住宅を持つ為の準備

モデルハウス見学で大切な3つのポイント。注文住宅を購入なら必見!

元大手ハウスメーカー勤務の建築士たぬき親父です。

今やネットで沢山の物件情報が、いつでもサクッと見れるようになりました。

ネットで沢山の物件情報を眺めるのも良いけど、そこから気になった物件があれば、見学に行って自分の目で確かめるのが大切ですよね。

実際に足を運ぶと、ネットだけでは気づかない発見があったりと、沢山のメリットがあるのがモデルハウスです。

フクネコ
フクネコ
モデルハウスって緊張するんだよなぁ。どこを見たら良いとかあるの?
たぬき親父
たぬき親父
それじゃモデルハウスの見学で覚えておきたいポイントを教えるね!

ここでは、実際にモデルハウスを見学した時に、必ずチェックしたい大事な3つのポイントを紹介します。

この3つのポイントをチェックして、理想の家になるかの判断材料になりますので、参考にしてみてください。

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

モデルハウス見学はネットやチラシだけでは分からない情報が手に入る

一体モデルハウスでなにが得られるのか?

それはモデルハウスに足を運ぶことで、実際に必要な物と理想とのギャップが分るようになります。

実際に自分の目で見てみると、理想の設備が本当に自分にとって、必要なのかどうかが分るようになり、家を建てる時に無駄な設備にお金を使わないようになりますよ。

販売員さんとの何気ない会話がヒントになったりするので、積極的に質問してみましょう。

また、モデルハウスと販売物件の間取りや設備が違うことも結構あるので、販売員に確認してください。

特に、間取りや天井の高さ、設備の使い勝手に注意して見るように。

たぬき親父
たぬき親父
色々なモデルハウスに見学に行って、比較してみることが大切だよ!

モデルハウス見学で覚えておきたい3つのポイント

それでは、モデルハウスを見学する時に覚えておきたい、3つのチェックポイントを紹介します。

3つのチェックポイントは以下のとおり。

  1. 間取り
  2. 設備やオプション
  3. 敷地周りや周辺環境

この3つのポイントをチェックすると、生活する上で必要な間取りや設備が分るようになり、良い家を建てられるようになります。

それでは、ひとつひとつチェックするポイントを説明しますね。

間取りをチェックすることで、実生活の感覚を知れる

間取りのチェックポイント
  • 生活同線
  • 各部屋の広さ

モデルハウスに見学に行ったら、必ずチェックしたいのが間取りですね。

ただ、眺めるだけじゃなくて、そこに住んでみた時の生活の様子を想像して見てみると良い物件なのか分かるようになります。

また、各部屋の広さも見て、家具の配置を想像もしてみましょう。

モデルハウス見学では想像しながら見ると、それだけでもワクワクして楽しくなりますよ。

設備やオプションで快適に暮らせるかチェックしよう

設備やオプションのチェックポイント
  • 水回り
  • コンセントの位置
  • 電話やネット接続

電気、水道、ガスが使いにくいと、生活していくうえでストレスになってしまいます。

キッチンやトイレ、収納などの大きな設備には目が行くのですが、コンセントの位置や数、電話線の接続位置も重要なのでチェックしましょう。

フクネコ
フクネコ
言われてみると、コンセントの数とか位置は確かに大事だな!

屋外の設備や周辺環境もしっかりチェックしよう【特に建売り住宅の場合は必須だよ!】

敷地や周辺環境のチェックポイント
  • 駐車場の位置
  • 庭の設備や共用設備
  • 日当たりや風通し

実際に販売している建売り住宅なら、屋外にある設備や環境も大事な情報になるので、チェックしましょう。

駐車場の位置や何台入るか、道路との位置関係も生活していくうえで大事なことです。

日当たり、風通しは実際に見学しても、その日の天候で良く分からないこともあるので、販売員に聞いてみましょう。

あとは建売り住宅の場合は、そこが将来の住まいになるかもしれないから、周辺にスーパーや病院などの施設が近くにあるかも確認すると、なお良しです!

あなたのライフスタイルに合っているか、住みやすい物件であるか、じっくり考えましょう。

モデルハウスを見学する時にあると便利なアイテム紹介

せっかくモデルハウスに見学しに行くなら、記憶するだけじゃなく、記録できるモノを予め用意しておきましょう。

メモすることで、家に帰ってから家族で相談する時に、すごく役立ちますよ。

あると便利なアイテムは以下にリストしましたので、ご覧ください。

◆モデルハウス見学にあると便利なアイテムリスト◆
  1. メモ用紙とペン
  2. あるなら事前に入手した物件情報(間取り図など)
  3. デジカメ(スマホでも可)
  4. メジャー
  5. 懐中電灯
  6. コンパス
  7. 手持ちの家具リスト
  8. 周辺地図(スマホのアプリ地図でOK)
  9. 図面のコピー

 

それでは、それぞれのアイテムをどのように使うか説明しますね。

①:メモ用紙とペン

モデルハウスに見学に行って、なにか気づいた点や、気になる所(収納数など)があればすぐにメモするようにしましょう。

住宅づくりで、そのメモが必ず役立つときがきますので、メモ帳とペンは忘れずに!

