ハウスメーカーの坪単価

セキスイハイムの坪単価や評判は?メリット・デメリットを徹底解説!ユニット工法で安定した品質の高い住宅。

元大手ハウスメーカー勤務のたぬき親父です。

セキスイハイムの家といえば品質が高く、省エネで環境にやさしい住宅が思い浮かびます。

「あったかハイム」や「エコハイム」なんてフレーズをCMや広告で一度は聞いたことがありますよね。

今回は、セキスイハイムの特徴や坪単価、メリット・デメリットを紹介してます。

セキスイハイムの特徴

坪単価や実際の建築費用

セキスイハイムのメリット・デメリット

セキスイハイムの実際の評判や口コミ

セキスイハイムがおすすめな人

本文を読み進めることで、このような情報が手に入ります。

セキスイハイムで住宅を建てたいと考えてるなら、ぜひ参考にしてみてください。

セキスイハイムで家を建てるか検討中のあなたへ。

 

理想の家を建てたいなら、複数社の相見積もりを取ることからスタートしましょう。

セキスイハイムを含めた、他のハウスメーカーにも見積もりを取ることで、各社のメリットやデメリットも一目瞭然。

相見積もりを取るだけで、500万円以上もお得に建てられることもあります!

複数社の見積もりを比較して、あなたに合ったハウスメーカーと出会うことができますよ。

ハウスメーカー選びに失敗しない方法はこちら>>

会社情報

会社名東京セキスイハイム株式会社
本社〒110-0015 東京都台東区東上野4-27-3 上野トーセイビル9階
設立1974年4月
資本金4億円
対応可能工法鉄骨系:ボックスラーメン構造
木質系:2×6工法
会社ホームページhttps://hc.sekisuiheim.com/
展示場https://www.sekisuiheim.com/whole/exhibit/

セキスイハイムの特徴

セキスイハイム住宅の特徴

工場生産で一定の技術が保障されるユニット工法

 

