ハウスメーカーの坪単価

アイフルホームの価格や評判は?メリット・デメリットを検証【注文住宅の選び方】

元大手ハウスメーカー勤務のたぬき親父です。

アイフルホームといえば、ローコスト住宅を建てることで有名なハウスメーカー。

フランチャイズ展開をすることで、アイフルホームは全国的な大手ハウスメーカーに名を連ねるようになりました。

そんなアイフルホームの住宅にはどんな特徴があるのか、坪単価やメリット・デメリットをまとめまてみました。

アイフルホームで理想の家づくりができるのか、ぜひ参考にしてみてください!

アイフルホームで家を建てるか検討中のあなたへ。

 

理想の家をどこよりもお得に建てる方法は、複数社の相見積もりを取ることからスタート。

まずはアイフルホームを含めた、他のハウスメーカーにも見積もりを取ることで、各社のメリットやデメリットも一目瞭然。

相見積もりを取るだけで、500万円以上もお得に建てられることもあります!

複数社の見積もりを比較して、あなたに合ったハウスメーカーと出会ってください。

詳しくはこちら>>

\5分で分かる!理想の家の建て方!/
>>理想の家を建てる方法はこちら

会社情報

会社名株式会社LIXIL住宅研究所
カンパニー名アイフルカンパニー
本社〒136-0071 東京都江東区亀戸1丁目5番7号錦糸町プライムタワー
設立2002年3月1日
資本金12億5000万円
従業員数190名
対応可能工法木造軸組工法
推定坪単価20万~55万円
会社ホームページhttps://www.eyefulhome.jp/
展示場https://www.eyefulhome.jp/event/modelhouse/

アイフルホームの特徴

アイフルホームの住宅の特徴

ローコスト住宅が売り

 

アイフルホームの注文住宅といえば価格が安いことでしょう。

なかにはインターネット限定で販売しているアイプライムセブン(i-Prime7)が、単価20万円代と破格の価格を実現しています。

なぜこんなに低価格を実現したかというと、直接責任施工システムを採用したことで、住宅の部位によって他の業者に委託しなくて済むようになりました。

かんたんにいえば、中間マージンがなくなるので、建築コストを下げることに成功したんですね。

最初は関東限定で販売してましたが、今では全国展開しているハウスメーカーになり、若い世代からローコスト住宅が人気を集めてます。

メーターモジュールをどこよりも早く採用したことによりローコスト住宅が実現!

アイフルホームはどこよりも早く、メーターモジュールを採用してローコスト住宅を実現しました。

ローコスト住宅を建てるために、欠かせないのがメーターモジュールです。

メーターモジュールを採用することで、新築で使用する材料を一気に減らすことができるので、安い価格で家を建てることができるようになりました。

ただし、注文住宅といってもこだわりの家が建てられるわけでなく、あくまで規格住宅が基本のローコストが実現したってことになります。

テクノスター金物を採用したことにより耐震強度に優れている

アイフルホームではテクノスター金物という、住宅の梁や柱の接合部の強度を高めてくれる資材を採用しています。

テクノスター金物により、耐震強度が上がりローコスト住宅だとしても強い地震がきても家が潰れてしまうようなことがありません。

住宅を買ううえで、デザインも大事ですが、しっかりした構造も重要ですよね。

アイフルホームの住宅は安いけど、しっかりした家を建てられるのでお財布にも日々の暮らしにも安心ってことになります。

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価を調べてみると、以下のような感じになりました。

商品名セシボ(cesibo)
坪数40坪
建築費用2000万円
坪単価50万円/坪
商品名セシボ(cesibo)
坪数28坪
建築費用1320万円
坪単価47.1万円/坪
商品名アヤ(AYA)/平屋
坪数32坪
建築費用1535万円
坪単価48万円/坪
商品名スプリーム(SUPREME)/3階建て
坪数42坪
建築費用1600万円
坪単価38万円/坪

●アイフルホーム公式サイト商品紹介→https://www.eyefulhome.jp/house/lineup/

このようにオプションや設備によっても金額は変わりますが、アイフルホームの実際の坪単価は40万円~55万円くらいになるのが分りました。

ただし、オプションを追加すると思ってた以上に高くなってしまうこともあるので注意してください。

また、先ほども軽く紹介したネット限定販売のアイプライムセブン(i-Prime7)が坪単価20万円台と破格で販売しています。

700万円台で家が手に入るという魅力はありますが、クオリティー含め密な打ち合わせや、要望の柔軟性にも欠けるので安易に価格だけで決めてしまわないようにしましょう。

 