②:物件情報(間取り図)

事前に間取り図などの物件資料を入手してたら、それも持っていくようにしましょう。

間取り図に気になる所などに、一言メモなどしておくと、後で見返した時に忘れないでおくことができます。

色々なモデルハウスを見て、一言メモした複数の間取り図が集めて、見返すとあなたが建てたい理想の家が分るようになります。

③:デジカメ

後で物件の内容を確認する時に、写真に残しておくと便利ですね。

スマホで撮影しても良いのですが、撮影した画像を見ながら家でじっくり考える時は、画像をプリントアウトして間取り図と見比べると、より想像がしやすくておすすめです。

④:メジャー

タンスや机などの家具や家電などを置くスペースを、メジャーで計って確認しましょう。

⑤:懐中電灯

隙間や床下などの見えにくい場所の確認する時に懐中電灯があると便利です。

スマホのライトもあるのですが、それだと光がちょっと弱いので、100均で売っている小さい懐中電灯でも良いので用意しましょう。

⑥:コンパス

実際に販売している、建売住宅ならコンパスで建物の向きで日当たりの確認もしておきましょう。

⑦:手持ちの家具リスト

今ある家具や今後用意する家具のリストを作り、予め測っておきましょう。

⑧:周辺地図(スマホのアプリ地図でOK)

周囲の環境や状況確認する時に便利です。

これもスマホの地図アプリで十分だと思います。

⑨:図面のコピー

間取り図のコピーがあれば、給排水管などのチェックなどをしましょう。

間取り図が複数枚あれば、1つの間取りに対して、分野別で情報を書き込めるので便利です。

たぬき親父
たぬき親父
モデルハウス見学にこれらアイテムを用意しておけば完璧!
特にメモとペン、デジカメ(スマホ)、メジャーは用意しておこう!

注意!モデルハウス見学ではうっかり契約しないようにしよう

モデルハウスのチェックポイントを抑えたら、実際に見学したときの注意点も予め知っておきましょう。

モデルハウス見学時に注意したいこと

ワクワクした気持ちから、勢いで契約しないようにしよう!

モデルハウスは坪単価がめちゃめちゃ高いと思え!

私はこれまで住宅展示場のイベントで実際に販売していて、勢いで契約してしまう人を見てきました。

それもけっこうな方が勢いに任せて契約してしまうのです。

それは住宅展示場では楽しいイベントが満載で、どこか浮ついた気持ちになり、見学だけのつもりが勢いで契約してしまう人がいるのです。

「自分は大丈夫!」と思わず、そこは「今日は見学に行くだけ」と気を引き締めて、住宅のリサーチを重視しましょう。

やはり販売員は住宅を売るプロです!

舐めてかかると、痛い目に合うかもしれないので注意してください。

 

それからモデルハウスは標準的な家より、ハイクオリティに仕上げているので坪単価も2倍近く跳ね上がります。

設備だけでなく、廊下の広さや天井の高さも標準とは違ってきます。

なので、モデルハウスと標準的な家との共通項目も必ずチェックしましょう。

どこのモデルハウスに見学したら良いか迷ってるなら、まずは複数の資料を集めて気になる物件を見つけよう!

モデルハウスは見学したいけど、どこから見て良いのか分からなかったり、近くになくて、なかなか行けない人もいるかと思います。

それに時間がなくて、見学に行けないこともありますよね。

フクネコ
フクネコ
確かに~。仕事や家事で忙しくて見学に行く時間があまりないなぁ。

本当なら色々なモデルハウスに足を運んで、情報を得ることが大切なのですが、何かと忙しい現代人には難しいことですよね。

そんな時は、まずは各ハウスメーカーや工務店の資料を集めましょう。

資料を見比べて、色々な住宅メーカーから資料を貰って比較してみてください。

資料は各住宅会社の、参考間取りや居住イメージ写真が満載でとても楽しいですよ!

そして、気になる物件をピックアップしたらモデルハウスに見学に行くようにしましょう。

見学するモデルハウスをピックアップすることで、効率よく見学ができるようになり時間も短縮できますよ。

ぜひ、まずは複数の住宅メーカーから資料請求してみてください。

 

しかし、複数の住宅メーカーを自力で調べて、一社一社にいちいち問い合せして資料請求するだけでも手間がかかりますよね(^^;

私は超面倒くさがりなので、たぶん1社に資料請求したら終わりだと思います(笑)

なんせハウスメーカーや工務店は無数に存在していて、これをいちいち問い合せなどして資料を集めていたら、それだけでかなりの時間が取られてしまいます。

おすすめの方法が、タウンライフというサイトで優良住宅会社の資料を無料一括オーダーしてしまうことです。

申し込みはスマホで5分もあればササっと完了します。

複数社の資料を無料一括オーダーはこちら>>

フクネコ
フクネコ
よし、スマホで資料を沢山もらうぞ!
たぬき親父
たぬき親父
うんうん。資料を集めて色々な住宅を比較してみようね!

実際に利用したタウンライフの詳細やメリット・デメリットはこちらにまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。

まとめ:モデルハウス見学で大切な3つのポイント。ついでに資料請求もサクッとしちゃおう!

いかがだったでしょうか。

モデルハウスに見学する時は、間取り、設備やオプション、敷地周りや周辺環境の3つをチェックするようにしましょう。

ひとつずつ見て回るには、モデルハウスは多すぎるので、まずはある程度絞ると良いですよ。

モデルハウスをピックアップするには、住宅会社の資料を集めて気になったところに行くようにしましょう。

住宅資料を無料一括オーダーはこちら>>

 

モデルハウスの見学は営業マンにも気をつけなければいけません。回避方法はこちらが参考になりますので、見学前にチェックしましょう。