セキスイハイムは、業界でいち早くユニット工法を採用し先進的な住宅づくりをしているハウスメーカーですね。

ユニット工法とは住宅を四角形の箱の単位で工場で生産し、クレーン車で積み木のように組み立てる工法のことです。

約80%が工場での作業になるので現場作業が少ないので、雨天などの影響もなく工期の延期も少ないことがメリットのひとつにもなりますね。

作業場でいい加減な仕事をされたり、部材が雨に吹き曝しになって質が落ちたのでは、せっかく高品質の部材を使っても欠陥住宅になる恐れがあります。

セキスイハイムでは工場作業のお陰で技術にバラつきもなく、仕上がりも高品質な住宅を安定して建てることができるの魅力ではないでしょうか。

かつて高気密・高断熱の省エネ住宅を売りにしていた

出典:https://www.sekisuiheim.com/appeal/airtight.html

セキスイハイムといえば「あったかハイムが待っているぅ~♪」というCMが流れていたことは誰もがご存知ではないでしょうか。

CMから感じ取れるようにセキスイハイムは暖かい家を建てることを売りにしていました。

セキスイハイムは工場生産だからこそ、均一に保たれた品質で建てることができ高気密・高断熱な省エネ住宅を実現していたのです。

しかし、家の気密性と断熱性を数値に表すとセキスイハイムの住宅は以下のようになります。

C値(気密性)2.0cm2/m2
Q値(断熱性)2.1W/m2・K

ともに2前後の数値になるのですが、今ではそこまで高い数値とはいえません。

これは以前よりも気密性・断熱性に力を入れたハウスメーカーや工務店が多くなったことでセキスイハイムが特別ってわけではなくなってしまいました。

私たち消費者にとっては選択肢が広がったに過ぎないけど、セキスイハイムとしては特徴をひとつ失ったことになりますね。

ボックスラーメン構造で耐震性に優れている

セキスイハイムの鉄骨住宅は、高品質なボックスラーメン構造により巨大地震にも平気で耐えられる住宅になっています。

柱と梁を一体化させることで、強い揺れにも耐えることができるので、他のハウスメーカーでは当たり前の免震装置を必要としてません。

セキスイハイムは、それだけ構造がしっかりしているという証ですね。

セキスイハイムの坪単価や実際の建築費用

セキスイハイムの坪単価

セキスイハイムの坪単価は60万円~80万円程度が目安といわれています。

これは鉄骨系住宅でもツーユーホーム(木造系)でも、価格はあまり変わらないみたいです。

セキスイハイムで建てた人の平均坪単価は73万円/坪でした。

全国で家を建てる平均的な大きさは約43坪となるので、仮にセキスイハイムで平均的な大きさの家を坪単価73万円で建てると、約3140万円となります。

しかしこの価格は家本体の金額のみですので、これにオプションを付けたり、住宅ローンを借入れすることも考慮すると、3500万円以上は見ておいた方が良いでしょう。

この数字はあくまで平均的な価格ですので、あなたの理想の家が実際に坪単価がいくらになるかはセキスイハイムに見積もりを取りましょう。

セキスイハイムの見積もりを取るのにわざわざ展示場などに足を運ぶ必要はありません。

ネットでサクッと見積もりや間取りプランが無料でもらえるタウンライフというサイトがあります。

セキスイハイムを含めた、複数のハウスメーカーの見積もりを一括オーダーできるので便利ですよ。

112万人以上がタウンライフを利用して家づくりに役立ててますので、活用してみてください。

スマホで5分もあれば申し込みも完了します。

複数社の相見積もりを無料一括オーダーする>>

セキスイハイムの商品別の坪単価や特徴

セキスイハイムには数多くの商品ラインナップが用意されてます。

まずは、どのような商品があるのか確認してみましょう。

商品名構造概要
パルフェ軽量鉄骨セキスイハイムの最高グレードの邸宅。
パルフェ-bjスタイル軽量鉄骨ファミリー向けにプランニングされた住宅。
スマートパワーステーションFR軽量鉄骨屋根一面に大容量のソーラーパネルを設置。
スマートパワーステーションGR軽量鉄骨勾配屋根にソーラーパネルを設置した住宅。
スマートパワーステーションアーバン軽量鉄骨都市部の狭小地に対応した住宅。
ドマーニ軽量鉄骨傾斜屋根の自然と調和する住宅。
グランツーユーV木造(2×6工法)2×6工法の快適さにプラス強度と精度をさらに進化した住宅。
デシオ3階建て軽量鉄骨広さ×高さを利用して夢をかなえる3階建て住宅。
Life Planning Heim鉄骨系賃貸併用住宅で家賃収入が得られる住まい。
セキスハイムの平屋住宅
(鉄骨系)
軽量鉄骨必要なものだけを取り入れたシンプルな平屋住宅。
セキスイハイムの平屋住宅
(木質系)
木造(2×6工法)グランツーユーの平屋スタイル。
V to Heim軽量鉄骨/木造エネルギーを自給自足ができて、電気自動車を充電できる家。

上記のようにセキスイハイムには、コンセプト別で商品ラインナップされてます。

つぎは、セキスイハイムの主力商品の坪単価や特徴をまとめましたのでごらんください。

パルフェ

出典:https://www.sekisuiheim.com/

パルフェの坪単価は80万円程度です。

それぞれの坪数で建てたばあい、以下のような建築費用になります。

坪数建築費用
30坪2400万円
40坪3200万円
50坪4000万円
60坪4800万円

セキスイハイムの商品ラインナップのなかで、最もグレードが高いのがパルフェ。

美しく豊かに暮らすことをコンセプトに、デザイン性と性能ともに最高品質の住宅です。

フラットルーフが特徴的で、大容量のソラーパネルを設置することができ、電気を自給自足することでエネルギー収支0で暮らせるよう設計されてます。

耐震性や断熱・気密性も高く、長く快適に安心して暮らすことができるでしょう。

スマートパワーステーションFR

出典:https://www.sekisuiheim.com/

スマートパワーステーションFRの坪単価は65万~80万円程度です。

オプションによっては価格が大きく違ってくるので、坪単価にも差がありますね。

スマートパワーステーションは太陽光パネルを利用して、エネルギーを自給自足することでエネルギー収支0を当たり前にしてくれる住宅です。

エネルギーを管理できるHEMSを設置し、タブレッドなどで家の電気使用状況を確認したり、AIスピーカーで照明などの家の機器を声でコントロールすることができます。

グランツーユーV(2×6)

出典:https://www.sekisuiheim.com/

グランツーユーVの坪単価は60万円程度です。

それぞれの坪数で建てたばあい、以下のような建築費用になります。

坪数建築費用
30坪1800万円
40坪2400万円
50坪3000万円
60坪3600万円

セキスイハイムで木造住宅を建てるなら、グランツーユーVになります。

ツーバイシックス(2×6)工法を採用することで強度が高く、快適性を追求したのがグランツーユーVの特徴。

一般的なツーバイフォー(2×4)工法よりも材木が1.6倍厚みがあるので、耐震性や断熱・気密性が高い家になります。

セキスイハイム独自の全館空調「空気工房」が標準装備で、冬は暖かく夏は涼しく1年を通して快適に過ごすことができます。

2019年にはZEHモデルもあらたに発売され、快適性と省エネ性を両立したZEH住宅(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を建てることができるようになりました。