理想の家の本当の坪単価を知りたい場合は、複数社に相見積もりを取ることが一番正しい情報が得られます。

タウンライフ  では、無料で複数社の相見積もりを一括オーダーすることが可能で手間も省けて便利なので参考にしてみてください。

 


複数社の相見積もりを無料一括オーダーする>>  

アイフルホームのメリット

アイフルホームの住宅のメリット

価格の割には品質の良い家が建つ

アイフルホームの特徴でローコスト住宅で価格も安く家が建てられると紹介しました。

ローコスト住宅だと「安かろう悪かろう」のイメージが先行してまいますが、アイフルホームの家はそんなことは決してありません。

アイフルホームは企業努力によって、中間マージンや仕入れコストを下げることで低価格の家を販売することに成功しています。

群を抜くほどの品質ではありませんが、決して品質の低い材料を使ってるわけでありませんので安心です。

環境にやさしい今話題のZEH住宅に対応している

出典:https://www.eyefulhome.jp/zeh/

アイフルホームではエコハウスづくりに積極的に取り組んでいて、省エネ効果の高い住宅を建てることができます。

壁の内側と外側にダブルで断熱するHQP-W(ダブル断熱)を採用するなど、断熱性能にはかなり力を入れて取り組んでるみたいです。

省エネだけでなく、太陽光パネルを採用してエネルギーを創る住宅も対応していますので、今話題のZEH住宅も建てることができます。

アイフルホームでZEH対応しているのは零【ZERO】極【KIWAMI】という商品です。
詳細は公式サイトで確認してみてください→https://www.eyefulhome.jp/house/lineup/cesibo/zero-kiwami.html

ZEH住宅を建てるには標準的な家にプラス250万~300万円位の費用が必要と言われています。

ですが、アイフルホームのローコスト住宅にZEH対応ができるので、トータル的に安くZEH住宅を建てられるので魅力的ではないでしょうか。

 

ZEH住宅の価格や詳細はこちらの記事に紹介してます。気になる方は参考にどうぞ!

アイフルホームのデメリット

アイフルホームの住宅デメリット

どんなハウスメーカーでもメリットもあれば、当然デメリットもあります。

アイフルホームにも幾つか注意してほしいデメリットがありますので紹介します。

アイフルホームで検討している場合は、今一度デメリットも含め本当に理想の家が建てられるか検討してみてください!

地域によって対応にバラつきがある

アイフルホームは各地の加盟店が集まったフランチャイズ展開により、全国展開をしているハウスメーカーです。

そのため、各加盟店により対応にバラつきがあります。

アイフルホームで家を建てる時は、担当者と密な打ち合わせをして工法や品質についてチェックすることが必須条件。

そこで自分が納得したうえで契約するようにしましょう。

近くにアイフルホームの加盟店が複数あるなら、まわって話を聞きに行くことをおすすめします。

見積書がいい加減にだされる

アイフルホームの見積書は、ザックリした見積もりしか出さないという評判を聞きます。

ザックリした見積もりだけで、担当者と話しを進めることは絶対にしないでください!とても危険です。

それは値引きすると言って、ただ単にグレードダウンしただけの場合があります。
グレードダウンは値引きとはいえず、質を落としただけに過ぎませんよね。

それに家の価格が適正なのか知るためには、相場を見て詳細な見積書と比較する必要があります。

なので詳細な見積書は、絶対に欠かすことができないアイテムなのです。

アイフルホームで見積書を取るときは、必ず詳細な見積書をだすように請求するようにしましょう。

オプション料が高い

アイフルホームはオプション料が高いという声もありますが、ローコストハウスメーカーではよくある話です。

これは決して高いというよりも、そもそも標準的な家が安いためにオプション料が高いと錯覚してしまうのだと思います。

というのもローコストハウスメーカーでは、規格化された基本部材を大量購入することで価格を下げることができたのです。

対してオプションに関しては大量購入ができないため、本来の適正価格で販売するしかありません。

なのでオプション料が高いというよりは、ローコストを売りにされるとオプションだけが異常に高く感じてしまうこともあります。

注文住宅といっても間取りに自由度が少ない

アイフルホームの商品は規格化された住宅がメインで、それもバリエーションもあまり多くありません。

間取り変更なども苦手としていて、自由度も低くなります。

注文住宅を建てる人にとって、自由度が低いのはネックになるのではないでしょうか。

アイフルホームの住宅はトステムやINAXの商品が中心で、それぞれの部材はしっかりしています。

なので間取りを確認して納得できるなら、アイフルホームに決めても後悔はないでしょう。

アイフルホームの口コミや評判

アイフルホームの住宅評判や口コミ

アイフルホームで新築しました。
ホームページでも、安心保証がうたってあって、点検プランが明示されていますが、うちは、未だ1度も来て頂けません。主人が気付いて、催促しましたが、お返事のみで…
フランチャイズなので、工務店によって差があるみたいです。他にも、色々あって、メンテナンスは、あまり期待しない方が良いと思います。
工法のせいかは、わかりませんが、床がギィギィと軋みます。お大工さんに来てもらいましたが、直らないと言われてしまいました。これは、かなりショックでした。
自由プランなので、気に入った間取りの家は、建ちますが、その分、無理があったのでしょうか…。

