二世帯住宅の価格と相場

完全分離型二世帯住宅の相場や費用・特徴を解説【両親と仲良く暮らす住宅づくり】

完全分離型二世帯住宅の建て方

元大手ハウスメーカー勤務の建築士たぬき親父です。

ここ近年、二世帯住宅を建てる方が急増しております。

現役で働く者にとっては、二世帯住宅で両親と一緒に暮らすことは、育児や家事の手助けをしてくれるなど、非常にありがたいことですよね。

両親側も子世帯と一緒に暮らすことは、将来の介護からの不安も少なくなるでしょう。

ところであなたは二世帯住宅と言っても、完全同居型、一部共有型、完全分離型のそれぞれ3タイプの二世帯住宅があることは知ってましたか?

3タイプのそれぞれに特徴があり、あなたの家族の考え方や暮らし方で、どのタイプにするか決めることができます。

二世帯住宅の3タイプについてはこちらに詳しく紹介してますので、参考にしてみてください。

もし家族間に嫁姑問題等の何かしらの問題を抱えている場合は、3タイプのなかでも特に完全分離型二世帯住宅がおすすめですよ。

嫁姑問題などにより、お互いの過度な生活の干渉による人間関係の悪化は、深刻なトラブルに発展しかねません。

嫁姑問題があまりにも深刻な時は、必要以上に会わないほうが、かえって良い場合もあるのではないでしょうか。

しかし、全く交流がないと、逆に感情的に悪くなることもあるので、程よく顔を合わせる環境が良いですね。

完全分離型二世帯住宅では、あなたの家族とご両親の世帯が別々に生活をして、夜ご飯は一緒にとるなど適度な距離感が保てます。

この近すぎず、離れすぎない距離感がお互いの世帯にとって良好な関係を続けられるようになると思いませんか?

そんな良好な関係が保てるのが完全分離型二世帯住宅になります。

そこで本文では、完全分離型二世帯住宅の建て方や費用などを紹介しますので、参考にしてみてください。

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

完全分離型二世帯住宅には3タイプある

完全分離型二世帯住宅には、別棟型・左右分離型・上下分離型の3タイプに分けることができます。

まずはそれぞれの特徴をご覧ください。

完全分離型二世帯住宅のタイプ
  • 別棟型
    →敷地内に建物が2棟あり、完全に別宅になっているタイプ
  • 左右分離型
    →長屋のように2棟が隣り合わせで繋がっていて、内部で出入り口が繋がっているタイプ
  • 上下分離型
    →1階、2階と上下階で居住空間が分離しており、内階段、外階段を使って出入りするタイプ

どのタイプを選ぶかは、敷地の広さや費用の関係もありますが、どのタイプもお互いのプライバシーを完全に守ることができます。

この3タイプの中からどうやって決めたら良いかは、後ほど説明しますね。

完全分離型二世帯住宅づくりを成功させるコツとは、デメリットもしっかり知ること!

完全分離型二世帯住宅のデメリット嫁姑問題は奥さんにとって、想像以上に悩みが深いもの。

二世帯住宅づくりは事前に家族とじっくり話し合い、お互いに理解し合うことが成功の秘訣になります。

そこでまずは完全分離型二世帯住宅のメリットはもちろんですが、デメリットにも目を向けてみましょう。

完全分離型二世帯住宅のメリット

ひとつ屋根の下で暮らした方が、いざという時に安心できる。

こどもや孫の面倒や暮らしの世話をしてもらえる。

生活費が抑えられるなどの経済的なメリットがある。

お互いのプライバシーが保てる。

まだお子さんが小さければ、おじいちゃんおばあちゃんも含めて、家族みんなが子育てに参加してくれるのは助かりますよね。

そして別々の玄関やリビング、お風呂などプライベートを守れるのも、お互いの世帯にとってもストレスが貯まりにくく、良好な関係が保てるのが完全分離型二世帯住宅の魅力です。

完全分離型二世帯住宅のデメリット

普通の住宅よりも約2倍近く、建設費用が高くなってしまう。

普通の戸建て住宅よりは広く延べ床面積が必要

別棟タイプだと広い土地が必要

完全分離型二世帯住宅の最大のデメリットは何と言っても、建設費用が高くなってしまうことだと思います。

たぬき親父
たぬき親父
二世帯住宅とは言うものの、普通の住宅が2棟あるようなものだから費用も高くなってしまうんだよね。

完全分離型二世帯住宅とは玄関、リビング、キッチン、浴室、トイレなど全て別々に用意しなければなりません。

間取りの取り方によっては、普通の戸建て住宅よりも約2倍近く費用がかかってくる場合もあるほどです。

それと別棟タイプになると土地も広くなければ2棟を建てることができません。

広い土地を探すのも、購入するのも都市部では大変なことで、なかなか難しいですよね。

とにかく土地を買うにも、建築するにも費用が普通の住宅よりも高くなってしまう二世帯住宅。

しかし、これらのデメリットが将来的にはメリットになりうる場合もあります。

例えば完全分離型二世帯住宅を建て住み始めてから、10年後、20年後と時が経てば両親もお亡くなりになられて、あなたの世帯家族がご両親が住んでいた方に移動したとします。