関連記事

ZEH住宅については以下の記事で詳しく解説してますので、参考にどうぞ。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)住宅とは?価格やメリット・デメリットを徹底検証

セキスイハイムのメリット

省エネ住宅で電気代の節約になる


出典:https://www.sekisuiheim.com/appeal/smartheim.html

セキスイハイムは省エネ住宅を、どこよりも早く取り組み、今でもその姿勢は貫いています。

ちょっと前まで「ゼロハイム」というキャッチコピーで、光熱費0住宅をアピールしてたことを覚えてる方もいるのではないでしょうか。

しかし、セキスイハイムの家が必ず光熱費0になるわけではありません。

ただしくは、太陽光発電システムで電気代を抑えるということです。

「なんだ!光熱費がタダになる訳じゃないのか!」ってガッカリするかもしれませんが、侮ってはいけません。

セキスイハイムのソラーパネルは屋根いっぱいに搭載することが可能で、たっぷりと電力をつくりだし、リチウムイオン蓄電池に貯めることができます。

例えば、日中は蓄電池に貯めておいた電気で生活したり、電気代が安い夜中に充電したのを翌日に使ったりと節電することが可能です。

実際にセキスイハイムの電力の自給自足を目指した「スマートパワーステーション」という住宅では、98%がエネルギー消費0を達成しています。

セキスイハイムは、太陽光発電システム住宅の販売数はナンバー1です。

実績からわかるように、知識と経験が豊富な営業マンが多いので太陽光発電のある家に興味があれば、セキスイハイムに相談してみましょう。

セキスイハイムに話しを聞きに行く価値は十分あります。

快適性に優れた住宅で暮らせる

セキスイハイムは断熱性能を高め、さらに暖房システムを組み合わせることで、家の中の温度差をなくし快適に過ごせる住宅を提供しています。

積水ハウスが採用している暖房システムは、深夜の電気料金が安い時を利用して蓄熱体に熱を溜めておき、その熱を床下から徐々に伝えていく「蓄熱暖房機」です。

この蓄熱暖房機を使うことで深夜に溜めておいた熱を日中に利用できるようになり、電気代を節約することができるメリットがあります。

セキスイハイムの蓄熱暖房機は評判も良く、特に寒い地域の方に快適に過ごせるとの支持を集めてるみたいです。

全館空調付き換気システムの快適エアリー

 

セキスイハイムは、全館空調付き換気システムを提供しています。

このシステムは賛否両論に分かれるのですが、全館空調に除湿機能が付いてるのは利便性が高く、快適に過ごすことができます。

特に換気システムは花粉や黄砂、PM2.5を排除することはもちろん、それよりも小さい排気ガス等のNO2を80%以上もカットできるフィルターが搭載されてるのです。

家の中の空気は清浄に保つことができ、いつでもキレイな空気で過ごせるのは家族みんなが健康に暮らせるので安心できますよね。

いっぽうで、否定的な意見もあります。

先ほど紹介したセキスイハイムが採用する蓄熱暖房方式では、そもそも家の中を空気で暖めることを否定しています。

しかし、否定的な人でもこのシステムの機能の高さや技術は認めている方が多いので、ぜひこの矛盾点を改善して、個人的にはもっと普及することを願ってます。

アフターサポートも万全で長く安心して暮らせる

セキスイハイムでは、引き渡しから2年目までの3回の定期点検と5年目から各5年間の定期診断を無償で60年までしてくれます。

また、なにか家のトラブルがあった時でも365日24時間いつでも電話相談ができるので安心して暮らすことができるのではないでしょうか。

セキスイハイムは大手ハウスメーカーだからこそのアフターサービスが充実していて、住宅完成後も長く付き合っていくことのできる住宅会社ですね。

アフターサービスが豊富なのは、長く住むうえで大きなメリットになりますよ。

セキスイハイムのデメリット

どこのハウスメーカーや工務店にも、メリットもあればデメリットも必ずあります。

それは、セキスイハイムも例外ではありません。

セキスイハイムが魅力的でも、今一度デメリットも含めて本当に理想の家が建てられるか検討してみましょう!