アイフルホームは、ローコスト住宅ではない。
零、極の性能は、大手並です。
ただ、大手より手が届くのがアイフルホームです。
家も5坪以上大きくなってもアイフルホームの方が金額が安い。
安い家を建てたいなら、レオハウスだ。
でも、レオハウスはイメージが悪い。
自分は、そこまで妥協したくないから、アイフルホームに決めた。

アイフルホームの口コミを調べていくと、まず口コミが少ないことに気づきました。

口コミの少なさをどう捉えるかは人それぞれになりますが、納得している方はわざわざ口コミを書かない傾向が強いと思います。

なのでアイフルホームで家を建てた人は、満足している人が多いのではないでしょうか。

悪い口コミを見てみると、やはりフランチャイズ展開により、それぞれの工務店の質にバラつきがあることでトラブルに発展している意見が目立ちました。

しかし、口コミはあくまで「こういう事もあるかもしれない」と参考程度に眺めてみてください。

実際にアイフルホーム加盟店に訪ねて、担当者と話しをして判断するようにしましょう。

担当者の言ってることが正しいかどうかを判断するためには、他のハウスメーカーにも相談すると良いでしょう。

複数社のハウスメーカーが、ひとつの事に対して同じことを言ってるなら、それは正しい情報だと判断できるようになりますよ。

「理想の家を建て、家族幸せに快適な暮らしをしたい!」

「少しでも安く無駄のない理想の家を建てたい!」

 

家づくりを成功させる方法はこちらで紹介してますので参考にしてください!

>>理想の住宅会社と出会う方法

アイフルホームで家を建てるおすすめな人

アイフルホームで住宅づくりがおすすめな人
◆アイフルホームがおすすめな人◆

とにかく低価格で家を建てたい人

規格化された標準的な家でも良い人

打ち合わせなどを積極的に取り組める人

アイフルホームの加盟店を複数まわれる人

 

アイフルホームはそれなりに良い品質の規格化された家を、安く購入したい方におすすめです。

それには条件があり、密な打ち合わせを行うことができて詳細な見積書もしっかり出してもらうようにしてください。

言葉悪く言ってしまえば、アイフルホームの担当者から「ちょっと面倒くさい客だな」って思われるくらいが丁度良いくらいかもしれません。

そして複数のアイフルホーム加盟店に相談して、どこが1番良くしてくれる店なのか判断しましょう。

近くに1店舗しかアイフルホームの加盟店がない場合は、他のハウスメーカーにも相談することで判断することができるので安心して大丈夫!

もしかしたらあなたの理想の家は、他のハウスメーカーの方が建てられる場合も良くありますよ。

アイフルホームの特徴や坪単価、メリット・デメリット  まとめ

◆アイフルホームのメリット・デメリット・評判まとめ◆

ローコストでも品質の良い家が建てられる

省エネに積極的に取り組んでいて、ZEH住宅にも対応

地域により対応にバラつきがある

見積書がアバウトに出される

オプション料が高く感じることがある

●坪単価は20万円~55万円くらい

 

いかがだったでしょうか?

ある程度、規格化された家でも良いから安く買いたい方にはアイフルホームはベストなハウスメーカーかもしれません。

アイフルホームの加盟店に足を運び、打ち合わせを密にするようにしてください。
そうすれば失敗のリスクも限りなくなくすことができるでしょう。

それと本当にあなたにとって理想の家を建てられるのはどこか知るためには、アイフルホームだけでなく複数社の家づくり計画プランをもらうようにすると良いですよ。

 

タウンライフ  では、複数社の間取りプラン・資金計画・土地情報を一括で無料オーダーができるので一度試してみてはいかがでしょうか。

ネットで申し込み完了できるので気楽に利用できるし、思ったよりもお得なプランと出会えるかもしれませんので家づくりの参考にしてみてください。

複数社の住宅プランを無料一括オーダーする>>  

 

他のハウスメーカーの特徴や坪単価が知りたい時はこちらもどうぞ!