そうなると、今まで住んでいた居住スペースが空くので、賃貸で貸ことができます。

それか、あなたの子供が結婚して使うようになるかもしれませんね。

いずれにしても、完全分離型二世帯住宅は、家族の環境変化があった場合でも、その変化に合わせて長く活用することができるのです。

フクネコ
フクネコ
デメリットも長い目で見るとメリットにもなるってことか!
たぬき親父
たぬき親父
完全分離型は建てる時は確かに高いけど、長期的に見れば高くもなく、普通の家よりも色々と活用できるようになるよ![

この様に完全分離型二世帯住宅のメリット・デメリットを知ったうえで、族で話し合い、お互い充分に理解するのが成功の秘訣になります。

両親とあなたの家族間が、ちょうどいい距離感を保てる完全分離型二世帯住宅

二世帯住宅で暮らしていくなかで、ご両親とあなたのご家族の間でちょうど良い距離感とはどのようなことでしょう。

それはあなたのご家族と、ご両親が各々の生活リズムで暮らしつつ、いつでも触れ合えることがちょうど良い距離感なのではないでしょうか。

完全分離型二世帯住宅では、そのような生活の中でもプライバシーがしっかり守れて、お互いに過度な干渉もなく暮らせます。

例えば、ご両親とあなたのご家族で食事や就寝時間などの生活習慣に大きな差があったとしても、なんら不憫を感じることなく過ごせます。

そしてなにより良いと思うのが、嫁姑問題に対してもお互いの干渉が少ないため、感情的になり難いことではないでしょうか。

これが普通の住宅に両親と一緒に住んでいると、親子や嫁姑の間で生活習慣や価値観が全く異なっていると、何らかのトラブルになりかねません。

初めは些細なことでも、塵も積もれば山となるで徐々に深刻になっていき、修復不可能なトラブルにもなり兼ねないことだと思います。

親子とはいえ、お互いの異なる生活習慣には干渉せずに、相手に気兼ねなく生活するのが家族円満で暮らしていくうえで大事なことではないでしょうか。

そこで先ほど挙げた、完全分離型二世帯住宅の別棟型、左右分離型、上下分離型それぞれ3タイプの特徴を紹介します。

あなたのご家族が、どのタイプを建てれば快適に暮らせるか参考にしてみてください。

完全分離型二世帯住宅の特徴や建て方

それではさっそく別棟型・左右分離型・上下分離型の二世帯住宅の特徴を見てみましょう。

1.建物が2棟ある完全に別棟になっているタイプの特徴【別棟型二世帯住宅】

二世帯住宅別棟タイプ
出典:国分ハウジング

別棟型は親世帯の敷地内に、新たに子世帯の家を建てることになります。

これはかなり広い土地がないと、なかなか建てるのは難しいですね。

もちろん、建築法規的に建ぺい率、容積率などをクリアしなければ建てることができません。

別棟を建てることができたら、完全に別々の建物になるので、親世帯に対してはそこまで気を使うことなく、今までの生活スタイルを維持しやすくなりますね。

ただ、別棟型はプライバシーを保つには非常に有効ですが、同じ屋根の下で住む感覚が少なくなり、両世帯間の交流も少なくなるかもしれません。

交流が少なくなると、嫁姑問題が徐々に深刻になり、トラブルに発展してしまう場合も考えられます。

なので、別棟型を建てる場合は、家族で事前に話し合って、夜ご飯は親世帯の家で一緒に食べるなど、両世帯に行き来する理由を決めておくと良いでしょう。

建築費用的には、新築一戸を建てるのと全く同じことになります。

ふつうに注文住宅を建てるのと変わらないですね。

ただ、親世帯の住宅は全く手を付けないことになるので、そのまま家に住み続けるか、新たにリフォームすることになりますね。

フクネコ
フクネコ
広い土地が必要ってなると、別棟型を建てるのは難しそうだなぁ。
たぬき親父
たぬき親父
土地があまり広くない場合は、今から説明する左右分離型上下分離型を検討すると良いよ!