坪単価が高い

積水ハウスの坪単価は60万~80万円程度と先ほど紹介しましたが、これはあくまで標準仕様で建てた場合の数字にすぎません。

オプションを付けていけば、どんどん高くなり思ってた以上に予算オーバーになりかねません。

大手ハウスメーカーでは、宣伝費や開発費またはアフターサービスの充実もあり価格がどうしても高くなってしまいます。

もしセキスイハイムで気になった商品があれば、同じような仕様にしてくれる他のローコストハウスメーカーや工務店を探してみるのも手だと思います。

複数社に相談して、本当に自分にとって価値ある家を建ててくれる住宅会社に依頼するようにしましょう。

注文住宅だけど自由な間取りは厳しい

注文住宅は自由に間取りを決めていきたい人が多いと思いますが、セキスイハイムでは間取りの自由度はあまり高くありません。

なぜかというと、工場内でのユニット工法で製造されるため設計に制約が多くなってしまうからです。

ユニット工法は、一定の品質を保つことができて、納期も早く短期間で住宅が完成するメリットにもなりますが、自由な設計ができないデメリットにもなってしまいますね。

特に施工が始まってしまった後は、もう設計の変更はできないので細心の注意が必要です。

セキスイハイムで家を建てる時は、事前に良く打ち合わせをおこない納得できるかがポイントになります。

しかし、セキスイハイムの営業マンの質は高いので、的確なアドバイスをしてもらえますよ。

営業マンと二人三脚で一緒に家づくりをすれば、納得できる家を建てることは難しくないと思います。

ただ、こだわりが強く自由な間取り設計がしたい場合は、セキスイハイムは向いてないので他のハウスメーカーも調べてみましょう。

 

「理想の家を建て、家族幸せに快適な暮らしをしたい!」

「少しでも安く無駄のない理想の家を建てたい!」

家づくりを成功させる方法はこちらで紹介してますので参考にしてください!

理想の住宅会社と出会う方法>>

セキスイハイムの評判や口コミ

購入後、約半年になります。建物自体に異常は無く快適に生活できています。特別な装備は何も付けていませんが光熱費はかなりお安くなりました。高断熱というのは本当なのでしょうね。
検討中はいろんなHMのネット上のウワサにヒヤヒヤしたこともありましたが、営業担当さんと良く話し合えばネットのウワサって全くアテにならないことがよくわかります。ネットは怖いです。実際に建てた人だけが噂をするならいいんですがねぇ。。
「ウワサの東京マガジン」という番組でハイムの批判がありましたが、ハイムはトラックで運ばれてくるのでその時点で耐震強度実証済みでしょう。あとは地盤。個人的に思うのはユニットの配置で耐震強度は変わると思うんですよね。見た目を良くしようとユニットをバラバラに配置してしまうとユニット同士がバラバラに動いてしまって番組で紹介されていたような状態になるのでは?と思います。どんな家でも建物は「単純」な真四角に近いほど強いです。耐震試験で試験されている建物はどのHMのパンフレットを見ても四角です。
ネット上ではよくHMの批判掲示板などで「後悔しないように」と書き込まれているのを見ます。それは確かにそうですが、実際に家を建てられて後悔している方ってどのくらいおられるのでしょうかねえ?私には実際に購入して住んでいる方が書き込んでいる内容だとは思えません。
個人的にハイムはおすすめです。他のHMは住んだことが無いのでわかりません。

アコーディオン雨戸の修繕を依頼したが戸車の部品がもうないとの事、シャッター雨戸に交換する事になり、見積もり依頼しました。リビングの掃き出し窓トールサイズ2箇所で52万円。営業の方にも好感が持てなかったし、あまりにも高いのでクーリングオフをしました。そのあと、ホームセンターのリフォーム部門とかに相談しましたが、ハウスメーカーさんにお願いしたほうがいいと言われました。ネットで色々検索して小さな会社ですが、引き受けてくれるところが見つかりました。文化シャッターの製品で18万円で工事してくれました。対応にも仕事にも満足し、信頼出来ると思ったので、差額でバルコニーや、フェンスもお願いしました。この差額はあまりにも酷すぎます!

豪雪地域にすんでいます。
引き違い窓が多様されており、窓の中でも一番気密性に劣る窓だと知らずに、こんなものかと思って建ててしまった。専門家が関わってくれていると安心してしまっていた。

建てる前から下請け業者が工事をするというHMの体制に不安を感じていたが、担当は信頼している業者なので安心ですとの言葉。案の定、引き渡し後いろんなところに小さい傷などが見えてきて、施工の雑さに愕然。アフターサービスがあるから、手を抜いていいとでも思ってるのか?部屋のドアの支えが不施工で、傾いていたのですぐに直してもらったが、その大工が直す際に床に大きな傷をつけてしまった時はあきれてしまった。後日直してもらったが、よくみると分かる。他にも、よくみるとここに傷をつけてしまい、直したんだなというところが多数。
建設ラッシュの時期だったので、あきらかに人員不足でにわか職人による施工だと感じた。

