間でお互い良い関係が保てると思います。

逆に同じ敷地内に両親と一緒に住んでるので、干渉されやすいとも言えます。

とくに今は賃貸マンションなどで別の地域で暮らしてる人には窮屈に感じるかもしれませんね。

このことも親世帯とは同居する前によく話し合って、お互いのルールなどを決めておきましょう。

 

完全分離型二世帯住宅の特徴や費用などはこちらで詳しく紹介してるので、参考にどうぞ。

左右分離型二世帯住宅の間取り【60坪】

上下完全分離型二世帯住宅の間取り
出典:二世帯住宅間取り

左右分割式の完全分離二世帯住宅になります。

この間取りをみると、まず完全にプライベートを守りたい人におすすめですね。

それぞれ親世帯子世帯の玄関脇に両世帯で使用するシューズクロークがあるので、靴、ブーツなどの収納には十分な広さです。

そして、屋内内部でのお互いに行き来するところが、このシューズクローク以外ないので、かなりプライバシーを考慮したプランとなっています。

お互いの生活音も浴室以外接していませんので、全く気にする事なく生活ができるようになっています。

左右の間取りはまったく同じで、二階の一部屋が和室と洋室の違いになっているだけですね。

【上下完全分離型】二世帯住宅の間取り図

上下完全分離型二世帯住宅の間取り図
出典:二世帯住宅間取り

1階、2階で完全に分離している完全分離型二世帯住宅ですね。

2階へのアプローチは外階段を通り玄関に行く、内部でのお互いの行き来は完全にできなくなっています。

よく言う『スープの冷めない距離』こんなところだと思います。

1階2階の『音、振動』の問題が出ないようにしておけば、親世帯、子世帯ともにストレスなく快適に暮らせる間取りですね。

内部インターホン等で連絡を取り合っておけば、コニュニケーションも取りやすくなります。

2階リビング前には、奥行きのあるバルコニーがあるので、使い勝手はかなりいいでしょう。

また、将来貸家にする場合でも何も手をかけることなく、すぐにできるのもメリットになりますね。

まぁ手をかけるとしたら、内部インターフォンを取り外すくらいでしょうか。

まさしく、『スープの冷めない距離』に両世帯が住む、こんな二世帯住宅になっています。

小さめの上下完全分離型二世帯住宅の間取り【敷地30坪以下の狭小住宅】


出典:中鉢建設株式会社

家族6人~7人が快適に住める上下完全分離二世帯住宅になっています。

親世帯1階には東南の角に8帖の和室が有り、寝室にしても良いでしょうし、趣味の部屋、家族で使う部屋等々使い方は自由に使うことができる位置にあります。

子世帯2階に至っては、15.8帖の対面式キッチンを備えるLDK、そのリビングに続く和室6帖とご両親を交えての家族全員の団欒もできるスペースがあります。

そして、書斎、寝室にはウォークインクローゼットを備えておりますから収納にも困ることはなく、かなりゆとりのある造りになってますね。

敷地30坪程でこのような住宅ができますから、都市部に住んでる人におすすめの間取りになります。

【さらに小さめ!建築面積17.5坪】3階建ての完全分離型二世帯住宅の間取り図



出典:中鉢建設株式会社

間取りの面積
  • 1F床面積15.9坪(52.67m²)
  • 2F床面積17.1坪(56.53m²)
  • 3F床面積14.1坪(46.61m²)
  • 延床面積47.1坪(155.70m²)
  • 建築面積17.5坪(57.85m²)