2.長屋のように2棟が隣り合わせに継がっているタイプの特徴【左右分離型二世帯住宅】

左右分離型二世帯住宅出典:住友林業

左右分離型をかんたんに説明すると、3LDK、4LDKの単世帯用のアパートやマンションのようなものが、二世帯分の内部に出入り口を設けることによって繋げるタイプのことです。

そして左右分離型にはそこまでのデメリットがありません。

あえてデメリットをあげるなら、親世帯・子世帯ともに1階、2階を使うことになり、ご両親が年老いた時にはちょっと使いにくいタイプになると思います。

特にお年寄りには、寝室が2階にあると毎日の上り下がりが大変になりますよね。

でもこれって普通の2階建て住宅も同じことが言えるので、当たり前のことかもしれませんね。

これが平屋のタイプであれば、特に問題はないのですが、平屋だとかなり広い敷地が必要になるので、平屋の左右分離型二世帯住宅を建てるのはなかなか難しいですね。

しかし、左右分離型は将来賃貸として出すには、非常に貸しやすいタイプでもあります。

あなたの世帯と仮家人世帯が全く別々になるので、お互いのプライバシーが完全に遮断されます。

貸家としては、貸す側・借りる側、ともに安心できる良好な建物になるでしょう。

3.1階2階の上下階で居住空間が分離しているタイプ【上下分離型】

上下分離型二世帯住宅出典:ハウスパートナー

上下分離型は、最もポピュラーな二世帯住宅と言えますね。

1階部分に両親が住み、2階部分に子世帯のあなたのご家族が住むのがスタンダードな住みかたになります。

外階段を使って2階に玄関を設けた場合は、内部の階段によってご両親とあなたのご家族が行き来できるようにすると、自然と交流も生まれるのでおすすめです。

フクネコ
フクネコ
上下分離型は将来、賃貸にはできないの?

貸家として使う時は、内部の階段部分を収納として使えるように簡単なリフォームをすることで完全に分断もできますよ。

ようは一般的なアパートと同じように住めるようになるのが上下分離型です。

上下分離型のデメリットは、あなたのご家族が住む2階スペースに、ご両親が行きにくいのがデメリットではないでしょうか。

左右分離型でもふれたように、年老いたご両親が2階に上がるのは身体的に大変なことです。

新築で二世帯住宅を建てる場合は、ご両親とあなたのご家族が住まいやすいように建てることが可能ですが、一般的な一戸建て住宅リフォームする場合は、色々と工夫する必要があります。

一般的な一戸建ての2階建て住宅の場合は、1階部の方が床面積が大きく、2階部分が小さいことが良くあると思います。

その一般的な2階建て住宅をリフォームして1階部分を全てご両親の居住スペースにすると、スペースが余ることも考えられますね。

その余ったスペース部分に、ご両親とあなたのご家族が集まるLDKにすれば、お互いに行き来しやすく、交流や家族の団らんの時間も確保できるようになります。

そして食事やくつろぐ時間以外は1階、2階とそれぞれの世帯が別れて暮らすことになるので、プライバシーもしっかり保つこともできるでしょう。

完全分離型二世帯住宅の費用や相場

二世帯住宅を建てるのに、建築費用が一体いくらになるのか気になりますよね。

結論からにさきに言うと、住宅の費用は「これくらいだよ!」断言することはできません。

なぜなら、家づくりは人それぞれ坪数やこだわりなどが違ってくるので、金額も当然変わってくるからです。

フクネコ
フクネコ
良く考えればそりゃそうだなぁ。

しかし、費用はバラバラだと言いましたが、それでも目安としての費用は知りたくなりますよね。

そこで、完全分離型二世帯住宅の平均の坪数や建築費用を紹介しますので参考にしてみてください。

完全分離型二世帯の平均になる坪売数と建築費用

ここでは、一般的な単世帯住宅と完全分離型二世帯のそれぞれの平均的な新築費用フルリフォーム費用を紹介します。

住宅タイプ延べ床面積平均新築工事費平均フルリフォーム費平均
完全分離型二世帯住宅67坪(221㎡)4000万円3380万円
単世帯住宅43坪(123㎡)2600万円1750万円

これを見ると分かるように単世帯住宅よりも完全分離型二世帯のは大よそ1.5倍~2倍近くの建設費用が必要になります。

しかし、これはあくまで平均の数字になりますので、まずは住宅会社に見積もりを取って初めて分かることですね。

ある程度、間取りや希望がまとまったら住宅会社にそうだんしてみてください。

また二世帯住宅の詳しい費用や相場などはこちらにまとめてます。安く建てる方法もしょうかいしてるので、ぜひ参考にしてください。

まとめ

完全分離型二世帯住宅の建て方
完全分離型二世帯住宅の建て方まとめ

別棟型、左右分離型、上下分離型の3タイプのメリット・デメリットを知る。

ご両親とあなたのご家族の間でお互いのちょうど良い距離感を考える。

お互いのプライバシーの確保をしつつ、交流する場所や時間を考える。

 

完全分離型二世帯住宅の建て方は、3タイプのそれぞれのメリットデメリットを知り、家族でなにが一番良いのか話し合い、考えて選ぶ必要があります。

どのタイプにしても、完全分離型二世帯住宅を建てることは、両世帯のプライバシーを保つことができて、お互いに過度な干渉をしなくてすむような環境ができますよ。

二世帯住宅を建てご両親と同居を考えてるなら、完全分離型二世帯住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

また、二世帯住宅をはじめ、家を建てる費用を少しでも安くする方法があります。詳しくはこちらで説明してますので参考にしてみてください。