住んでから色々調べて比較してみると、設計も片手間でやってたんだろうな、安い家だから軽視されてたんだろうなと思う。でなければ、寒冷地では気密性の高いこちらの窓がお勧めとか、もう少しちいさくした方がいいですよなどと気がついてくれてもよかったのに。こちらが勉強不足なのも反省しているが、私たちは専門家ではないのだから。
どんな状況でも、しっかりしたものを作りたいと言う気持ちは全く感じられなかった。契約したあとだったので、しかたなかった。
担当者もカレンダーしかもってこない。なにがアフターフォローだ。

良かったと思うところは、耐震性。
震度2、3は気がつかないほど。そこは安心できる。
が、住んでいて毎日後悔。イライラする。
結局、組織的な客への捉え方がどうか。
いま思えば、責任をなるべく負わないようにしていた。担当にすすめられたからなどとのクレームがこないように、最低限のことしか教えない、すすめない。すすめることは会社側に都合がよいこと。

大手が全てこうではないと思う。その支店などでも違ってくると思うし。
なんかどうかなぁと感じたことは、確信になる。自分の感性を信じて、メーカー選びをしてほしいと思う。

セキスイハイムの口コミを調べてみると、良い口コミもあれば悪い口コミもありました。

大手ハウスメーカーだと悪い口コミが目立つことはしょうがないのですが、セキスイハイムは地域によって対応の悪いところがある印象を受けましたね。

どうしても全国展開する大手ハウスメーカーでは、方針を定めていても教育が行き届かずに、サービスの質や体制がバラバラになりがちです。

なので、営業マンがどういった人なのか、仕事ぶりはどうなのかを良くみて任せても大丈夫かダメなのか判断しましょう。

少しでも不安に感じるようであれば、別のセキスイハイムの営業所に行くか、他のハウスメーカーにも相談してみてください。

家を建てた後に後悔だけはしない為にも、視野を広く持つことは大切です。

しかし、口コミは良い評判というのは少ないものなので、100%鵜呑みにする必要はありません。

なぜなら満足している人がわざわざ書き込むことはなく、不満の声が目立つ傾向があります。

口コミは「こういう意見もあるんだなぁ」って程度に眺めて、実際に自分の足でモデルハウスなどに訪ねて営業マンと話して判断しましょう。

セキスイハイムを含め、ハウスメーカーには必ずあなたの理想の家づくりに真剣に向き合ってくれる営業マンはいますので諦めずに行動しましょう。

セキスイハイムがおすすめな人

◆セキスイハイムがおすすめな人◆

省エネで快適な家に住みたい人

地震に強い家に住みたい人

高品質でアフターサービスも充実した内容が良い人

セキスイハイムが提供する間取りが気に入ってる人

 

セキスイハイムの家は、省エネで地震にも強い家に暮らすことができますよ。

それに工場生産で品質は保たれ、工事開始から家が建つまでも早いので、建て替えの時の仮住まいも短期間で済むのも良いですね。

しかし、間取りの自由度が低いのでセキスイハイムが提供する間取りが気に入った方がおすすめです。

間取りに強いこだわりがある方は、他のハウスメーカーや工務店にも相談して納得いくまで話し合ってみましょう。

【まとめ】

◆セキスイハイムのメリット・デメリット・評判まとめ◆

ユニット工法により高品質な家に住める

省エネな暮らしで電気料金0になることもある

蓄熱暖房機で快適な暮らしができる

全館空調付き換気システムで除湿や花粉・PM2.5などをガードしてくれる

坪単価が高くオプションを付けると予算オーバーすることもある

間取りの自由度が低い

●坪単価60万~80万円

 

セキスイハイムの注文住宅は80%以上が工場により生産されるため、品質を保ったまま建てることができます。

それに省エネに積極的に取り組み、独自の設備などが開発されています。

個人的には、湿気や花粉がふせげる全館空調付き換気システムは我が家にも取り入れたいくらい魅力的な設備です。

間取りには若干の制約がありますので、間取りプランを作成してもらい気に入れば、納得できる家を建てることができるでしょう。

タウンライフというサイトで、間取りプランを無料で作成してもらえるので、申し込んでみてはいかがでしょうか。

セキスイハイムを含めた大手ハウスメーカーの間取り・住宅プラン・建築費用を一括オーダーできるので家づくりに役立つ資料が一度に手に入ります。

\スマホで5分もあれば申し込み完了/
セキスイハイムの間取りプランを無料で申し込む>>