3階建て完全分離型二世帯住宅になります。

1階に親世帯の2LDK、2階3階が子世帯の3LDK+収納になりますね。

延べ面積が47.1坪と大きめの建物ではありますが、極小敷地面積にも対応できる間取りとなっています。

ではどのような、住み方になるのかイメージしてみましょう。

1階親世帯は、各個室が南側に面しているので日当たりが抜群によく、一日中暖かくて明るい部屋ですね。

また、前面にウッドデッキがあるので、布団を干すのにも大変便利です。

対面式キッチンを備えたワンルーム形式のLDK。キッチンは奥行きを広く取ってるので将来、車椅子になったとしても充分使えるスペースが確保されています。

それから洗面、トイレは広く造られてるので、車椅子による方向転換が可能なので安心して長く暮らせる間取りですね。

2階、3階が子世帯用になっていますが、玄関に入ると2階LDKにつながる吹き抜けがあり、2階から光が入ってくるため、窓のない割には明るい玄関となります。

階段を上がると扉のない20.7帖の大空間のLDKが現れます。

これは視線的にも2階に上がると遠くに窓が見えることで、奥行きを感じられ実際の広さよりも大きく感じられるリビングですね。

また、2階にはファミリークローゼットがあるので、LDKが物にあふれることもありません。

そして3階が子世帯の各個室になります。

ここにも家族で使える5帖にも及ぶ収納があり、主寝室には専用のクローゼット、個室にも専用の収納棚があるので、物が多くても収納に困ることはまずないと思います。

たとえ趣味がシューズやプラモデルなどコレクションして多くなったとしてもバッチリ収納できるので、部屋がいつでもスッキリする間取りですね。

建築面積は17.5坪と小さいですが、3階建てにすることで完全分離型でも家族6人~7人がゆったり快適に住むことができる間取りになっています。

【超重要】理想の間取り図を完成させるには住宅会社選びが大切!

二世帯住宅の間取りを参考にしながら、あなたの希望の間取りを考え始めると思います。

しかし、間取り図を実際に作成するのは住宅会社の人になりますよね。

理想の間取り図を完成させるには、住宅会社にいる営業マンの能力やあなたのセンスにピッタリな人と出会えるかどうかが重要になってきます。

希望を反映された間取りを完成させるのに、おすすめの方法が複数社に間取り作成を依頼することです。

複数社の間取り図を比較検討することで、どこが本当にあなたの理想の家を建ててくれるか分かるようになりますよ。

逆に1社だけに任せてしまうのは非常に危険なので絶対やめましょう。

なぜなら、1社だけの間取りプランでは本当にそれがあなたの理想なのか検討することができなくなるからです。

複数社の間取りプランを見ることで、改めて理想の形に気づかされることもあります。

最初にあなたが考えてた間取りよりも、プロがあなたの要望を聞き取り、プロが考えたアイディアが反映されて、より魅力的に仕上げてくれることは良くある話しです。

二世帯住宅を建てる予定があるなら、まずは1社に絞るのではなく複数の住宅会社にあなたの希望を伝えて間取り図を作成してもらいましょう。

【おすすめ】複数社に間取り図作成を無料一括申し込みできる便利なサイトを使おう!

理想の二世帯住宅の間取り図は、複数社に作成してもらうことはわかっても、実際に複数社に問い合わせて、一社一社と打ち合わせするのは、想像以上に時間が必要でめんどうです。

そこで、複数社の間取り図を無料一括オーダーできるタウンライフを利用すると、かんたんに複数社のオリジナル間取り図が手に入るので便利ですよ。

タウンライフ公式サイト

間取り図、見積もり・住宅プラン・土地情報などすべて無料でもらえるので、家づくりに役立つアイテムがゲットできるのも利用する価値があります。

スマホで予算や希望の間取りなどを入力して申し込むだけなのでかんたんです。

早い人では、3分もあれば本当に申し込み完了するのであっという間ですよ。

毎月5000人以上が利用していて、家づくりのスタートでタウンライフを使うことは、今や当たり前になっています。

お金は一切掛からないので、やらないで後悔するより、まずは行動しましょう!

 

タウンライフ公式サイトはこちら>>

まとめ

完全分離型二世帯住宅の間取り図を紹介

完全分離型二世帯住宅はお互いのプライバシーが守れて、それぞれ快適な生活スタイルを維持することができる間取りです。

間取りを決める際は、いろいろな間取りを参考にしてみたり、複数の住宅会社にも相談することで、間取りづくりに失敗することはなくなります。

ネットで色んな間取りプランを参考にしつつ、実際にあなたオリジナルの間取り図も作成してもらいましょう。

 

\間取りプランがもらえる!/
無料で間取り図を作成してもらう>